HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

新年初市

新年初市  2015年1月6日放送

 

尾道浜問屋協同組合は5日、土堂2丁目の住吉神社で恒例の新年初市を開きました。

 

新年初市は、江戸時代からおよそ300年以上続くと言われる伝統行事で、当日は組合加盟企業の関係者らおよそ100人が参加しました。

初市の前に営まれた神事では、組合幹部らが業界の発展と今年の豊漁を祈願し、永年勤続表彰では、組合企業に勤めて10年になる20人に賞状と記念品が贈られました。

 

浜問屋協同組合の片岡文彰理事長は挨拶で、「日本経済は好調なようだが、我々は魚介類が豊富でなくては商売ができない。この初市で今年の大漁と参加企業の繁盛を祈願したい」と話し、北洋本多フーズの山根理三さんを競り人に、今年の初セリが行われました。

 

競りは「札入れ」という方式で行われ、仲買人らが瀬戸内産のいりこやチリメンなど境内に並べられた乾物の周りに集まり、威勢の良い掛け声を上げながら商品の値段を書き込んでいきました。

 

現在、尾道浜問屋協同組合の加盟企業は34社で、古くから全国に販売ルートを持っている企業が多いことから、初市でついた値段は、その年の全国相場を左右するとも言われています。

 

今年の初市では、39品目およそ18.4トンが競りにかけられ、不良で価格が高騰したちりめんやかえりいりこなどの影響から取引額は昨年よりおよそ100万円多い3,195万円となりました。

 

片岡理事長は「ここ数年カタクチイワシの不良が続いているので、今年は是非とも大漁になるよう期待している」と話していました。

尾道年末年始

尾道年末年始 2015年1月5日放送

 

尾道の年末年始の様子をお伝えします。31日の大晦日は、お寺が点在する山手地区に除夜の鐘の音が響き渡りました。

 

日本の音風景100選に選ばれている鐘つき堂「驚音楼」がある東土堂町の千光寺では、午後10時30分過ぎから多くの人が列を作り、多田真祥住職の読経に続いて、参拝者が静かに鐘をついていました。

 

千光寺には31日から1日にかけて、多くの人が参拝し、先着400人には干支の縁起物やみかんが配られました。

 

尾道本通り商店街では、年越しに合わせて、カウントダウンイベントが行われました。訪れた人たちは、接待の年越しそばを食べながら、年が変わる瞬間を待ちました。 

 

新年になると同時に、アーケードに吊り下げられた福袋の引換券が入った風船2015個 が落下。訪れた人たちは、今年初の福をつかもうと一斉に風船を割り、パンパンという音と共に賑やかな年明けを迎えました。

 

西則末町の烏須井八幡神社では、初詣客が列を作り、樽酒や甘酒の接待など、厳かな雰囲気に包まれました。烏須井八幡神社に訪れた人は、おみくじを引いたり、御守りや破魔矢などを買い求めていました。

 

元旦といえども頑張っているのが受験生です。尾道駅前の尾道英語徹底教室に通う生徒らは、恒例の元旦授業に臨みました。高校受験を控える中学3年生およそ50人を前に、桑田民雄理事長は「あけましておめでとう」と挨拶し「今年は皆が志望校に合格したとき、もう一度おめでとうと言いたい」と激励。名物の紅白饅頭を受け取った生徒らは屋上に上がり、恒例の掛け声で、合格を祈願しました。

 

その後生徒らは、英語と数学の講義を受け、受験へ向けて気を引き締めていました。

 

JR尾道駅の改札口には、絵馬をかけるコーナーが設置されています。新年の願いや受験生の願いをかなえる為に、12月26日から設けられたもので、駅を利用する人たちが、書き込んでいました。元旦までにおよそ1,000枚の記入があり、1月6日まで記入可能です。後日、長江の艮神社に奉納されます。

おすすめのコミュニティチャンネル

◆9月16日から9月22日までの主な放送予定

 

①広島県内 花火特集 「三原市 やっさ花火」 「たけはら夏まつり」 「宮島水中花火」

 

②企業紹介番組「われら地域の応援団」 因島 大山神社

 

③尾道市議会9月定例会最終日 生放送 9月18日 13:30~

 

④尾道市長定例記者会見

 9月19日 21:00~   20日 7:00~   15:00~

 

⑤「日本棋院広島県本部創立40周年記念公開対局」 収録放送

 9月16日 16:30~

 

⑥CARPTIMES ウェスタンリーグ中継

 対阪神 (ダイジェスト) 9月21・22日  8:00~   22:00~

 

⑦川島宏治のTHEひろしま・プラス1

 旭鳳酒造株式会社  代表取締役・杜氏、濵村洋平さん

 

⑧ひろしま県民テレビ

 ぐるぐる中四国

 ピックアップ情報おのみち

 四季を花で楽しむ毎日~花束とアレンジ~

  

放送日時や詳しい内容などは、EPG電子番組表をご覧ください 

◆◇ コミュニティチャンネル『月間番組表』はこちら ◇◆

「ヒップホップ」をたのしもう

「ヒップホップ」をたのしもう    2013年4月2日放送

 

しまなみ交流館1階の市民ギャラリーで20日、「ヒップホップをたのしもう」と題したダンス発表会が開かれ、約320人が来場しました。

 

日頃の練習の発表の場として開催されたダンス大会には長江3丁目のスタジオPick(ピック)、福山のF・Rose(エフ・ローズ)エンターテイメントスタジオ、STUDIO LADY BUG(スタジオ レディー バグ)、の3団体約100人が出場し13曲のストリートダンスを披露しました。

 

発表が終わると、スタジオPickのインストラクターを務めている井倉圭悟(いぐらけいご)さんがヒップホップダンスの歴史や楽しさなど、実演を交えて講演しました。

 最後に、県内のイベントなどで活躍している女性2人の「2(ツー)フェイス」やサラリーマン男性5人の「エリーと馬」が登場し、ハイレベルのダンスパフォーマンスを披露しました。

 

ステージで発表した小学6年の山本蛍太(やまもとけいた)君の母親の有紀(ゆき)さんは「楽しかった、息子も最後に披露したダンサーのように踊れるようになってほしい」と話していました。

渡船利用促進リヤカーゴ

渡船利用促進リヤカーゴ  2013年4月2日放送

 

渡船利用者の増加を目指して、地元のNPO法人と尾道渡船が協力して、毎週土曜日に向島に屋台を出店しています。

 

5月の本格出店を前に30日、尾道渡船の向島側乗り場の横にある広場でプレイベントが開かれ、飲食物や雑貨を販売するリヤカーゴと呼ばれる移動式の屋台が6店出店。地元の人や観光客らが景色を楽しみながら食事をしていました。

 

4月から尾道大橋が無料化され、渡船利用者の減少が予想される中、NPO法人まちづくりプロジェクトiD(あいでぃ)尾道と尾道渡船の宮本隆幸社長が共同で企画。渡船活性化プロジェクトと名付け、毎週土曜日の夕方から午後8時まで出店し、にぎわい創出を目指します。

 

メニューはカレーやコーヒーなどのオーソドックスなものから、ピザを揚げた「揚げピザ」やB級グルメで人気急上昇の「ホルモンうどん」など多彩なメニューが並びます。

 

 

本通り商店街で買い物して帰宅途中の向東町の老夫婦は「賑やかなイベントなので渡船を利用した後にまた寄りたいです」と話していました。

 

 

iD尾道代表の村上博郁さんは「向島から見た尾道の美しい景色を地元の人だけでなく観光客にもPRしたい」と意気込んでいました。

 

 

プロジェクトでは、乗船券を提示した人への飲み物のサービスの他、広場へウッドデッキを整備したり、渡船をPRするアイドルユニットのCD販売なども計画しています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 >>
366ページ中365ページ目