HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

日本遺産 活用目指し会合

日本遺産 活用目指し会合  2015年5月28日放送

 

日本遺産を活用した地域活性化を図る組織として、尾道市歴史文化まちづくり推進協議会が26日に設立し、久保1丁目の公会堂別館で初会合が開かれました。

 

協議会は、尾道市や市文化財保護委員会、商工会議所や観光協会などで構成され、

会長には文化財保護委員長の寺岡昭治さんが就任しました。

 

会合では、日本遺産に関するホームページやポスター、イメージVTR制作の他、文化遺産パートナー養成講座などを行う情報発信・人材育成事業、講座やシンポジウム、市内の児童生徒を対象としたワークショップを行う普及啓発事業など2015年度の事業計画案が審議され全会一致で承認されました。

 

日本遺産は、地域に点在する様々な遺産を一つのストーリーとして一体的にPRし、地域のブランド化や活性化を図るもので、協議会では今後5年間を目途に日本遺産の保全活用計画を進める予定です。

 

協議会の寺岡会長は「尾道の伝統・文化を広く発信して街の発展に繋げると共に、市民の皆さんにもその意義を理解してもらえるようにしていきたい」と抱負を語っていました。

会議所女性会 総会

会議所女性会 総会  2015年5月27日放送

 

尾道商工会議所女性会の第32回定時総会が22日、商工会議所大会議室であり、役員改選が行われ、新しい会長に金光洋子さんが就任しました。

 

総会の、冒頭で4期8年間会長を務めた鍜治川 明己さんが挨拶し「この女性会には、先輩から受け継いだ素晴らしい事業があり、会員の方々の熱意にもいつも感心させられる。今後も他都市の女性会のお手本になるように、協力して頑張ってもらいたい」と会員らに呼びかけました。

会場ではその後、昨年度の事業報告や今年度の事業計画、収支予算案などの議案が上げられ、いずれも承認されました。

 

役員の改選に伴い、会長の金光洋子さんのほか、副会長に大原亮子さん、高橋つづみさん、樫本登美子さんが選任され、福井弘尾道商工会議所会頭から委嘱状が手渡されました。

 

金光会長は挨拶で「強いリーダーシップで会をけん引された鍜治川会長が退任され、次期会長として重責を担うことになりました。商工会議所のもとで女性会活動ができる事、継続することの大切さを心に刻み、この大役を務めたい」と抱負を述べました。

吉和小学校 春季大運動会

吉和小学校 春季大運動会 2015年5月27日放送

 

東元町の尾道市立吉和小学校で24日、春季大運動会が行われました。

 

今年の運動会は「全力勝負!全力応援!出しつくせ吉和魂!」というテーマで、午前・午後の部と合わせて、21種目の演技が行われました。

 

開会式の後、全員参加によるラジオ体操第一や学年別の徒競走に続き、2年生が色つきの軍手をつけて踊る「元気いっぱい2年生!レッツダンス」や、地域の方も参加した1年生の「玉入れ」が行われ、児童たちが笑顔でかわいい演技を披露しました。

 

午後の部では、みなと祭りで5・6年生が披露した「ええじゃんSANSAがり」踊りを3・4年生が披露し、上級生に負けない力強い踊りに保護者から大きな拍手が送られました。

 

その後、学年別の種目に続き、5・6年生による「ふるさと吉和の海と鳴滝山」というテーマの組体操が行われ、海の波を表現した6人技の扇や、鳴滝山を表現したピラミッドなど迫力のある演技を披露しました。

 

また、今年のみなと祭り「ええじゃんSANSAがり」の小学校部門で吉和小学校が優勝した記念に、尾道市のゆるキャラ「ええにゃん」が会場に登場し、踊りなどを披露して会場を盛り上げました。

 

津田秀司校長は「運動会を成功させるために全学年が協力して準備や練習を行ってきました。運動会が成功したのは子ども達の努力のおかげです」と話していました。

堀田翠峰絵図公開

堀田翠峰絵図公開  2015年5月26日放送

 

尾道学研究会の例会が23日、西久保町の正念寺で開かれ、明治時代の尾道の文化人で教育者としても活躍した堀田翠峰の絵図が公開されました。

 

公開された絵図は縦およそ160センチ、横およそ60センチの掛け軸で、江戸時代末期に尾道で行われていた年中行事などが描かれています。一般公開は今回が初めてで、例会には尾道学研究会の会員らおよそ20人が参加。絵図の画像をプロジェクターに映し出し、描かれている行事の様子などを会員らと共に鑑賞しました。

 

絵の中には、住吉花火や祇園祭の三体廻し、御袖天満宮の天神祭など現在も行われているお祭りのほか、桃の節句などの年中行事も細かく描かれていて、参加者らは当時の尾道の様子を思い描きながら見入っていました。

 

尾道学研究会によると、絵図には祭りで使われた山車の形なども詳細に描かれていて資料的にも価値が高いとしています。

 

今回の公開は、現在三原に在住している堀田家から菩提寺の正念寺に絵図が奉納されたことを受けて行われたもので、正念寺では声をかけてもらえれば一般の観覧にも対応できるということです。

台湾 中学生と音楽交流

向島中 台湾の中学生と交流  2015年5月26日放送

 

向島中学校の生徒と台湾の嘉義市立北興国民中学の生徒が23日、東御所町のしまなみ交流館で音楽を通して交流しました。

 

この取り組みは、尾道市が進める「教育みらいプラン」の国際交流事業の一環で行われたもので、向島中学校ブラスバンド部の生徒47人と音楽を専攻している北興中学校の生徒25人が参加しました。

 

開会式でお互いの紹介を終えた生徒たちは、ホールに移動するとそれぞれの学校ごとに演奏を披露。向島中学校は英語での司会を織り交ぜながら2曲演奏しました。

 

続いて演奏した北興中学は、吹奏楽と共に歌や踊りなども行い、楽しいステージを作り上げていました。台湾の国定公園 阿里山をテーマにした曲では、民族衣装で踊り手が登場し、向島中学校の生徒も加わり和やかに交流していました。

 

また、合同演奏ではパートごとに分かれた生徒たちが互いの曲を教え合い、協力して演奏していました。

 

向島中学校3年の高地 由佳さんは「言葉は通じないけれど、合同演奏はとても楽しかった。機会があればまた交流したい」と話し、北興中学の生徒は「向島中学校の生徒はまじめな印象で演奏技術も高かった。交流できてうれしかった」と話していました。

 

今回の交流会は、尾道市教育委員会から呼びかけを受けた台湾の嘉義市が、日本を訪問予定だった北興中学との間を取り持ち実現したもので、向島中学校の小川美樹校長は「今後もテレビ電話などを活用した授業などでお互いの交流を図っていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 >>
398ページ中365ページ目