HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

ドローン橋梁点検実験

ドローン橋梁点検実験 2017年3月9日放送

 

小型無人航空機「ドローン」を使って橋を点検する実験が3月4日、尾道大橋で行なわれました。

 

日立造船向島工場内の尾道大橋下に、実験を実施する株式会社エネルギアコミュニケーションズと、ルーチェサービス株式会社の関係者、広島県や尾道市、本四高速の職員達およそ30人が集まりました。

 

広島県と今治市は、2016年1月に国の戦略特区に指定され、ドローンを活用した公共インフラの保守管理などの実験を推進しています。

 

今回の実験は、広島県の協力を受けて実施されたもので、ドローンを使って構造物の保守点検を行なうのは、県の建造物では東広島市にある椋梨ダムに続いて2例目です。

 

2つの企業が持ち寄った2機のドローンが順番に飛び立ち、画像や動画を撮影して、尾道大橋の橋脚や橋桁に、ひび割れや劣化部分がないかなど、点検しました。

 

橋などの構造物は、5年に1度のサイクルで点検を行う事が義務づけられていて、ドローンを活用する事により大幅なコスト削減や、作業員の安全を確保する事ができると期待されています。

 

広島県と共同で特区に指定された今治市では先日、ドローンを使った物資輸送実験なども行なわれています。

絵のまち尾道四季展

絵のまち尾道四季展 展覧会 2017年3月8日放送

 

第17回絵のまち尾道四季展の入賞・秀作作品の展覧会が、西土堂町の尾道市立美術館で開かれています。

 

絵のまち尾道四季展は、多彩な文化遺産と四季折々の美しい景観をもつ尾道をモチーフにした作品を募る全国公募展で、1983年から、2年に1度開催されています。

 

今年は、全国34都道府県から632点の作品が寄せられ、24点が入賞、40点が秀作に選ばれ、314点が入選しました。

 

グランプリである尾道賞に選ばれたのは、小川 公久さんのアクリル画の作品で、独特の技法で描かれた尾道の風景や、桜の不思議な構図などユニークな感性が高く評価されました。

 

尾道市からは、安藤 泰子さん、碕木 學さん、詫間 弘人さんの作品が秀作に選ばれました。

 

この他、猫や港、商店街を描いたものなど、会場には、それぞれの視点で尾道を表現した作品が並び、訪れた人たちは足を止めて見入っていました。

 

展覧会の会期は、3月12日までで、入賞と秀作作品は市立美術館、入選作品は本通り商店街の店舗などに展示されています。

 

展示場所の案内図は、期間中、市内の観光案内所などで配布されています。

三成小 大札百人一首大会

三成小学校 大札百人一首大会 2017年3月8日放送

 

三成小学校の体験活動の一環として先月、大きな札を使った百人一首の大会が行われました。

 

これは、児童たちに楽しく古典を学んでもらおうと、広島県かるた協会の協力を受けて行われたもので、大会には2年生41人が参加し、協会の田頭 満智さんが札を読み上げました。

 

札の大きさは、縦およそ40センチ、横30センチの特大サイズで、10チームに分かれた児童たちは、札が読み上げられると、体全体を使って札を取り合っていました。

 

大会中は、チームのメンバー同士で札の場所を教え合ったり、応援したりしながら百人一首を楽しみ、一番早く札を取った児童は、担任教諭に記念写真を撮ってもらいました。

 

参加した児童達は、「いつもの百人一首とは違うけど楽しかった」「札を取れた時は嬉しかった」など感想を話していました。

 

2年生の教室では、学習の一環として、放課後に百人一首が行われていて、広島かるた協会の主催で1月に開かれた大会では、県内の小・中学生が出場する中、2人の児童が4位に入賞しました。

 

担任の濱本 明子教諭は、「子どもたちは、百人一首を通して和歌を覚えるのがとても早くなった。古典を通して日本文化を学んでいって欲しい」と話していました。

原田小・幼稚園 閉校式

原田小学校・幼稚園 閉校・閉園式 2017年3月7日放送

 

3月5日午後から、原田小学校と幼稚園の閉校式があり、児童・保護者・地域住民達およそ250人が式に参加しました。

 

教育委員会の式辞と平谷市長の挨拶などに続き、高橋智子校長が「子ども達は、新しい仲間たちと新たな場所で輝く自分を思い描き、前に進んでいます。これまでと変わらず、声を掛けて下さい」と述べました。

 

続いて児童を代表して、森原美月さんが「学校がなくなるのは、とても不思議な気がします。ここでしか経験できない沢山の思い出ができました」と振り返りました。

 

最後に、校旗と幼稚園の看板が収納され、佐藤教育長に手渡されました。

 

閉校記念行事では、記念碑の除幕や思い出のDVDの上映があり、1984年の卒業生で落語家の三遊亭歌扇さんが、落語を披露しました。

 

原田小学校は、1875年・明治8年に村立の小学校として開校、幼稚園は1965年・昭和40年に小学校に併設されました。

 

6年生の高橋祐輔くんは「学校では、困ったときも、皆で助け合って来ましたこれからも皆と仲良くしたい」と話していました。

 

木頃・木ノ庄東・木ノ庄西・原田小学校の児童たちは、4校を統合し、木頃小学校の施設を利用して出来る「美木原小学校」に通います。又、幼稚園は木ノ庄東幼稚園に統合されます。

木ノ庄東小 閉校式

木ノ庄東小 閉校式   2017年3月7日放送

 

3月5日、木ノ庄東小学校で閉校式があり、児童や保護者・地域の住民などおよそ360人が参加しました。

 

教育委員会の式辞と平谷市長の挨拶などに続いて、木本三津子校長が「さみしさを噛みしめながらも、更なる未来への発展を祈念し、子ども達が鷲尾山の様に凛々しくたくましく成長することを願っています」と述べました。

 

続いて、児童代表の池元寛喬くんが「小学校で学んだ事に、誇りと自信を持ち、未来へ向かって進んでいきます。新しい学校で、僕たちの頑張る姿を木ノ庄東小学校が見守ってくれると信じています」と話しました。

 

その後、校旗の収納が行われ、児童から校長そして教育長へ校旗が手渡されました。

 

閉校記念行事では、記念碑の除幕や元校長の挨拶、児童らの合唱などが行われ、参加者らは143年の歴史を刻んできた学び舎との別れを惜しんでいました。

 

木ノ庄東小学校は、1873年・明治6年に当時の木梨村 光林寺に教習舎として開校、これまでに4646人の卒業生を送り出してきました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
178ページ中5ページ目