HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

火災受け検討会・地域査察

火災受け検討会・地域査察    2017年9月28日放送

 

9月9日に長江と尾崎本町で発生した密集地火災を受けて、尾道市消防局は26日、消火活動の状況を報告し課題を共有する検討会を開きました。又、28日には市内の住宅密集地を対象に防火対策の実施や火災警報器の設置を確認する活動を行ないました。

 

 

検討会には、消防の幹部職員や先日の火災で活動に当たった消防隊・救急隊の隊長たち、合計およそ80人が出席しました。

 

昨年、尾道本通り商店街であった火災の教訓から、尾道市消防局は「どちらの現場でも、出来るだけ多いホースで多方面からの放水を実施し、非番の隊員も直ぐに現場に出動させた」としました。

 

長江の火災では8本のホースで、尾崎本町は17本のホースで放水し、非番の隊員にも通報からおよそ20分で出動を要請しました。

 

いずれも細い路地が入り組む木造住宅の密集地で発生し、斜面地で発生した長江一丁目の火災では、21棟が全焼または部分焼などとなり、延べおよそ439㎡が被害にあいました。

 

細い路地のある、住宅密集地で発生した尾崎本町の火災は、22棟が全焼または部分焼などとなり、延べおよそ908㎡が焼けました。

 

28日には、尾道市内の住宅密集地域を対象に、消防職員らが1軒1軒住宅を周り、防火診断や設置が義務付けられている火災警報器の確認などを行いました。

 

長江1丁目であった活動では、担当の職員らが長江通りや細い路地に面した住宅を訪ね、

地域の住民らに防火のポイントや火災警報器の設置、災害情報が受け取れる「安全・安心メール」の利用などを呼びかけました。

 

尾道市消防局によると、市内の火災警報器の設置率はおよそ72%で、呼びかけを行った尾道西消防署の実政 正剛 署長は「万一火事が起きた場合は、早い発見からの通報、避難、初期消火が大切。火災警報器は早期の発見に繋がるので、引き続き呼びかけていきたい」と話していました。

 

住民への呼びかけは9月29日にも行われる予定で、両日合わせて市内にある13か所の住宅密集地区で実施されます。

尾大 卒業生 作品展

尾道市立大学 卒業生 作品展 2017年9月28日放送

 

尾道市立大学の美術学科を卒業した3人の若手作家による作品展が10月22日(日)まで、久保3丁目の尾道市立大学美術館で開かれています。

 

この作品展は、大学を卒業し、現在も創作活動を行っている芦田 竜太郎さん、原 夕希子さん、船本 雅友美さんの作品発表の場として開かれたもので、会場には35点が展示されています。

 

芦田さんは、自身が好きな魚や狛犬を描いた日本画を出品していて、中には縦170cm、幅215cmの大作もあり、見応えのある作品が並んでいます。

 

在学中から一貫して、自身の指の皺をモチーフに制作している原さんの作品は、キャンバス一面に描かれた油彩画が中心で、独特の模様が訪れた人の目を楽しませています。

 

船本さんは、大きさやデザインも様々な球体関節人形を出品していて、一番大きな150cmのものは、自身が大学卒業の際に感じた社会に出る不安を表情に表し、将来への希望を人形のきらきらした目で表現しています。

 

期間中、10月1日(日)には3人によるトークイベント、10月7日(土)には原さんによるワークショップが開かれる予定です。

 

作品展の会期は10月22日(日)までで、会場は尾道市立大学美術館です。

 

時間は午前10時から午後6時まで、入館は無料で水曜日と木曜日は休館です。

 

作品展の詳しい内容やワークショップの申し込みなどは、電話0848-20-7831尾道市立大学美術館までお問い合わせください。

被災地支援協定 締結式

被災地支援協定 締結式 2017年9月26日放送

 

尾道市と、尾道・因島青年会議所、尾道市社会福祉協議会は9月21日、災害発生時における被災地支援に関する協定を結びました。

 

締結式には、平谷 祐宏尾道市長や尾道青年会議所の太田 雄介理事長ら4人が出席し、協定書に署名をし、握手を交わしました。

 

協定書によると、大規模災害の発生時、社会福祉協議会が中心となりボランティアセンターを設置して被災者への支援活動を行い、青年会議所がセンターに対する人的支援をします。

 

また、青年会議所は、ボランティア活動のための資機材の調達や輸送を行うほか、専門的な技能を活かした支援活動なども行います。

 

自治体と青年会議所の災害協定は県内初で、平谷市長は「被災者へのサポートの充実が期待できる。連携して安全安心な街づくりをしていく」と述べ、太田理事長は「尾道の街づくりを担う団体として、より活力ある地域づくりへの貢献に取り組む」と話していました。

 

尚、尾道市は9月26日に、広島県行政書士会とも災害協定を結び、災害時には被災者支援相談センターを開設し、行政手続きを円滑に進めていく方針です。

合同水難救助訓練

合同水難救助訓練 2017年9月26日放送

 

尾道海上保安部と尾道市消防局による海上での水難救助訓練が9月20日、向島町の加島沖でありました。

 

この合同訓練は、海上保安部と消防局との連携を図ることを目的に行われたもので、合わせて18人が参加し、救助技術や連携の方法について確認しました。

 

訓練は、水難事故の発生現場が陸から遠く、悪天候などで、消防局の救難艇が出せないことを想定して行われました。

 

消防局の潜水隊員を乗せた海上保安部の巡視艇が現場に到着すると、潜水隊員が潜って溺れた人を捜索し、発見後、海上保安部の職員が救助用の器具を使い、要救助者を巡視艇に引き上げました。

 

また、沖合では、消防局が陸上で使う救助器具を海上で利用する訓練も行われ、互いに所有する器具の特徴や用語などを確認し合いました。

 

尾道海上保安部 警備救難課の石井 和之課長は「消防局の救助器具がかなり有効なことが分かった。今後も熟練度を上げていきたい」と話していました。

 

尾道市消防局 警防課の中村 直哉専門員は「今後も訓練などを重ねながら非常時の円滑な連携につなげていきたい」と話していました。

第7回尾道マンガ大賞展

第7回尾道マンガ大賞展 2017年9月25日放送

 

感動をテーマに募集した「第7回尾道マンガ大賞展」の展示が始まり、9月24日 西土堂町の尾道市立美術館で、入賞者の表彰式がありました。

 

式には、入賞した小中・高等学校の児童生徒らおよそ30人と、最終審査を行なった、尾道出身の漫画家「かわぐちかいじ」さんが出席しました。

 

主催の尾道市文化振興課、向山成明課長が挨拶し、かわぐちかいじさんが「1こまの部」と「4こまの部」の入賞者に表彰状を手渡しました。

 

「1こまの部」の大賞は、栗原中学校2年生の細谷汰壱君の作品「ぼくは、ここにいる」で、お母さんのお腹の中にいた頃の話に感動し、子宮の中に宿った新しい命を黒鉛筆で表現しました。

 

「4こまの部」には、長江中学校2年生の清水奏海さんの「おめでとう」が選ばれました。補助輪を外して自転車に乗る事ができるようになった感動を描いています。

 

講評でかわぐちさんは「感動という難しいテーマの中でもよい作品が多く集まった」と話し、「漫画を書くには想像力が大事、目を瞑って思い浮かべる事にチャレンジして」とアドバイスしていました。

 

今回は、市内の小中・高等学校を対象に、1コマと4コマの部に合わせて2055点の応募があり、入賞作品は、プロ野球広島東洋カープのリーグ優勝や、学校・家族の感動のストーリーを漫画にするなど、児童・生徒ならではの目線で描かれた力作が並んでいます。

 

作品展示は、尾道市立美術館で10月9日まで行なわれます。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
219ページ中5ページ目