HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

議会 総体質問

議会 総体質問    2019年3月7日放送

 

尾道市議会の定例会が3月7日に開かれ、4人の議員が総体質問を行いました。

午前中は、創生会の新田賢慈議員と、平成会の高本訓司議員が登壇しました。

 

新田議員は、昨年の豪雨被害に伴う災害に強いまちづくりや、市民病院の経営状況についてなど質しました。

 

災害後の治山対策と復旧事業について平谷祐宏尾道市長は、「2019年度は、1件の治山ダム整備が県で行われ、市では4か所の小規模崩壊地復旧事業を予定している」と答えました。

 

収支の改善が見込まれる市民病院について、片岡幹男病院事業管理者は要因として「地域包括ケア病棟の導入により入院期間が短縮したことで、ベッドの回転率と手術件数が増加したこと。集中治療室のICUを、重篤度の低い患者を受け入れるHCUに転換した事による入院患者の増加。職員数の削減による給与費の縮減」の3点を上げ、新年度は基準外繰り入れ無しで、若干の黒字を見込んでいると話しました。

 

続いて登壇した高本議員は、学校関連の内容に集中して質問しました。

 

魅力ある学校環境づくりに関する、スクールカウンセラーやソーシャルワーカーの導入について佐藤昌弘教育長は「カウンセラーは2019年度から県が全ての公立小中学校に配置予定。ソーシャルワーカーは、来年度以降、県教委が中学校区での配置拡充を行うとしている」と述べました。また、学校に派遣される弁護士スクールロイヤーについては「費用対効果から市単独での導入は難しい。県や近隣市町と連携し研究したい」と話しました。

 

午後からは、親和会の山根信行議員と市民連合の檀上正光議員が質問に立ちました。

 

 

尾道開港850年の取り組みについて質した山根議員に対して、平谷市長は「尾道クリエイト850をキャッチフレーズに、海と港を活かす“まちづくり”を進める」と述べ、具体的には「海事産業の振興、海上交通の充実、尾道港など市内の港湾施設や、その周辺機能の向上に取り組み、旅客船の寄港や民間との連携で投資を呼び込みイノベーションを図りたい」と決意を語りました。

 

檀上議員が質問した新しい市役所本庁舎について市長は「今年の年末年始に移転を行い、2020年1月6日から業務開始を目指す」と述べ、今の庁舎の解体については「新しい庁舎への移転作業終了後に工事に着手して駐車場への整備の完了を2020年8月末としている」と答えました。又、「市営久保駐車場の解体と跡地整備は2021年2月に終えたい」と答えました。

 

市議会の模様は本日7日の21:00から放送予定です。

 

市議会では明日8日も引き続き議員の質問があり、ちゅピCOMおのみちでは、10:00と13:00から生放送を予定しています。

三庄センター 外壁工事完成

因島三庄ふれあいセンター外壁工事 完成 2019年3月6日放送

 

 

因島三庄町にある因島三庄ふれあいセンターの外壁工事が完成し3月2日、完成記念式典が開かれました。

 

ふれあいセンターは、1988年に建設されました地域住民の福祉・交流スペースで、外壁が傷んだため、2018年の10月から改修工事が行われ、2月末に完成しました。

 

式典では、平谷祐宏尾道市長の挨拶や地元選出の広島県議会議員や尾道市議会議員の祝辞があり、アトラクションとして「ふれあいセンター」で活動している地元のオカリナ演奏グループが曲を演奏し、完成に華を添えました。

 

センターは、鉄筋コンクリート2階建て、延床面積580㎡。1階には事務所と会議所、和室・調理室などがあり、2階には100人程度を収容できるホールがあります。

 

工事費はおよそ2,000万円で、1,500万円程度を広島県の補助金で賄いました。

 

尾高ラグビー部 新体制

尾道高校ラグビー部 新体制始まる 2019年3月6日放送

 

全国高校ラグビー大会通算13回の出場を誇る尾道高校ラグビー部が、1月から新監督の元で新しいスタートを切り、中国地区代表として出場する3月の全国高校選抜大会に向けて練習に励んでいます。

 

尾道高校ラグビー部は、2002年4月に創部したクラブで、全国高校ラグビー大会には2004年に初出場して以来合わせて13回出場していて、2015年にはベスト4に進出しました。

 

チームの愛称は、戦う男たちを意味する造語「ブリカンズ」で、現在部員が74人、マネージャーが1人所属しています。

 

今年1月からは、創部以来、監督としてチームを指導していた梅本 勝さんに代わり、コーチを務めていた田中 春助さんが監督に就任し、新体制が始まりました。

 

田中監督は、主体的に考えて行動する選手の育成を目指していて、新しい試みの一環として、練習の合間に部員が3人以上のグループに集まって意見を出し合う「ミニトーク」の時間が設けられました。

 

田中監督によると、「ミニトーク」の成果は、2月2日に広島市で開かれた全国高校選抜大会広島県予選で早くも表れました。

 

初戦で前半14分までに4トライを奪った後、15分間無得点だった場面で、主将の梁川 賢吉君が、チームの集中力を高めるために部員たちに声を掛け合ったところ、その直後に6トライを奪うなどして快勝しました。

 

尾道高校ラグビー部は、3月29日から埼玉県で開かれる全国高校選抜大会に中国地区代表として出場します。

耳明神社 耳祭り

耳明神社 耳祭り 2019年3月5日放送

 

 

因島土生町の大山神社境内にある「耳明(みみご)神社」で3月3日、耳祭りが行なわれ、多くの参拝者が訪れました。

 

耳明神社は、耳の病気などが治る「耳の神様」として信仰を集め、尾道市内外から多くの人がお参りに訪れています。

 

耳の日とされている3月3日に祭りが行なわれ、境内に設けられた耳の形をした輪をくぐる「お多福耳くぐり」や、大山神社の拝殿で神事が執り行われました。

 

耳の形に似ている「サザエ」の奉納や、巫女舞などがあり、厳かな雰囲気の中、神事が行われました。

 

耳明神社では、参拝者が柱に取り付けられた耳を「トントントン」と3回叩き、さざえの貝殻に米と酒をいれてお供えをしていました。

 

773年に建立された耳明神社は、鎌倉時代に耳の悪い孫のために、お婆さんが神社に祈ったところ、病気が治ったという言い伝えがあり、以来耳の神様として信仰を集めています。

 

この日は、耳明神社の新しい神像の特別拝観もあり、3月3日は桃の節句ということで神社では使わなくなった「人形」などを供養する人形供養も行われました。

 

耳明神社の神像は、3月末頃まで公開されます。

テニス県代表 市長訪問

ソフトテニス全国大会出場者 市長訪問 2019年3月5日放送

 

ソフトテニスの全国大会に出場する因島の小中学生2人が2月26日、平谷祐宏尾道市長を訪問し健闘を誓いました。

 

市長室を訪れたのは、因北小学校6年の西村 優那さんと、因南中学校1年の松浦 菜華さんで、西村さんは「第18回全国小学生ソフトテニス大会」、松浦さんは「第30回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会」に出場します。

 

西村さんは、広島県予選で優勝して全国出場を決め、松浦さんは広島県の南部大会で優勝後、選考会で県代表の上位8人に選ばれました。

 

西村さんは「ミスのない試合をしたい」、松浦さんは「得意な強い打球を生かしたい」と話し、2人とも優勝を狙うと意気込んでいました。

 

2人はこれまでに、それぞれ4回全国大会に出場していて、その内2回はダブルスでペアを組んで出場しています。

 

平谷市長は「全国大会でも頑張って欲しい。2人が中学校でペアを組んで活躍してくれることを楽しみにしています」と激励しました。

 

「全国小学生ソフトテニス大会」は3月29日から千葉県で開かれ、「全日本中学生ソフトテニス大会」は3月26日から三重県で開かれます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
331ページ中5ページ目