HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

6月議会一般質問1日目

尾道市議会一般質問1日目 2015年6月18日放送

 

 

尾道市議会の6月定例会が18日開かれ、4人の議員が一般質問を行いました。
創生会の巻幡伸一(まきはたしんいち)議員は、過去4年間の実績と今後の方向性における平谷祐宏市長の政治姿勢や、人口減少の歯止め策などについて質問しました。
政治姿勢について平谷市長は「議会や市民の協力を受け、行財政改革や子育て、医療、教育など住んで良かったと思えるまちづくりに全力で取り組んできた。中国やまなみ街道の全通や日本遺産認定など成果は確実に表れている。今後4年間で尾道創生の流れを更に加速させ、もっと強く、元気で豊かなまちづくりに取り組む」と述べました。
また人口減少の歯止め策については「国の研究所による推計では尾道市の2040年の人口は10万3000人で、2010年と比較すると4万2000人が減少する見込み。現在、市では少子化対策プロジェクトチームが検討を始めていて、今年度策定する市の総合基本戦略で目標や具体策を定め、着実に実施したい」と語りました。
2人目に登壇した誠友会の吉和宏(よしわひろし)議員は、地方創生や今年度から始まった総合教育会議などについて質しました。
地方創生の総合戦略策定の進め方について平谷市長は「まち・ひと・しごと創生法では、国・県の戦略を合わせて考える事となっているが、戦略はあくまで各市町村が現状と将来像を定めて策定するもの。尾道でもそのように認識して取り組んでいく」と話しました。
総合教育会議について市長は「会議は首長と教育委員会が意思疎通を図り、一致して教育政策に取り組むという趣旨だが、教育の政治的中立性は犯してはならないと理解している。
これまでも就学前教育から生涯教育まで幅広い教育に心を配ってきたが、会議でも市教委と連携を密にし、教育のまち尾道と言われるまちづくりを確立したい」と答弁しました。
午後からは、新和会の星野光男(ほしのみつお)議員と、尾道未来クラブの前田孝人(まえだたかと)議員の2人が登壇しました。
新人の星野議員が初めての質問に立ち、マイナンバー制度についてなど質しました。
平谷市長は、個人情報の漏洩対策について「個人情報を一元管理せず、分散したり、人的ミスを防ぐために職員研修を実施したりするなど、セキュリティの強化に努めたい」としました。個人情報カードの申請に関しては「手数料は初回無料で、カードに乗せる顔写真はスマートフォンなどを利用したweb申請も出来る。尾道市の人口の約5パーセントに当たる7000人の取得を見込んでいる」と述べました。
また、コンビニでの住民票や、印鑑証明、戸籍など各種証明書の交付について平谷市長は「個人情報カードの交付状況を見極め、時期を決定したい」と答えました。
前田議員は、市長選挙の結果を受け、市庁舎整備について尋ねました。
理事者側は「庁舎整備を進めていくことで信認を受けた。現庁舎を登録文化財に申請することに関しては、昭和47年に4割ほどを改修しており、元々の姿からは大幅に変わっている。申請は検討していない」と述べました。
瀬戸田町で行う予定だったトライアスロン大会の中止について佐藤教育長は「昨年末、サンセットビーチを使った大会を民間で行いたいとの申し出があり、市は共催という形で支援することにしたが、エントリー予定日を前に準備が間に合わず断念したと聞いている」と答弁しました。
本日の議会の模様は午後9時から再放送します。
19日も引き続き一般質問が行われ、4人の議員が登壇します。
寝台特急瑞風 尾道停車

寝台特急 トワイライトエクスプレス瑞風 尾道に停車  2015年6月18日放送

 

 

 

2017年春に運行開始を予定している、JR西日本の寝台特急「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が、尾道駅に停車することが決まりました。

 

瑞風は、大阪、京都、下関を発着駅に、1泊または2泊で、山陽本線と、山陰本線の運行ルートを周遊し、1日1回、沿線の途中駅に立ち寄ります。

山陽エリアでの立ち寄り駅は尾道を含め、倉敷や宮島口など5ヶ所で、尾道では、豪華クルーザーでのしまなみクルーズと瀬戸内海を一望する浦崎町のリゾートホテル、ベラビスタ境ガ浜に立ち寄り、柑橘類のスイーツやエステ、入浴などを楽しむコースが設定されています。

 

瑞風は、客室車や食堂車などからなる10両編成で、編成の両端には、列車の前後左右の車窓が楽しめる展望スペースがあります。

運行は2017年春の予定で、今後、オプション企画やイベントなども計画しています。

尾道に立ち寄ることで、関西方面を中心に観光客のさらなる増加が期待されます。

食品衛生協会 60周年記念

尾道食品衛生協会 60周年記念式典 2015年6月17日放送

 

尾道食品衛生協会の総会と創立60周年記念式典が6月5日、西山別館でありました。

 

総会では、今年度の事業計画などが発表され、役員改選で会長が今岡製菓の今岡寛信社長から福利物産の福島光宏社長に代わりました。

 

福島新会長は挨拶で「60周年を迎えられたことに行政や会員の皆さんに感謝を申し上げます。近年は食の安全性や、表示に対する信頼性が重要になりました。協会の果たす役割が益々高くなったことを認識している」と述べました。

 

総会につづいて、60周年記念講演があり、食の安心安全について講演活動を行なっている野菜ソムリエの花井綾美さんが、「日本の元気をつくる野菜、その魅力と可能性」と題して話しました。花井さんは、74歳まで生きた戦国武将の徳川家康を例に取り、バランスよく食べていた「その食事の内容」や「長生きの秘訣」について語りました。

 

その後、日本食品衛生協会理事長表彰を受けた吉和町の(株)山石の山本修社長を初めとして、尾道食品衛生功労者の部7人 優良施設の部 12人、60周年記念の部 9人の表彰がありました。

 

 

最後に表彰者を受けた人を代表して砂田食品の砂田佳月社長が「日頃の活動に対して大勢の皆さんのご支援があることに感謝し、今後も精進して行きたい。」と謝辞を述べました。

介護ロボ実演会

介護ロボ実演会  2015年6月17日放送

 

世界初の介護支援ロボットの実演会が11日、久保町の尾道福祉専門学校でありました。

 

実演会で披露されたのは、医療福祉機器などの研究開発をおこなうサイバーダイン株式会社のロボットHALで、当日は市内の介護保険事業所などから120人以上が見学に訪れました。

 

会場では、介護を行う側が腰に装着して使用する「支援用タイプ」と呼ばれるロボットを使い、車いすに乗った人を抱き上げる動作などでロボットの動きを実演しました。

 

担当者の説明によると、ロボットは使用者の動きを生体信号として感知し、作業に必要な力のおよそ40パーセントをサポートする仕組みで、介護する際の腰痛防止や現場での負担軽減によるモチベーション向上につながると話していました。

 

市内の介護保険事業所に勤めているという参加者の女性は「介護の現場では特に腰に負担がかかる作業が多いので、とても興味深かった」と話していました。

東高合唱コンクール

東高合唱コンクール 2015年6月16日放送

 

尾道東高等学校の学園祭「瑠璃祭」が12日・13日の両日あり、12日はクラス対抗の合唱コンクールが公会堂で行なわれました。

 

合唱コンクールは、瑠璃祭の中のイベントとして、およそ20年続く名物になっていて、今年も、保護者や教職員らが応援に駆けつける中、1年生から3年生までの全15クラスが、クラスごとに自由に決めた曲を合唱しました。

 

指揮も伴奏も生徒が務め、8人の教諭らが、ハーモニーの美しさや歌う姿勢などを審査して、最優秀クラスなどを決定しました。

 

初めてのコンクールとなる1年生は、クラスメイトと一から練習に取り組み、緊張しながらも元気な歌声を響かせました。結果、1年生対象の「新人賞」は、1年2組が受賞しました。

 

2年生は、昨年のコンクールから、さらにレベルアップして、堂々とした合唱を披露しました。(V見せ)結果、2年生対象の「期待賞」に、2年5組が輝きました。

 

そして、3年生は最後のコンクールに全力で臨み、クラス全員で手を繋ぐなど、3年間の友情の証を歌にのせました。

 

全クラスを対象にした最優秀賞は3年2組が受賞。優秀賞と第3位も3年生が占めるなど、最高学年の貫禄を見せました。

 

この合唱コンクールの模様は、7月13日から放送予定です。お楽しみに!

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 >>
440ページ中401ページ目