HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

大学美術学科卒業制作展

尾道市立大学美術学科卒業制作展・大学院美術研究科修了制作展 2015年2月6日放送

 

 

尾道市立大学美術学科の卒業制作展と大学院美術研究科修了制作展が2月6日から、西土堂町の市立美術館など4ヵ所で始まりました。

 

展示会では、美術学科4年生と大学院生の合わせて66人が、デザイン・油絵・日本画・アニメなどおよそ80点を出品し、大学生活の集大成として制作した力作が多数展示されています。

 

市立美術館には洋画や日本画、読みきり漫画・カードゲーム・金属製のオブジェなど多彩な作品が並び、訪れた人が興味深そうに作品を眺めていました。

 

美術館1階の展示スペースでは、元素の周期表をイラストで表現した作品や、コンピューター用の画像ソフトを使って描いた絵画、カラフルな色と形のロウソク商品のラッピングに使う「包装紙」や尾道の寺をキャラクター化したカードゲームなどが注目を集めていました。

 

 

主に絵画作品が並んでいる2階のスペースには、100号から150号程の大作が展示されていました。大学のある久山田町を幻想的な雰囲気で描いた作品や、鳥をモチーフにしたオブジェなど個性的な作品が来場者の興味を引いていました。

 

卒業後に中学校の美術教員として働く、吉原光代さんは、作品として中学校の生徒が、毎日の生活記録を残せるノートを制作していました。

 

展示は2月15日(日)まで、 詳しくは尾道市立大学22‐8311までお問い合わせ下さい。

干しいちじく発売

干しいちじく発売  2015年2月6日放送

 

JA尾道市の新商品「干しいちじく」が2月7日から、東尾道のええじゃん尾道 尾道店などで発売されます。

 

「干しいちじく」は、尾道特産のイチジク「蓬莱柿」を乾燥させたドライフルーツで、限定2000個を販売予定で、一袋40グラム入り、価格は税込み500円です。

 

原料となっている蓬莱柿は甘みが強く、フルーティな味わいが特徴の品種で、商品には昨年秋までに出荷された加工用のイチジクを使用。乾燥作業などを三次市の専門業者に委託しました。

 

食べやすい大きさにカットし、皮ごと乾燥されたいちじくは、程よい弾力と優しい甘み、プチプチとした食感が楽しめます。

 

「干しいちじく」は、ええじゃん尾道のほか、JA尾道市の各支店や営農センターなどで販売され、尾道市内の土産物店や広島市などにも販路を拡大する予定です。

 

JA尾道市営農販売部の山田俊介さんは「おやつ感覚で手軽に食べれる商品なので、子どもからお年寄りまで幅広い人に楽しんでほしい」と話していました。

U2 さつき作業所 チョコ開発

U2と尾道さつき作業所 チョコレート企画販売 2015年2月5日放送

 

東御所町にある、ホテルやレストランなどの複合施設「ONOMICHI U2」で、地元の福祉施設と企画したチョコレートの販売が始まり、人気を集めています。

 

3月に開業1周年を迎える「ONOMICHI U2」では、施設を運営する「株式会社ディスカバーリンクせとうち」が、尾道の企業と共同開発した製品や、地元の食材を使った食べ物を販売し、地域活性化に取り組んでいます。

 

昨年9月から、発売している「バークチョコレート」は久山田町にある障害者の就労支援施設「尾道さつき作業所」と共同で開発したもので、レギュラータイプの「板チョコ」や口溶けが滑らかな「ショコラ」に加えて、1月からバレンタインデーに合わせた「ハート型のチョコレート」などが登場しています。

 

作業所の利用者と職員らが、カカオ豆の焙煎から包装まで、製造工程のすべてをこなしていて、特に焙煎したカカオの殻を手作業で丁寧に取り除いていることから、ほとんど殻が混ざらず雑味のない、クリアな味に仕上がっているということです。

 

又、チョコレートに混ぜる柑橘や蜂蜜なども尾道や瀬戸内地域のものを使用していて、商品のパッケージには、作業所の利用者が描いた絵を使ってるので、アート作品としても楽しめます。

 

 

バレンタインデーに合わせた「ハートチョコレート」など2つの商品は2月14日までの期間限定で販売されています。

 

詳しくは、ONOMICHI U2までお問い合わせ下さい。0848-21-0550 

囲碁棋聖戦 尾道対局

囲碁棋聖戦 尾道対局 2015年2月5日放送

 

読売新聞社と、日本棋院・関西棋院が主催する囲碁の最高峰の対局「第39期棋聖戦」の第3局が、5日から浦崎町のベラビスタ境ガ浜で行われています。

 

 

井山裕太棋聖に山下敬吾九段(くだん)が挑戦する棋聖戦7番勝負の第3局で、初日の5日、午前9時開始の5分前に山下九段が先に入室し、およそ2分後井山棋聖が席に着きました。

 

独特の緊張感の中、対局開始時間まで、お互いに目を閉じて心を落ち着け、井山棋聖が第1手を打ち対局が始まりました。

 

第1局と2局に連勝した井山棋聖の3連勝となるか、山下九段が巻き返すか、対決の行方が注目されます。

 

対局は6日までの2日間で、両日とも大盤解説会が行われます。6日もベラビスタ境ガ浜の一室で午後2時から対局終了まで解説があり、どなたでも参加できます。参加費は一人2,000円で、事前の申し込みは不要。美ノ郷町三成やJR尾道駅から送迎バスもあります。

 

また、7日(土)には、本因坊秀策囲碁記念館で棋士とファンによる交流イベントも行われ、複数の人数で碁を打つ連碁(れんご)大会や記念対局などがあります。

 

詳しくは尾道対局実行委員会 0848-20-7514までお問い合わせ下さい。

ゆめみ保育所 発表会

ゆめみ保育所 発表会 2015年2月5日放送

 

高須町の「ゆめみ保育園」の発表会が31日、向島町の「市民センターむかいしま」であり、英語劇など12のプログラムを披露しました。

 

「ゆめみ保育園」は6ヶ月の乳児から5歳児までの45人が通う保育園で、毎年1回発表会を開いています。今年も園児らが歌や合奏、劇などを行い、多くの保護者が訪れ、子どもの成長に目を細めていました。

 

3歳から5歳のぞう組みとくま組みの子ども達が、手話を使った歌を合唱し、続いてうさぎ組みの園児が、「手をたたきましょう」の歌に乗せて全身を大きく使った振り付けで会場をわかせました。

 

ぞう組みの英語の練習を受けている子ども達は、英語劇の「白雪姫」を演じ、保育園で英語講師をしているJR尾道駅前にある尾道国際英語スクールのkaye(ケイ)先生も出演し、レッスンの成果を披露していました。

 

その他、高い・低いなどの反対言葉の発表や、老若男女などの四字熟語の読み上げなどもあり、子ども達は元気に発表していました。

 

ゆめみ保育園は、1979年に家庭保育園として開園、手話や英語、日本語のかるた遊びなど特徴的な活動を行なっています。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 >>
459ページ中450ページ目