HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

木ノ庄西小・幼稚園 閉校式

木ノ庄西小学校・幼稚園 閉校・閉園式 2017年3月7日放送

 

3月4日午後から、木ノ庄西小学校と幼稚園の閉校・閉園式があり、児童・保護者・地域住民たち参加しました。

 

教育委員会の式辞と平谷市長の挨拶などに続き、関原喜久代校長が挨拶。続いて児童を代表して、6年生の井場綾奈さんが挨拶しました。

 

最後に、全員で校歌と幼稚園の歌を斉唱。校旗と幼稚園の看板が収納され、佐藤教育長に手渡されました。

 

閉校記念行事では、子ども達の演舞などが披露され、記念碑の除幕や、PTAメンバーの合唱などが行なわれました。

 

木ノ庄西小学校は、1879年・明治12年に畑簡易小学校として創立、4,000人以上の卒業生を送り出しました。幼稚園は、1965年・昭和40年に藤井川幼稚園の名称で開園しました。

木頃小・幼稚園 閉校式

木頃小学校・木頃幼稚園 閉校・閉園式 2017年3月7日放送

 

統合のため、3月末で閉校する木頃小、木ノ庄西小、木ノ庄東小、原田小学校の4校と、併設する木ノ庄東幼稚園以外の3園の閉校・閉園式が、3月4日と5日の両日、各校で行われました。

 

4日午前に行われた木頃小学校と木頃幼稚園の閉校・閉園式には、児童や園児、住民たち合わせておよそ250人が参加しました。

 

尾道市教育委員会の村井 圭一委員長が「子どもたちには、小学校と幼稚園で得た貴重な経験とともに、夢と希望を抱いて大きく成長してほしい」と式辞。

 

平谷 祐宏尾道市長が「4月から大勢の仲間と切磋琢磨して、数多くの経験を重ねていってほしい」と述べました。

 

続いて、木頃小学校の杉原しのぶ校長が、子どもたちへメッセージを贈りました。

 

児童・園児を代表して、6年生の木舟 勇真君が、小学校の思い出などを語りました。

 

最後に校歌の斉唱が行われ、小学校の校旗と、幼稚園の看板が収納されました。

 

グラウンドで記念碑の除幕式が行われた他、屋内運動場では記念行事として、児童たちの踊りや合唱などが披露されました。

 

木頃小学校は、1874年、明治7年に、美ノ郷町本郷の敬儀館として発足し、1965年、昭和40年に幼稚園が併設されました。

つくしんぼの会 作品展

つくしんぼの会 作品展 2017年3月6日放送

 

尾道で水彩画教室を開いているつくしんぼの会の作品展が3月10日まで、土堂1丁目の尾道市立大学サテライトスタジオで開かれています。

 

つくしんぼの会は、月に2回、高須町の公民館で活動している絵画教室で、現在、尾道市内を中心に13人の会員が所属しています。

 

作品展は今回で4回目の開催で、会場には、風景画や静物画など15号から30号の作品26点が展示されています。

 

土堂2丁目の濵本 和信さんの作品は、秋の山の風景を切り取ったもので、朝の陽ざしが差し込む中の紅葉の色合いと、澄んだ空気を表現しています。

 

栗原町の佐藤 八重子さんの作品は、向島にあるフラワーショップの風景を切り取ったもので、自身が好きなシクラメンの花を用紙いっぱいに描いています。

 

この他にも、田園風景や果物、生き物などを描いた力作が並び、訪れた人たちが足を止めて見入っていました。

 

濱本さんは、「水彩画は透明感があり目に馴染みやすいのが特徴です」と魅力を語っていました。

 

つくしんぼの会の作品展の会期は3月10日までで、会場は尾道市立サテライトスタジオです。

 

時間は午前10時から午後5時30分までで、最終日は午後4時まで。会期中は無休で、観覧は無料です。

太鼓ワークショップ発表

太鼓ワークショップ発表   2017年3月6日放送

 

尾道の子ども達が参加した和太鼓ワークショップの成果発表会が3月5日、東久保町のおのみち生涯学習センター体育館で行われました。

 

このワークショップは、日本を代表する和太鼓奏者、林 英哲さんの指導のもと、昨年9月から行われてきたもので、市内の小中高生30人が参加。

林さんと、若手の太鼓グループ「英哲風雲の会」のメンバーが指導を行いました。

 

保護者や関係者など多くの人が訪れた発表会で子ども達は、林さんが作曲した「海の豊饒」と「千の海響」の2曲を演奏し、力強いバチさばきでこれまでの練習の成果を披露しました。

 

発表会では、子ども太鼓の他に林さんと「英哲風雲の会」メンバーによる演奏や子ども達と林さんらの合同演奏も行われました。

 

このワークショップは、尾道市の2年連続の日本遺産認定を記念するとともに、地域の交流を進めようと初めて行われたもので、市内で太鼓演奏に取り組む子ども達などが参加しました。

 

この演奏の様子は、4月3日からちゅピCOM11chおのみちスペシャルで放送予定です。

お楽しみに。

市議会 総体質問2日目

市議会総体質問 2日目 2017年3月3日放送

 

昨日に引き続き、尾道市議会2月定例会が3月3日に開かれ、3人の議員が新年度予算などに関する総体質問を行いました。

 

最初に質問に立った公明党の加納康平議員は、子育て支援や公共施設のマネジメントについてなど質問しました。

 

新年度の子育て支援について平谷祐宏市長は「保健師と保育士を1人ずつ配置する子育て支援の拠点を、尾道地区・因島・御調・瀬戸田の4ヵ所に設ける」と述べ「地域の身近な場所で日常的な支援をワンストップで提供して、尾道子育て応援スタイルを確立する」と語りました。

 

「公共施設のマネジメント」について市長は「新年度、老朽化した公共施設の更新・統廃合・長寿命化などの適正化計画の実行と、情報を一元管理する部署を企画財務部門に設置したいと考えている」と答え、「30年間で延床面積の25%削減を行なう予定」と話しました。

 

市民連合の檀上正光議員は「新しい教育長人事」についてなど尋ねました。教育委員長と教育長を統合したいわゆる「新教育長」について市長は「現教育長の任期満了にともない、今議会に人事案件を提出する」と述べ「責任と権限が大きくなるなど教育委員会制度改革の主旨を踏まえ、リーダーシップを発揮し、民意を反映できる方を任命したい。尾道市の教育課題の解決に私と連携して取り組み、さらに尾道市が目指すまちづくり・人づくりに向けて大いに力を発揮していただける事を期待している」と答弁しました。

 

午後からは日本共産党の魚谷悟議員が質問に立ち、「商店街の火災関連」と「介護予防事業」についてなど質しました。

 

昨年の土堂での火災を受け、火が燃え移るのを防ぐ観点から空き家解体などへの補助制度を検討してはどうかという意見について平谷市長は「空き家等対策計画の策定に向けた協議会からの答申にも老朽空き家除去の補助を検討するよう提案があった。計画策定の後に国の制度を活用して検討していきたい」と答えました。

 

来年度から始まる介護予防・日常生活支援総合事業の利用者数や市の体制について平谷市長は「65歳以上が対象となる一般介護予防事業を除けば、利用者はおよそ1300人を見込んでいる。現行のサービス事業所のほとんどが2018年3月までみなし事業所としてサービスを提供でき、サービスの従事者には尾道福祉専門学校で市独自の研修を受けてもらう」と話しました。

 

尾道市議会総体質問の模様は、本日3日午後9時から再放送します。市議会ではこのあと、予算委員会で新年度予算などの審議が行われ、3月14日の本会議で閉会します。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
178ページ中6ページ目