HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

陣幕会20周年 顕彰標改修

尾道陣幕久五郎会 20周年 顕彰標 改修 2017年4月18日放送

 

 

江戸時代に活躍した尾道ゆかりの横綱「陣幕久五郎」を顕彰する尾道陣幕久五郎会が創立20周年を迎え、東土堂町の光明寺にある陣幕を紹介する看板を改修しました。

 


4月15日に行なわれた除幕式には、来賓や陣幕会の会員たち、およそ25人が参加し、本堂で営まれた法要では、読経や焼香が上げられました。

 

村上隆尾道陣幕久五郎会会長の挨拶と、冨永嘉文尾道市副市長たちの祝辞の後、陣幕の墓の前にある看板の除幕が行なわれました。

 

そして看板の新調を祝い、陣幕久五郎会が相撲甚句を3曲披露しました。

 

看板は縦2m横2mほどの大きさで、陣幕の紹介文と、全身を描いた絵が添えられています。紹介文によると1829年、島根県東出雲町に生まれた陣幕は、尾道の力士「初潮久五郎」の弟子となり、相撲生活をスタート。江戸に出て、当時最強の横綱と呼ばれた「不知火」を破り、名を知られる存在となりました。

 

その後、第12代横綱として活躍し、勝率94.6%の驚異的な数字を残しています。引退後も力士の碑を立てるなど「相撲」の発展に尽くしました。

 

陣幕会は、その功績を称え、相撲文化を受け継ごうと1997年に地元の相撲愛好家らで結成され、子ども相撲大会や茶会などの活動を行なっています。

しまなみジャパン設立会見

しまなみジャパン設立会見・出陣式 2017年4月14日放送

 

しまなみ海道沿線の観光振興を図る「一般社団法人 しまなみジャパン」の設立会見と出陣式が4月13日、愛媛県今治市の多々羅しまなみ公園でありました。

 

「しまなみジャパン」は地域の観光戦略作りや戦略を着実に実施するため官民一体となって行なう「DMO」として3月に設立されました。

 

尾道市と愛媛県今治市・上島町と各地域の観光・商工団体など22団体で構成され、「しまなみ海道」のブランドを戦略的に世界に発信する役割を担います。

 

設立総会では、理事長に就く菅良二今治市長と副理事長の平谷祐宏尾道市長、宮脇肇上島町長たちが出席して決意表明しました。

 

続いて、専務理事に就任した合田省一郎さんが、尾道・今治・上島のご当地キャラクターとともに、レンタサイクル事業や観光プロモーションなど今後の取り組みを説明しました。

 

しまなみジャパンは、東御所町の「JA尾道市駅前ビル」に事務所を設置し、専務理事と行政職員や民間企業からの出向社員たち計10人で活動する予定です。

チャレンジド尾道 花見会

就労継続支援「チャレンジド尾道」花見会 2017年4月13日放送

 

障害を持つ人の就労を支援する「チャレンジド尾道」は4月12日、グループの4つの施設の利用者を集めて千光寺公園で「お花見会」を開きました。

 

参加したのは就労継続支援施設である「カイト尾道・御調・西条・今治」の利用者と職員およそ90人です。

 

今回の合同お花見会は、利用者に色々な人と交流をしてもらいたいと、初めて開いたもので、職員の挨拶の後、参加者たちは、満開の桜のもとで、和やかに食事を楽しんでいました。

 

就労継続支援施設「カイト」は、尾道市の建設会社が立ち上げた一般社団法人「チャレンジド尾道」が運営していて、御調・世羅・尾道・西条・今治にあります。

 

障害を持つ人に仕事の機会を提供するとともに、利用者が一般企業に就職出来るよう、技能の向上を図っています。

 

施設での仕事は、パチンコやスロットの台の解体で、「遊技機リサイクル協会」の認可を受けている企業と提携する事で、安定的な仕事量を確保し、利用者の賃金は県平均を上回る、月額2万円ほどとなっています。

 

カイトでは、仕事の技能とともに、コミュニケーション能力の向上も図っていて、施設の外でのイベントを積極的に開催しています。現在は、尾道市内で秋に行われる「仮装大会」への出場を目指して、仮装の衣装などを制作しています。

 

 

チャレンジド尾道 事務局長の山内雄司さんは「交流会やイベントなどを通して、社会との関わり方を学んでもらい、企業への就職支援につなげたい」と話していました。

子どもの第三の居場所開設

日本財団「子どもの第三の居場所」開設 2017年4月12日放送

 

国内外で社会貢献活動に取り組んでいる日本財団は4月11日、放課後から夜間まで児童を預かる施設「子どもの第三の居場所」を、今年の夏を目途に、尾道市内に開設すると発表しました。

 

これは、子どもの貧困問題に対する有効な手立てを実証しようと日本財団が進めている取り組みで、施設では、読書活動や生活習慣づくり、食事などをサポートします。

 

尾道市での開設は、昨年11月の埼玉県戸田市に続いて2カ所目で、西日本では初の拠点となります。

 

対象は小学1年生から3年生の児童で、平日の放課後から午後9時まで開所し、およそ20人の利用を想定しています。

 

尾道市社会福祉協議会が運営を担い、民生委員や学校と情報を共有しながら、課題を抱える児童の家庭に利用を促します。

 

利用料金は所得に応じて決まり、低所得の家庭の児童は無料で利用できます。

 

施設の広さはおよそ120平方メートルで、内装に尾道市立大学の学生がデザインした作品を使い、明るい雰囲気と尾道らしさを取り入れています。

 

開設費のおよそ4千万円と、3年間の運営費およそ9千万円を日本財団が助成し、開設4年目からは、尾道市が運営費を負担します。

 

日本財団は、児童の自己肯定感を高め、生活習慣を確立しようと、2020年度までに、全国100ヶ所に施設を整備する方針で、利用者の学力や体力の向上、進学率などの追跡調査も予定しています。

交通少年団 入団式

交通少年団 入団式 2017年4月11日放送

 

小学校児童が交通安全を呼びかける「交通少年団」の入団式と合同研修会が4月8日、新浜の尾道警察署で行われました。

 

入団式には、久保・向島中央小学校をはじめ、市内の5つの小学校の5・6年生77人が参加し、名前を呼ばれた児童は、大きな声で返事をしていました。

 

任命書の授与や、少年団の旗「団旗」の授与が行なわれ、代表して久保小学校6年生の森永雪音さんが誓いの言葉を読み上げました。

 

尾道交通安全協会の亀田茂登会長は「通学途中の交通事故が増えています。これから交通安全のリーダーとして、頑張ってほしい」と激励しました。

 

続いて、尾道警察署の濱田紀之署長と尾道地域交通安全推進委員協議会の奥本美智子会長がそれぞれ、交通安全リーダーとしての心構えなどを話しました。

 

尾道署の三阪実警部補による研修では、笛の吹き方や手旗の振り方などの指導が行われました。森永さんは、「上手に笛を吹いて、交通安全指導に取り組みたい」と話していました。

 

尾道署館内の交通少年団は現在、久保小・御調西小・御調中央小・向島中央小・高見小学校の5つが活動しています。

<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>
189ページ中8ページ目