HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

百島みんなの家 内覧会

百島みんなの家 内覧会 2017年9月11日放送

 

尾道市百島支所と百島簡易郵便局に、地域住民らが集うホールを併設した施設「百島みんなの家」の内覧会が9月9日にありました。

 

内覧会には、関係者や地元住民たちおよそ150人が出席し、式典で平谷 祐宏市長は、「多くの人が集まり親しんでもらえるような、交流の場として長く使ってもらいたい」と挨拶しました。

 

続いて、施設の設計を担当した世界的建築家の伊東 豊雄さんが「地形や島の雰囲気に合うように設計しました。毎日来てもらって楽しんでもらえれば幸いです」と述べました。

 

「百島みんなの家」は、伊藤さんが東日本大震災後に被災地で建設している地域住民の憩いの場「みんなの家」のコンセプトを取り入れた施設で、昨年10月に着工し、今年8月に完成しました。

 

木造一階建て、延床面積およそ180㎡で、建築費は7,800万円です。

 

傘を広げたような外観と、造船技術を応用した球面上の屋根が特徴で、外壁は百島の土を利用しています。

 

島内の人だけでなく、だれでも気軽に集えるホールや、調理もできる給湯室、子どもの遊び場や縁側テラスなどの他、災害時に対応できるよう防災用の倉庫も設けられています。

 

9月19日には開所式が行われ、百島の新しいシンボルとして、地域住民からも期待が寄せられています。

市議会一般質問2

市議会9月定例会 一般質問 2017年9月8日放送

 

 

尾道市議会の9月定例会が8日にあり、7日に引き続き議員の一般質問が行なわれました。

 

尾道未来クラブの前田孝人議員は、市民病院や新開地区の賑わい創出についてなど訪ねました。

 

尾道市が赤字補填している市立市民病院について、みつぎ総合病院との経営統合や、非公務員型の地方独立行政法人への移行を検討すべきではないかとの問いに、片岡幹男病院事業管理者は「再編や統合、法人への移行も現段階では考えていない」と述べました。

 

新開地区の賑わい創出について平谷祐宏市長は「尾道食材を使ったピンチョスが注目されていると思う。空き店舗を活用する際の補助を設けてから、7店舗が新規出店し、年度内に5店舗が開店する予定」と述べました。

 

公明党の加納康平議員は、災害対策や市民病院について質問しました。

 

災害発生時に関係機関や住民の取るべき行動を時系列に整理した「風水害タイムライン」について、市長は「有効手段だと認識しており今後、策定を検討する」と答えました。

 

経営改善に取り組んでいる市民病院の新しい病棟について片岡管理者は「6月に導入した回復期の患者用の病棟である地域包括ケア病棟48床の稼働率は90.1%で、1日あたり43.3床の利用、今後も90%以上の利用率を予想している」として増収の見込みを示しました。

 

午後からは日本共産党の魚谷悟議員が、核兵器禁止条約が国連で採択されたことへの受け止めや、3年前に改正された介護保険法の影響についてなど質問しました。

 

核兵器禁止条約の日本の調印ついて平谷市長は「尾道市は非核平和都市を宣言しており、平和首長会議の協議会を通して調印を促す」と答えました。

 

今年度から実施している介護予防と日常生活支援の「総合事業」の利用者数については、訪問介護で対象者531人中126人、通所介護で773人中210人が利用していて概ね順調に推移している。

 

収入に応じて、介護サービスの利用料が2割負担へ引き上げられた人は、今年6月現在773人で、要介護者の7.59%となっている」と述べました。

 

本日8日の議会は午後9時から再放送します。議会は今後、各委員会で議案審議などが行なわれ、9月20日に最終日を迎えます。

市議会 一般質問

市議会9月定例会 一般質問 2017年9月7日放送

 

尾道市議会の9月定例会が7日に開かれ、4人の議員が一般質問を行いました。

 

誠友会の巻幡伸一議員は、尾道市の小中学生の学力や、教職員の働き方改革についてなど質問時間の多くを教育関連に割きました。

 

佐藤昌弘教育長は、「2016年度の学力は小・中ともに県内で下位だったが、今年度は中学生の平均正答率が県平均まで上昇、小学校も教科によって上昇していて成果が見え始めている」と答えました。

 

教職員の働き方改革については「今年度、事務作業などの支援員を市の費用で7校、県の費用で5校に配置しているほか、早期退校日の設定など意識改革にも取り組んでいる」と述べました。

 

創生会の飯田照男議員は、民間への売却が検討されている旧南小学校の施設について、「学校は地域の文化でもある」と述べ、「売却について地元との協議会を持つ考えがあるか」質しました。

 

理事者側は「閉校した学校は、公共施設への活用や売却を検討することになる。南小学校は地域の発展に貢献する民間企業への売却を目指していて、今のところ協議会を設置する考えはない」と答えました。

 

午後から登壇した、新和会の 山根信行議員は、観光・農業政策など尋ねました。

 

民間が所有する三軒家町の山手にある尾道城の今後について平谷祐宏尾道市長は「老朽化が著しい為、千光寺公園のリニューアルに合わせて国の事業を活用した行政主体の取り組みについて検討していく必要がある」と述べました。

 

びんご運動公園入り口の渋滞については「交差点の改良に大きな制約があるが、右折レーンの設置など関係機関と協議して研究する」と答えました。

 

市民連合の城間和行議員は高齢者政策や日本遺産に関連して質問しました。

 

認知症に対する取り組みについて平谷市長は「今年度中には、認知症初期集中支援チームを3チーム編成して体制を強化する」と述べました。

 

北陸や東北地方など11の市町が認定された北前船の寄港地をストーリーとした日本遺産について、尾道市は追加登録を目指しているのか?との質問に、市長は「追加申請を目指す中国地方の自治体の幹事に指名された。尾道のブランド力を高めて連携して認定に取り組む」と答えました。

 

本日7日の議会は午後9時から再放送します。明日8日も引き続き一般質問があり、「ちゅピCOMおのみち」では、午前10時からと午後1時から生放送します。

蓬莱柿 出荷最盛期

蓬莱柿 出荷最盛期 2017年9月6日放送

 

県内一の出荷量を誇る尾道特産のいちじく「蓬莱柿」の出荷が最盛期を迎えています。

 

東尾道のJA尾道市 東尾道選果場には、8月上旬の初出荷以降、いちじくが次々と運び込まれ、連日作業員の手で選別や箱詰が行われています。

 

尾道特産の蓬莱柿は、ほど良い甘味と酸味が特徴のイチジクで、JA尾道市によると、今年は雨が少なかったことからサイズは小ぶりですが、甘味が強い美味しいイチジクに仕上がっているということです。

 

イチジクの出荷は10月下旬まで続く予定で、今年はおよそ310トンの出荷を見込んでいます。

 

箱詰めされたイチジクは、広島県内を中心に岡山や大阪、名古屋などの市場に出荷される他、今年から台湾への輸出も試験的に行われる予定で、今後の販路の拡大が期待されています。

ルアー&剥製 展示会

手作りルアーと魚の剥製 展示会 2017年9月6日

 

手作りのルアーと魚の剥製の展示会が9月15日まで、東御所町の「おのみちecoライフ館」で開かれています。

 

この展示会は、およそ15年ルアー作りを行っている村上 豊さんと、およそ10年剥製作りに取り組んでいる力石 眞弘さんの作品展で、会場には2人が制作した作品およそ90点が並んでいます。

 

会場には、木材の削り出しから色付けまで丁寧に仕上げられたルアーや、今にも動き出しそうなほどリアルな魚の剥製の他、スチール缶を加工して作られた魚の装飾や昆虫の標本など数多くの作品が並んでいます。

 

また、村上さんが、自身で作った疑似餌で釣った鯛を、力石さんが剥製にした作品もあり、訪れた人たちの目を楽しませています。

 

村上さんと力石さんは小学校からの同級生で、それぞれ魚釣りや物づくりが好きで制作を始め、現在は本業の傍ら、互いにアドバイスを出し合いながら制作に取り組んでいます。

 

2人の作品展は今回が2回目で、村上さんと力石さんは「ルアーや剥製を通して自然を感じてもらえれば嬉しいです」と話していました。

 

展示会は9月15日(金)まで「おのみちecoライフ館」で開かれていて、観覧は無料です。

 

尚、2人はそれぞれルアーと剥製の制作など相談を受け付けています。

 

ルアー制作の相談は電話090-1332-2600村上さん、剥製作りの相談は電話090-2865-5525力石さんまでお問合せください。

<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>
219ページ中9ページ目