HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

尾道デニム 会合

尾道デニム 会合   2018年6月12日放送

 

尾道のオリジナルデニムを制作している「尾道デニムプロジェクト」の会合が6月9日、土堂2丁目のONOMICHI SHAREで行われました。

 

尾道デニムプロジェクトは、尾道で暮らす人たちに1年間、仕事や生活の中でデニムを穿いてもらい、尾道らしい風合いやぬくもりが感じられるユーズドデニムを制作、販売している取り組みです。

 

会合は、尾道デニムの作り手や購入者、プロジェクトの関係者らの交流の場として開かれていて、2回目となる今回はおよそ50人が参加しました。

 

会場では、プロジェクトの参加者の紹介や、最もおしゃれな人を決める投票、プロジェクト立ち上げ当初からのメンバーと参加者とのディスカッションなどもあり、訪れた人たちは、食事をとりながら会話を交わし交流を深めていました。

 

また、今年4月に完成したオリジナルデニムの発表では、デザインや縫製など制作に携わった業者から新作デニム完成までの苦労話などが紹介され、来場者らが興味深そうに話に聞き入っていました。

 

尾道デニムプロジェクトには、2013年の発足以来、今年5月末時点で延べおよそ600人がユーズドデニムの制作に参加していて、完成したジーンズはおよそ1000本に上ります。

 

尾道デニムプロジェクトの商品は、久保1丁目の店舗又はインターネットのオンラインショップで購入できます。

ポルノグラフィティ 市長訪問

ポルノグラフィティ 市長訪問   2018年6月11日

 

尾道市因島出身のロックバンド、ポルノグラフィティが6月8日、びんご運動公園で9月に行うライブのPRを兼ねて、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

ポルノグラフィティは、1999年にデビューした2人組のロックバンドで、ボーカルの岡野昭仁さんとギターの新藤晴一さんはともに因島出身です。

 

2人を笑顔で迎えた平谷市長は、尾道観光協会が市政施行120周年を記念して制作した広島カープとのコラボTシャツをプレゼントするなど、和やかに談笑しました。

 

今回のライブは、ポルノグラフィティのデビュー20周年を記念した凱旋コンサートで「しまなみロマンスポルノ ‘18」と題して、9月8日と9日に栗原町のびんご運動公園陸上競技場で行われる予定です。尾道市は、ライブを尾道市制施行120周年記念イベントに位置付けています。

 

びんご運動公園での大規模なライブは今回が初めての試みで、平谷市長は「尾道の市政120周年とも合わせて、しっかり盛り上げていきたい」と話していました。

 

ここで、ちゅピCOMおのみちのスタジオで行ったポルノグラフィティへのインタビューをご覧ください。

 

ポルノグラフィティは1999年、シングル「アポロ」でメジャーデビュー。これまでにシングル46枚、アルバム11枚を発表しています。

 

7月25日には、人気アニメポケットモンスターの新作映画で主題歌にもなっている新曲「ブレス」が発売予定です。

6月議会 開会

尾道市議会6月定例会 開会 2018年6月11日放送

 

 

尾道市議会は11日、6月定例会を開き、副議長に加納議員を選任し、報告9件と、およそ1億6,000万円を増額する一般会計補正予算案など26議案ほかを上程しました。

 

慣例により、1年任期となっている副議長選挙の結果は、公明党の加納康平議員15票、創生会の飯田照男(いいだ てるお)議員13票でした。加納議員は、門田町出身当選3回です。

 

就任挨拶で「市政施行120周年の記念すべき年に、歴史と伝統ある尾道市議会の副議長という大任ですが、全力で務めたい」と述べました。

 

一般会計補正予算案の主なものは、新しい庁舎の整備に伴う情報ネットワークシステムの構築費として5,000万円。故障した因島の深浦新開地区のポンプ場修繕費など2,200万円。3月の雨で破損した生口島の農業用水路の補修費1,000万円などです。

 

又、向島で発生した受刑者逃走事件に関連して、尾道みなと祭での警備強化や、小学校の遠足を島の外へ変更した費用が合計200万円ほど計上されています。

 

その他の議案では、市立小中学校の空調設備の工事契約、高西東新涯のポンプ場の工事契約、百島の救急患者を搬送するための船の更新、消防団員の夏服の取得などがあげられています。

 

又、2016年に因島の西浦保育所で発生した園児の負傷事故の損害賠償72万3035円などが専決処分案件となっています。

 

本日の議会の様子は午後9時から再放送します。13日、14日、15日に行なわれる議員の質問は、3日間とも午前10時からと午後1時から生放送します。

 

6月議会から、一般質問に議員全員が立つことが可能になり、質問時間は、各会派に一律20分が割り当てられ、会派の議員1人当り10分ずつが加算されます。6人会派の場合は80分の持ち時間となります。

 

これにより、一般質問の日程が2日間から3日間に増えています。

日本遺産DVD 販売

日本遺産DVD完成 販売開始 

 

“ちゅピCOMおのみち”で放送した日本遺産を紹介する番組「尾道 ぶらり日本遺産」のDVDが完成しました。

 

尾道市が認定された日本遺産、「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」と「日本最大の海賊の本拠地:芸予諸島-蘇る村上海賊の記憶-」を紹介する内容です。

 

シリーズ1作目が「尾道 ぶらり日本遺産 箱庭都市編」、2作目が「尾道 ぶらり日本遺産 村上海賊編」です。

 

それぞれ、日本遺産に認定されたストーリーと共に、関連する構成文化財を紹介していて、DVDを見れば、日本遺産に認定された尾道の歴史・文化が分かる内容になっています。

 

DVDは、箱庭編が7つのテーマに分れて85分、海賊編が8つのテーマで105分の長さで、1シリーズそれぞれ税別3,000円となっています。

 

お求めは、西御所町の“ちゅピCOMおのみち”社屋や、ちゅピCOMおのみちのHPで販売・注文を受ける他、市内の店舗でも販売予定です。

 

※一部の機械では、うまく再生できない事がございます。ご了承下さい。

 

ちゅピCOMおのみちHPから https://octv.saleshop.jp/

体の調子を整える教室

体の調子を整える教室 2018年6月7日放送

 

向島町出身の元女子プロレスラー吉田万里子さんによる、体の調子を整える教室が5月31日、門田町の尾道市総合福祉センターで開かれました。

 

この教室は、体の健康づくりに役立ててもらおうと、市内で様々な講演会などを行っている尾道市老人福祉センターが主催したもので、今回で2回目です。

 

教室には高齢者を中心におよそ70人が参加し、吉田さんが、体を楽に動かす方法を紹介しました。

 

この方法は、1940年代にロシアの物理学者が考案したもので、心地良い体の動きを通して脳の活性化などに繋げることを目的としています。

 

吉田さんは、手足や背骨、骨盤を動かすことによって脳が活性化して、楽な体の動きに繋がるなどと解説し、参加者らは椅子に座って首や背筋、腰などを動かしたり、立った姿勢で体を左右に動かしたりしました。

 

門田町から参加した74歳の女性は「体がとても柔らかくなったような気がする。動かすことがとても楽になった」と話していました。

 

吉田さんは、現役時代に怪我などが続いていた時期からこの方法を実践していて、昨年プロレスを引退してからは、全国で講座などを開いている他、向島でも指導を行っています。

 

吉田さんは「普段の体の動きを意識してもらい、日常生活の役に立てて欲しい」と話していました。

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>
275ページ中10ページ目