HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

森田恭子さん音楽誌発行

音楽ライター森田恭子さん音楽誌を発行 2017年4月6日放送

 

 

尾道在住の音楽ライター 森田恭子さんが、アーティストへのインタビュー記事などを掲載した音楽カルチャー誌「ラッキーラクーン」の44号を発行しました。

 

ラッキーラクーンは森田さんが、企画・編集などを手がけている音楽の情報誌で半年に1冊のペースで発行しています。

 

44冊目となる今回のラッキーラクーンは、尾道水道の風景が表紙になっていて、ウルフルズのトータス松本さんやMr.Childrenの桜井和寿さん、山崎まさよしさんら9人が登場しています。

 

森田さんは、月刊音楽雑誌「パチパチ」などの音楽ライターとしておよそ30年間、東京を中心に活動してきましたが、旅行をきっかけに尾道に移住し、現在も数多くのアーティストを取材しています。

 

ラッキーラクーンでは、各アーティストの趣味の話や音楽への思いなど、長年の経験を生かした森田さんならではのインタビュー記事が好評で、今回は尾道出身のロックバンド「The東南西北」の久保田洋司さんへのインタビューも写真とともに掲載されています。

 

森田さんは久保田さんについて「知識が豊富で、ライブのMCはとても面白い。それが紙面にも出ています」と語り「東南西北の再結成の裏話も見どころです」と話していました。

 

「LuckyRaccoon Volume.44」は、オンラインショップ「Birthdays」で、1冊 1,000円で発売中です。

 

尚、森田さんがMCを務めるFM COCOLOでの音楽番組「おとといラジオ」が現在放送中です。毎週土曜日、午後8時からRCCラジオでもオンエアされています。

さくら茶会 賞品抽選会

さくら茶会 賞品抽選会 2017年4月5日放送

 

4月1日にJR尾道駅前港湾緑地で開かれた「第34回 さくら茶会」の賞品抽選会が4日、土堂2丁目の尾道商工会議所で行われました。

 

抽選会には、尾道市観光課 中原 一通課長や高本 訓司尾道市議会議長ら来賓と、さくら茶会を主催した商工会議所女性会の会員らおよそ30人が出席しました。

 

会場には、抽選会の賞品となる地元作家の絵画や陶器作品、女性会の会員が提供するバッグや小物、京都にある西陣織工業組合の着物帯など490点が用意され、出席者らが次々に抽選箱から応募券を引いていきました。

 

この賞品抽選は、毎年大人気の催しで、今回は、市内外から「さくら茶会」に訪れた人の中から、1946件の応募があり、全ての商品の当選者が決まりました。

因島運動公園グラウンド落成

因島運動公園 多目的競技場 芝生グラウンド 完成 2017年4月5日放送

 

因島運動公園の多目的競技場芝生グラウンドが完成し4月1日、落成を記念した「少年サッカー大会」が開かれました。

 

因島重井町にある因島運動公園は、野球などに利用できるグラウンドとテニスコート12面などを備えた運動公園です。

 

この度完成した多目的競技場は、尾道市が2011年から総事業費2億9,600万円をかけて整備したもので、およそ1万600㎡ある天然芝のグラウンドは、少年サッカー用のコート2面が取れる広さがあります。

 

今回は合わせて、90台以上の駐車場とウォーキングなどが出来る遊歩道も整備されました。オープニングセレモニーでは、平谷祐宏尾道市長達7人が参加してテープカットがあり、続いてサッカー大会の開会式が行なわれました。

 

式で平谷市長や、広島県議会の松浦幸男議員たちが挨拶し、因島選抜チームの森本珠寿君が選手宣誓しました。その後、平谷市長が始球式を行ない試合が始まりました。

 

大会には、尾道や向島・因島・今治などの選抜チームが参加して、地域対抗戦の様な形で、白熱した試合が繰り広げられました。

 

因島運動公園は、しまなみ海道の因島北インターチェンジから車でおよそ5分、利用などのお問い合わせは、電話0845‐24‐3216までです。

さくら茶会

さくら茶会 2017年4月3日放送

 

尾道商工会議所女性会主催の第34回さくら茶会が4月1日、JR尾道駅前緑地帯で開かれました。

 

さくら茶会は2015年まで千光寺公園で開かれていましたが、昨年からは会場を駅前に移して行なわれています。

 

商工会議所女性会の金光洋子会長らによるテープカットで幕開けし、尾道水道が見える特設の茶席でお茶が立てられました。

 

今年は、海の道 きらめく水面に誘われて・・・と題して行なわれ、およそ2,100人が訪れ賑わいました。オープニング後の第一席では、女性会の鍜治川明巳(かじかわ あけみ)さんの手前で、お茶が振舞われ、訪れた人たちは、茶を立てる所作を見ながら、ゆっくりとした時間を過ごしていました。

 

また、市内の各流派や高校の茶道部員らも協力してお茶を運んでいました。さくら茶会では、西陣織の着物帯や、市内在住の作家による絵画・陶器作品などが当たる抽選もあります。

 

茶会に訪れた人は作品を見て、ほしい賞品の抽選箱に名前を記入した抽選券を入れていました。賞品の「公開抽選会」は4月4日(火)、尾道商工会議所でおこなわれます。

仮装綱引き大会

仮装でええじゃん! 綱引き大会 2017年3月31日放送

 

 

仮装したチーム同士が対戦する綱引き大会「仮装でええじゃん! 綱引き大会」が3月5日、尾道本通り商店街の商業会議所記念館広場でありました。

 

2回目となる今回は、市内外から16チームが出場。仮装の出来栄えと綱引きの勝敗を競いました。

 

開会式では、大会会長の平谷祐宏尾道市長に代わり、富永嘉文副市長と高橋貞昭実行委員長が挨拶。出場者が選手宣誓を行ないました。

 

東西に伸びる本通り商店街に特設会場が設けられ、審判長の合図で綱引きが行なわれました。

 

力が拮抗してなかなか勝負がつかない試合や、あっと言う間に引きずられて勝負がつく試合など様々で、沿道の応援にも力が入っていました。

 

試合の合間には、仮装コンテストがあり、参加チームが舞台の上でパフォーマンスを行い、審査員らが得点をつけていました。

 

トーナメントで行われた綱引きの決勝戦は、広島銀行尾道支店と、尾道ベッチャー太鼓チームの対戦となり、結果、広島銀行尾道支店が優勝しました。

 

仮装コンテストでも広島銀行尾道支店チームが優勝、2位は中国電力尾道営業所、3位は広島スチールセンターと三井住友銀行チームでした。

 

仮装綱引き大会の様子は、4月10日からちゅピCOMおのみちスペシャルで放送予定です。お楽しみに!

<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>
189ページ中10ページ目