HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

西郷寺 三尊像 修復完了

西郷寺 三尊像 修復完了 2015年4月14日放送

 

東久保町西郷寺の木造阿弥陀三尊像の保存修復作業が終わり14日、本堂の須弥壇に安置されました。

 

修復を請け負った滋賀県の楽浪文化財修理所の職員らが、梱包された三尊像を運びこみ、本堂の畳の上で関係者らに披露しました。

 

尾道市重要文化財である三尊のうち、本尊の阿弥陀如来は高さ99cm。室町幕府を開いた、足利尊氏が戦勝祈願した仏像と伝えられていて、仏像の中からは尊氏の別名、等持院と書かれた45cm程の位牌も見つかっています。

 

脇に控える観音菩薩と勢至菩薩はそれぞれ、高さ64cmと65cmで、三尊像の制作時期は、寺の建立された1353年以降の南北朝時代とされていました。

 

しかし、修復作業中に2つの菩薩から印仏と呼ばれる和紙が見つかり、その包み紙には、仏像の願主による文章と名前、製作年と思われる鎌倉時代の日付も確認されたことから、南北朝時代から80年ほど遡る鎌倉時代後期のものであることが分かりました。

 

調査に当たった大谷大学 齋藤 望 教授は「包み紙にある「吉近」(よしちか)という願主の名前は、東久保町 浄土寺の納経塔にも記されていて、尾道の歴史を知る上でも大変重要な発見だ」とコメントを寄せています。

 

修復は住友財団の助成を受けておよそ2年かけて行われ、阿弥陀如来像の剥離部分の修復や両菩薩像の台座とのつなぎ目などを重点的に修理しました。西郷寺によると三尊の修復は、およそ300年前の元禄時代以来です。

 

参拝は土・日の午前9時から午後4時まで可能です。

日本地方自治研究学会PD

日本地方自治研究学会 関西部会  NPOパネルディスカッション 2015年4月13日放送

 

日本地方自治研究学会、関西部会の第102回研究会が3月21日、尾道市立大学であり、尾道でNPO法人を立ち上げ地域活性化に取り組む女性らが活動報告などを行ないました。

 

研究会では、「地域創生とNPOの実践」と題してパネルディスカッションが行われ、コーディネーターの小川長尾道市立大学経済情報学科准教授の司会のもと、豊田雅子尾道空き家再生プロジェクト代表理事と映画館シネマ尾道の河本清順代表そして初谷勇大阪商業大学総合経営学部教授の3人がディスカッションしました。

 

豊田さんは、尾道について「風景に生活感があふれているところが魅力」と語り、「暮らしぶりがおもしろいと、それを見に観光客も来るので、良い循環になればいい」と話していました。

 

河本さんは、「日本全体の映画ファンが増えていかないといけない」と述べ、「尾道の映画館を成り立たせ、ファンを増やす為にどう発信していくか、模索しているところです」と話していました。

 

初谷教授は、「尾道のNPO法人は、行政の機能していなかった空白の部分をうまく肩代わりしているように見える」と話し、豊田さんや、河村さんの活動を説明していました。

 

最後に小川准教授はNPO法人の活動について「民間の方からクリエイトして提案し、それに対して行政が動いている。いままでなかったパターンで、非常に興味深い」と結んでいました。

 

このパネルディスカッションの様子は5月18日から放送予定です。お楽しみに。

東尾道子育て支援センター

東尾道子育て支援センター 開所式  2015年4月13日放送

 

東尾道のベイタウン尾道組合館内に13日、東尾道子育て支援センターがオープンし、開所式が行われました。

 

このセンターは、就学前の子どもとその保護者らを対象に、交流や子育て相談を行う施設で、開所式には関係者や来賓、センターを利用予定の親子連れなど、合わせておよそ50人が出席しました。

 

センターを運営する、社会福祉法人 向晴会(こうせいかい)の島田繁幸(しまだとしゆき)理事長は、「東尾道は若い世代が増えていて、これからの尾道市を担う人材の宝庫。子ども達の将来のために、スタッフ一同支援させていただきます」と保護者たちに呼び掛けていました。

 

式が終わると、音楽を使った手遊びなども行われ、参加した子どもと保護者らは親子で触れ合いながら楽しい時間を過ごしていました。

 

東尾道子育て支援センターは、尾道市東部地域における子育て支援の拠点施設として設置されたもので、子育て関連情報の提供や、子育て相談のほか、様々な講習も行われる予定です。

 

利用時間は、祝日と年末年始を除く毎週月曜日から金曜日の午前9時から午後4時までで、就学前の子どもと保護者は誰でも利用できます。

 

高須町から訪れた子ども連れの女性は「この地域は子どもも多く、近くに施設があれば良いと思っていました。色々な講座に参加して子育ての知識を増やしたいです」と話していました。

新人激励会・研修講座

新人激励会・研修講座  2015年4月10日放送

 

尾道商工会議所と協同組合ベイタウン尾道などが主催する、2015年度新入社員激励大会と研修講座が9日・10日の両日、東尾道のベイタウン尾道組合会館でありました。

 

これは、新入社員の研修と交流の場として、尾道商工会議所とベイタウン尾道の加盟企業を対象に毎年開催しているもので、今回は昨年より11社多い49社から145人が参加しました。

 

9日には、激励会のほか経営者の講演やマナー講座などが開かれ、参加者らがお辞儀の仕方や敬語の使い方など社会人の基本となる事柄を学びました。

 

敬語の使い方では、間違った敬語を正しい言い方に直すクイズなども行われ、参加者らは皆真剣な様子で取り組んでいました。

 

尾道商工会議所によると、研修に参加する企業の数は近年増えていて、人出不足による新規採用の増加などの影響が表れているとしています。

第9回おのみち俳句まつり

第9回おのみち俳句まつり 2015年4月10日放送

 

第9回おのみち俳句まつりの表彰式が6日、尾道市立美術館で行われました。

 

表彰式には、尾道市内だけでなく、神奈川県や神戸市などから、およそ40人が参加し、観光協会の川崎育造会長らの挨拶につづき、受賞者に賞状と記念品が手渡されました。

 

 

一般の部、小、中学校の部合わせて2,157句の応募の中から、おのみち俳句大賞に、神奈川県小田原市の池田忠山さんの句「月もまたおおきなぼんぼり花の山」が選ばれました。

 

小、中学校の部特選には3作品が選ばれ、尾道市からは、長江小学校の亀田大喜くんの「うぐいすが千光寺山でコンサート」と西藤小学校の石井琉斗くんの「パンジーはいろんな色で絵のぐばこ」が選ばれました。

 

選者で公益社団法人俳句協会会長の鷹羽狩行さんから句について講評が行われたあと、受賞者全員と狩行さんとで記念撮影が行われました。

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中3ページ目