HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

玉蘊忌

玉蘊忌 2015年6月22日放送

 

江戸時代に尾道で活躍した女流画家 平田玉蘊(ぎょくおん)の命日法要が20日、菩提寺の西土堂町・持光寺で営まれました。

 

 

今年は没後160年にあたり、法要には、平田玉蘊顕彰会の会員だけでなく、平谷祐宏尾道市長や冨永嘉文副市長らも訪れました。

 

本堂で平谷市長が「尾道市民に玉蘊さんをはじめ、歴史文化に誇りを持ってもらうまちづくりを進めたい」と挨拶。松岡昭禮住職が、経を唱え、寺岡昭治顕彰会会長ら参列者が順番に焼香し、墓前で線香を手向けました。

 

本堂で顕彰会の総会が開かれ、寺岡会長が「没後160年に関係して様々なイベントが企画されています。多くの方に玉蘊さんの事を知ってもらいたい」と挨拶しました。

 

又、10月から玉蘊の作品展を開催する福山市の県立歴史博物館、植田千佳穂館長と学芸員の久下実さんが展示会の説明などを行ないました。

 

平田玉蘊は、江戸時代後期に活躍した、当時では珍しい独立した女性画家で、花鳥風月を得意とし、儒学者の菅茶山や頼山陽らの文人墨客とも交流がありました。

 

本堂には、茶山が詩をしたためた玉蘊の絵の掛け軸などが展示され、多くの人が見入っていました。

 

県立歴史博物館での展示会は10月9日(金)からで、未公開作品を含めたおよそ100点を展示し、期間中は講演会や演奏会なども開かれます。また、尾道市立美術館でも玉蘊の展示コーナーが設けられる予定です。

尾道市創生推進会議

第1回「尾道市まち・ひと・しごと創生推進会議」 2015年6月19日放送

 

地方創生に向けた人口の見通しや、尾道独自の総合戦略を策定する第1回「尾道市まち・ひと・しごと創生推進会議」が15日、久保1丁目の公会堂別館で開かれました。

 

会議には、会長を務める尾道市立大学の中谷武学長をはじめ、市内の商工会議所や金融機関、社会福祉協議会など、会議を構成する12人の委員が出席しました。

 

中谷会長は挨拶で、「尾道にある様々な魅力を再認識し、プランに繋げなくてはならない。みなさんと協力しながら作り上げていきたい」と委員らに呼び掛けました。

 

広銀総合研究所から、尾道市の人口推移や産業の統計などの説明があり、参加者からは、人口減少について「これまでの取り組みで防げなかった理由なども考える必要がある」といった意見が挙がっていました。

 

推進会議は今後、8月中に素案をまとめ、パブリックコメントを実施した上で、10月中に人口ビジョンと総合戦略を決定する予定です。

6月議会一般質問2日目

6月議会一般質問2日目   2015年6月19日放送

 

尾道市議会は19日、昨日に続いて一般質問を行い、4人の議員が登壇しました。

 

公明党の福原謙二議員は、女性が活躍できる地域への認識や、日本遺産認定などについて質問しました。

平谷祐宏市長は、「女性が輝くまちづくりのため、社会のあらゆる分野で女性が活躍できるよう、男女参画事業を効果的にすすめるための条例制定に向けた取り組みを検討している」と答えました。

日本遺産認定について、「尾道市歴史文化まちづくり協議会は、文化財保護委員や、市内の商工会議所、観光協会、尾道市など7団体、9人の委員で構成され、任期は2年。日本遺産をPRするため、魅力を紹介するパンフレットや映像作成、HPやアプリケーションの整備、構成文化財の魅力を解説する文化遺産パートナーの養成や、シンポジウムの開催などを予定している」と述べました。

 

 

市民連合の城間和行議員は、訪日外国人観光客の受け入れ態勢や、市庁舎建設事業の内容についてなど質しました。

平谷市長は「平成26年に尾道市を訪れた外国人観光客、約13万人のうち、台湾から約4万人で31パーセントを占めている。外国人観光客も広く利用するWi-Fiフリースポットは、平成24年7月から整備していて、民間施設20ヵ所を含め、合わせて40ヶ所にあり、今後も、国や県のスポットに登録し設置する」と答弁しました。

市庁舎建設事業について理事者側は、「今年の12月を目標に基本設計を行い、その後、実施設計が完了し、設計書が出た時点で費用の積算をしていく。設計を行う日建設計 大阪オフィスは、単なる箱物ではなくランドマークとして、市の活性化につながる建物を提案している。また、津波対策として、建設地の嵩上げを検討している」と述べました。

 

 

午後からは日本共産党の岡野 長寿議員と創生会の宇根本 茂議員が登壇しました。

 

岡野議員は、しまなみ海道通行料金の軽減などについて、合併前後の通行量の変化や生活道として利用している市民の負担感などを質しました。

 

通行量の変化について理事者側は「合併前の2005年と昨年の比較で、因島北ICから向島IC間の通行量は普通車が約5万8千台、軽自動車が約11万5千台増加している。これまでの要望で昨年4月から新料金が導入され一定の成果が上がっている」と答弁。

「利用者に負担感があるのは認識しており、市民の利用状況などを確認して市としてどういう対応ができるか検討したい」と述べました。

 

宇根本議員は今年8月に利用が始まるプレミアム商品券や市内の小中学校への副校長制の導入などについて質問しました。

 

プレミアム商品券について平谷市長は「国の交付金と市の補助金による20%のプレミアムが付いた商品券で、市内の各事業者に取扱いを募集した。市民への案内については市の広報や新聞、HPへの掲載などで情報が届くよう努めていく」と話しました。

 

経営視点を持った副校長制の導入について佐藤 昌弘教育長は「学校の運営において経営視点は重要と捉えており、県で行っている企業経営者を交えた研修に校長が参加し、学校経営に生かしている。

任命権が広島県教委にあるので、副校長制度については県教委に伝えたい」と述べました。

6月議会一般質問1日目

尾道市議会一般質問1日目 2015年6月18日放送

 

 

尾道市議会の6月定例会が18日開かれ、4人の議員が一般質問を行いました。
創生会の巻幡伸一(まきはたしんいち)議員は、過去4年間の実績と今後の方向性における平谷祐宏市長の政治姿勢や、人口減少の歯止め策などについて質問しました。
政治姿勢について平谷市長は「議会や市民の協力を受け、行財政改革や子育て、医療、教育など住んで良かったと思えるまちづくりに全力で取り組んできた。中国やまなみ街道の全通や日本遺産認定など成果は確実に表れている。今後4年間で尾道創生の流れを更に加速させ、もっと強く、元気で豊かなまちづくりに取り組む」と述べました。
また人口減少の歯止め策については「国の研究所による推計では尾道市の2040年の人口は10万3000人で、2010年と比較すると4万2000人が減少する見込み。現在、市では少子化対策プロジェクトチームが検討を始めていて、今年度策定する市の総合基本戦略で目標や具体策を定め、着実に実施したい」と語りました。
2人目に登壇した誠友会の吉和宏(よしわひろし)議員は、地方創生や今年度から始まった総合教育会議などについて質しました。
地方創生の総合戦略策定の進め方について平谷市長は「まち・ひと・しごと創生法では、国・県の戦略を合わせて考える事となっているが、戦略はあくまで各市町村が現状と将来像を定めて策定するもの。尾道でもそのように認識して取り組んでいく」と話しました。
総合教育会議について市長は「会議は首長と教育委員会が意思疎通を図り、一致して教育政策に取り組むという趣旨だが、教育の政治的中立性は犯してはならないと理解している。
これまでも就学前教育から生涯教育まで幅広い教育に心を配ってきたが、会議でも市教委と連携を密にし、教育のまち尾道と言われるまちづくりを確立したい」と答弁しました。
午後からは、新和会の星野光男(ほしのみつお)議員と、尾道未来クラブの前田孝人(まえだたかと)議員の2人が登壇しました。
新人の星野議員が初めての質問に立ち、マイナンバー制度についてなど質しました。
平谷市長は、個人情報の漏洩対策について「個人情報を一元管理せず、分散したり、人的ミスを防ぐために職員研修を実施したりするなど、セキュリティの強化に努めたい」としました。個人情報カードの申請に関しては「手数料は初回無料で、カードに乗せる顔写真はスマートフォンなどを利用したweb申請も出来る。尾道市の人口の約5パーセントに当たる7000人の取得を見込んでいる」と述べました。
また、コンビニでの住民票や、印鑑証明、戸籍など各種証明書の交付について平谷市長は「個人情報カードの交付状況を見極め、時期を決定したい」と答えました。
前田議員は、市長選挙の結果を受け、市庁舎整備について尋ねました。
理事者側は「庁舎整備を進めていくことで信認を受けた。現庁舎を登録文化財に申請することに関しては、昭和47年に4割ほどを改修しており、元々の姿からは大幅に変わっている。申請は検討していない」と述べました。
瀬戸田町で行う予定だったトライアスロン大会の中止について佐藤教育長は「昨年末、サンセットビーチを使った大会を民間で行いたいとの申し出があり、市は共催という形で支援することにしたが、エントリー予定日を前に準備が間に合わず断念したと聞いている」と答弁しました。
本日の議会の模様は午後9時から再放送します。
19日も引き続き一般質問が行われ、4人の議員が登壇します。
寝台特急瑞風 尾道停車

寝台特急 トワイライトエクスプレス瑞風 尾道に停車  2015年6月18日放送

 

 

 

2017年春に運行開始を予定している、JR西日本の寝台特急「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が、尾道駅に停車することが決まりました。

 

瑞風は、大阪、京都、下関を発着駅に、1泊または2泊で、山陽本線と、山陰本線の運行ルートを周遊し、1日1回、沿線の途中駅に立ち寄ります。

山陽エリアでの立ち寄り駅は尾道を含め、倉敷や宮島口など5ヶ所で、尾道では、豪華クルーザーでのしまなみクルーズと瀬戸内海を一望する浦崎町のリゾートホテル、ベラビスタ境ガ浜に立ち寄り、柑橘類のスイーツやエステ、入浴などを楽しむコースが設定されています。

 

瑞風は、客室車や食堂車などからなる10両編成で、編成の両端には、列車の前後左右の車窓が楽しめる展望スペースがあります。

運行は2017年春の予定で、今後、オプション企画やイベントなども計画しています。

尾道に立ち寄ることで、関西方面を中心に観光客のさらなる増加が期待されます。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
9ページ中3ページ目