HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

病院事業 罷免取消 棄却

尾道市前病院事業管理者 罷免取消 訴訟 棄却 2015年8月4日放送

 

尾道市に不当に罷免されたとして、前病院事業管理者の青山興司氏が市に対して「罷免取り消し」求めた訴訟で、4日 広島地裁は青山氏の請求を棄却する判決を出しました。青山氏は控訴する方針です。

 

裁判では、罷免の理由と手続きの正当性が主な争点となっていました。尾道市は、判決を受けて「市の主張を正当と判断していただいた結果であり、深く敬意を表します」とのコメントを出しました。

 

青山氏は2012年4月、尾道市の要請で新しいポストの病院事業管理者に就任し、市民病院とみつぎ総合病院の経営安定化や患者受入数の増加、医師確保などに着手しました。

 

しかし尾道市は「病院の運営や改革について、行政や医療スタッフとの隔たりが大きい」「多数の医師が辞めるなど病院の運営に大きな支障をきたす可能性がある」と判断し、2013年5月20日に青山氏を罷免しました。

 

青山氏は行政処分の取り消しを求め、裁判が行なわれていました。

 

 

第4回キッズフェスタ

第4回おのみちキッズフェスタ 2015年8月3日放送

 

親子の絆を深め、子育てのネットワークを広げるためのイベント「第4回おのみちキッズフェスタ」が2日、向島町の「市民センターむかいしま」で行なわれました。

 

これは尾道市教育委員会や子育て支援課、社会福祉協議会などの公共機関と、市内企業や私設の子育て支援サークルなど50団体以上の協力で開催されている「親子参加型の催し」で、およそ30のイベントが行なわれました。

 

毎回人気の「コマ廻し名人のコーナー」には、多くの子ども達が集まっていました。名人の若井暁さんが、コマ回しのコツを伝えると、子ども達は直ぐにコマの扱いになれて上手に回していました。

 

市立美術館主催のコーナーでは、美術館で開催されたイベントの告知チラシやポスターを使った手作りバッグの制作が行なわれていました。

 

尾道市文化振興課の勾玉作りコーナーには、多くの小学生が参加し、真剣な表情で制作に取り組んでいました。勾玉は、尾道松江線の工事に伴い出土したものもあり、古代の人々の装飾品ともいわれています。子ども達は、自由な形と色で勾玉を作り、持ち帰っていました。

 

宇宙航空研究開発機構JAXAのコーナーには、およそ1,000万分の1の大きさの地球に見立てたボールが持ち込まれ、先日宇宙に飛び立った油井亀美也(ゆいきみや)さんが滞在している国際宇宙ステーションの飛んでいる高さなどの説明が行なわれていました。

 

会場ではその他、レスキュー隊体験や音楽にあわせて親子で触れ合うイベントなどがあり、およそ700人の来場者で賑わいました。

尾道市史 編さん準備委員会

尾道市史 編さん準備委員会   2015年8月3日放送

 

尾道市の歴史書、市史の編さん準備委員会が1日、久保1丁目の公会堂別館で開かれました。

 

会場では初めに、編さん準備委員会の委員に選ばれた尾道市文化財保護委員会の寺岡昭治委員長や、尾道学研究会の天野安治会長など学識経験者ら12人に平谷祐宏尾道市長から辞令が手渡されました。

 

今回作られる市史は、1969年から77年にかけて刊行された「新修 尾道市史」以降初めて作られるもので、名称は「新尾道市史」。通史編や史料編、地理編などの全10巻を、市制施行120周年に当たる2018年から順次刊行する予定です。

 

会場では、事務局の文化振興課から編さん基本計画の素案が示され、委員からは「時代をまたぐ形で考古学の専門家を配置してはどうか」といった意見や、2028年刊行予定の民俗編について「地域の担い手が高齢のため、刊行を前倒しすべきでは」という意見が上がっていました。

 

今年度中に市史編さん基本計画を決定し、8月中旬に設置する編集準備委員会では市史の刊行計画を策定します。

 

来年度以降、両準備委員会は、編さん委員会・編集委員会に名前を改め、古代・中世・近世などの専門部会を設置。行政内に市史編さん室を設け、具体的な作業に入ります。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目