HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市議会 総体質問

市議会総体質問   2016年3月3日

 

昨日に引き続き、尾道市議会2月定例会が3月3日に開かれ、4人の議員が総体質問を行いました。

 

最初に質問に立った尾道未来クラブの前田孝人議員は、公会堂の存続や市民病院についてなど質問しました。

 

 

「公会堂を壊すことなく、新しい庁舎を建てる事が出来るのではないか?」と言う質問に対して平谷祐宏尾道市長は「建設から53年が経過、古い耐震基準で建てられたもので、設備の老朽化や機能が見劣りする中、長期間使用するのは困難」との認識を示し「公会堂の位置に新しい庁舎を建設することで、工事中も現在の庁舎で市民サービスを継続でき、仮設の庁舎を建てる費用も削減できる」と述べました。

 

医師不足などにより、財政が悪化している市民病院について、片岡幹男病院事業管理者は、様々な取り組みをしているが「医師の増加に繋がっていない」と述べ「必要であれば経営形態について議論する事になる」と踏み込んで答えました。

 

又、「病院事業の経営責任は自身にあるとの立場を明確にし、医師確保を至上命題として取り組む」と決意を述べました。

 

 

公明党の加納康平議員は、観光・中小企業支援・小中学校耐震化についてなど尋ねました。

 

観光客誘致のインフラ整備について市長は「広島空港と尾道を結ぶエアポートバスの運行。商店街へ免税一括カウンターの設置。日本遺産をPRするアプリの作成を行なう」と述べました。

 

中小企業の販路拡大について「新年度、国内外の展示会へ出展する際に、国内25万円・海外30万円を上限として、それぞれ10件と4件の支援を目標にしている」と答えました。

 

耐震化工事の計画が出来ていない久保・長江・土堂小学校について、佐藤昌弘教育長は「建築から相当な期間が経過していて、立地条件の制約から、耐震工法が限られる。新年度中には方向性が示せるように努める」と答えました。

 

 

午後からも2人の議員が総体質問を行いました。

 

市民連合の檀上正光議員は、「村上海賊」をテーマに尾道市と今治市が共同で申請している日本遺産や、新年度事業に上げられている「有害鳥獣解体処理施設」についてなど質問しました。

 

「村上海賊」の日本遺産申請について平谷市長は、「日本最大の海賊の本拠地 芸予諸島 蘇る村上海賊の記憶」というストーリーで申請している。構成文化財は尾道と今治合わせて42点で、認定を受ければ更なる観光客の増加が見込まれる」と期待しました。

 

解体処理施設は、「捕獲後に埋却または焼却する必要があるイノシシの処理を行う施設で、イノシシが増え、作業の負担が大きくなっているため、整備を支援する」と述べました。

 

 

最後に登壇した創生会の飯田 照男議員は、旧南小学校と旧生口中学校の跡地利用や教員不足の問題についてなど質しました。

 

小中学校跡地の利用について平谷市長は「現在、県がグローバルリーダー育成校の新設事業を予定しており、旧 南小と旧 生口中を一体的に活用する候補地として提案している」と話しました。

 

今年度初めに必要な教員数が配置できていなかった事について佐藤教育長は「大きな課題として捉えている。来年度も厳しい状況が見込まれており、県教委との連携やハローワークへの求人募集、県内外の大学との連携など、問題解消に向けあらゆる手段を講じる」と話しました。

尾道高校 卒業式

尾道高校 第57回卒業式 2016年3月2日放送

 

尾道高校の第57回卒業式が、3月1日に向島町の校舎で開かれました。

 

卒業生は普通科167人、機械科34人、電気科26人の合わせて227人で、黒木 巌校長から各科の代表者に卒業証書が手渡されました。

 

また、高校生活の中で学業やクラブ、社会貢献活動などで活躍した生徒に表彰状が贈られました。

 

黒木校長は「途中で投げ出し、あきらめたりするのではなく、根気強く努力をし、真剣に生きていくことが大切」と式辞を述べ、加藤 晴彦理事長は「今日から大人の仲間入りです。どう生きるかを考え、自分を鍛錬する機会を求めていって欲しい」と励ましの言葉を贈りました。

 

在校生からの送辞を受け檀上に上がった卒業生代表の杉原 立樹君は、3年間の学校生活を振り返りながら答辞を述べました。

 

卒業生は、在校生と保護者から大きな拍手が送られる中、それぞれの夢に向かって新たなスタートを切りました。

市議会 総体質問

市議会 総体質問   2016年3月2日放送

 

尾道市議会2月定例会が3月2日に開かれ、4人の議員が総体質問を行いました。

 

最初に質問に立った創生会の宇根本 茂議員は、北前船の寄港地として他の地域との連携や、市のレンタサイクル事業の民間移管についてなど質問しました。

 

寄港地の取り組みについて平谷祐宏市長は、「尾道港が開港850年を迎える2019年に、北前船の寄港地フォーラムが尾道で開催できるよう誘致している。全国の寄港地にある尾道の資料も集め結びつきを深めていきたい」と話しました。

 

レンタサイクルの民間移管については「しまなみ海道を訪れる世界中の人が満足するサービスを提供する為、移管を判断した。貸し出しサービスに加え、自転車の更新頻度や整備レベルの向上、ツアーの企画運営、ICTを活用したサービスの実現など、利用者目線での利便性の向上を期待している」と語りました。

 

 

 

続いて登壇した誠友会の吉和宏議員は、都市圏の高齢者の移住を促し、地方での活躍につなげる日本版CCRCへの認識や、地域全体の観光を様々な団体と協同でマネジメントするDMO事業の状況についてなど質しました。

 

CCRCについて平谷市長は「都市と地方の問題解決を目指すもので、地方では雇用の創出や消費拡大にも繋がる可能性がある。尾道には高齢者の移住ニーズに応えられる十分な魅力があり、今後国の動向を注視しながら研究していきたい」と話しました。

 

また、DMOについては「今年度は対象とするエリア、役割と範囲、組織体制と運営財源について調査研究している。現在、DMOの対象エリアはしまなみ海道地域を考えており、2016年度に関連団体との合意形成を図って2017年度での設立を目指している」と答えました。

 

 

午後からも引き続き総体質問が行なわれました。

 

新和会の吉田尚徳議員は「女性に優しいまちづくり」として、不妊治療・再就職支援・児童扶養手当についてなど質問しました。

 

新年度から実施する尾道市独自の不妊治療の医療費助成について平谷市長は「体外受精などを除く一般不妊治療は夫婦ともに自己負担金の1/2の額を年間5万円を上限に2年間助成する予定で、市としては5年間で30人以上の新しい命が誕生することを願っている」と述べました。

 

又、「再就職を目指している子育て中の女性のため、セミナーや相談会・企業面接などを行なう。児童扶養手当を引き上げ、第2子加算なども増やす」と答弁しました。

 

 

日本共産党の魚谷悟議員は、市役所本庁舎の新築についてなど尋ねました。

 

懸念される庁舎周辺の液状化の対策について平谷市長は「土地の地盤特性に対する最適な工法として、杭を鋼管のついたコンクリート製にして、支持層まで到達させる」と答え、「そのための費用として、およそ6,000万円を試算している」と述べました。

 

総事業費については、今後100年使っていく事を目指して、より魅力的・機能的な庁舎となるよう基本設計に時間を要している。概算の事業費については出来るだけ早い時期に示せるように取り組みたい」と述べました。

吉和小 二分の一成人式

吉和小学校 二分の一成人式 2016年3月1日放送

 

10歳の児童が将来への決意を語る、二分の一成人式が2月9日、吉和小学校で開かれました。

 

二分の一成人式は、20歳までの折り返しの年齢にあたる10歳の児童が「将来の夢」や「志」を発表する催しで、吉和小の4年生45人が式に臨みました。

 

式辞で津田 秀司校長は、「今までの自分を振り返り、将来のことについてしっかり考えながら、夢を持って仲間と共に歩んで欲しい」と述べ、育友会を代表して作田 太さんが、「皆さんには、夢を叶えるための行動・努力を続けていってほしい」と激励しました。

 

4年生を代表して、大池 杏菜さんが、ペットショップの店員になりたいという将来の夢を語り、両親への感謝の言葉を述べました。

 

児童らはその後、教室に戻り、保護者らが見守る中、1人ずつ将来の夢や志を元気に発表しました。

プロレスラー特別授業

現役プロレスラーを招いた特別授業 2016年3月1日放送

 

現役プロレスラーを招いた特別授業が1月21日、向島中央小学校で行われました。

 

これは、2月21日に尾道市公会堂で開催されたプロレス興行に合わせて行われたもので、教室では5・6年生の児童131人が集まる中、プロレス団体「ドラゴンゲート」に所属するレスラー「しゃちほこBOY」が登場しました。

 

しゃちほこBOYは、児童たちにプロレスの魅力や楽しさを語りながら、「挫折・我慢・苦労!夢をあきらめない」をテーマにメッセージを贈りました。

 

その後、児童らは、しゃちほこBOYと一緒にマスクを被って決めポーズをしたり、写真撮影をしたりして交流しました。

 

親子で楽しめる健全なプロレスを目指すドラゴンゲートは2001年に兵庫県神戸市で設立。若い女性や子ども達にも人気のプロレス団体です。

 

所属選手は43人で、比較的体重の軽い選手が多いことからアクロバティックでスピード感あふれる試合が特徴です。

 

2011年には、東日本大震災復興支援のため、選手らがチャリティプロジェクトを立ち上げるなど、幅広く活動しています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中8ページ目