HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

パッチワーク展

横山泰子さんのパッチワーク教室 作品展 2016年4月28日放送

 

美ノ郷町三成の自宅でパッチワークの教室を開いている横山 泰子さんと生徒らによる作品展が5月9日から、横山さんの自宅を会場に開かれます。

 

今年で7回目となる作品展では、一般的なタペストリーや手提げかばん、人形などに加え、昔の商家の家紋を描いた作品などおよそ200点が展示されます。

 

パッチワークは、色や素材、柄などが異なる布を縫い合わせ作りあげる手芸品で、現在、教室では作品の制作作業が進められています。

 

横山さんらは、色合いなどを考えて選んだ素材を1つ1つ丁寧に縫い合わせ、アイロンで形を整えながら、丹精込めて作品を作っていました。

 

14年間にわたりパッチワーク教室を開いている横山さんは、着物など使わなくなった衣類を作品に仕立て直していて、「素材の柄などを活かしつつ、古い布が新たに作品として蘇るのがパッチワークの魅力です」と語っていました。

 

パッチワーク展の会期は5月9日(月)から15(日)までで、会場は美ノ郷町三成の横山さんの自宅です。

 

詳しくは、電話0848-48-0737 横山さんまでお問い合わせください。

 

横山さんのパッチワーク教室作品展

会期 5月9日(月)~15日(日)

場所 美ノ郷町三成1421(横山さん宅)

お問い合わせ 0848-48-0737  ※駐車場あり

尾道署 手ぬぐい贈呈

尾道警察署 老人クラブに手ぬぐい贈呈 2016年4月26日放送

 

尾道警察署は関係団体と協力して、特殊詐欺被害や交通事故の防止を呼び掛ける手ぬぐいを作り、4月21日、尾道市老人クラブに贈呈しました。

 

これは、高齢者の特殊詐欺被害や交通事故の件数が増えていることから、被害の防止を呼びかけるために行われたもので、門田町の総合福祉センターで開かれた老人クラブ連合会の総会で贈呈式が行われました。

 

式では、平谷 祐宏尾道市長や尾道市老人クラブ連合会 横山 節子会長、尾道警察署 濱田 紀之署長の挨拶に続き、尾道交通安全協会 亀田 茂登会長が、横山会長に手ぬぐい140枚を手渡しました。

 

手ぬぐいには、特殊詐欺被害と交通事故防止を呼びかける替え歌と、尾道署の連絡先が記されていて、贈呈後会場では、替え歌に合わせた体操も行われました。

 

尾道署菅内の今年の特殊詐欺被害の件数は4月26日現在、去年に比べ4件多い8件で、また、交通事故死亡者数は、去年に比べ2人多い4人です。

 

横山会長は、「地域の老人クラブで特殊詐欺被害防止の知識などを広めていきたい」と話していました。

尾道署 ステッカー贈呈

尾道警察署 尾道郵便局にステッカー贈呈 2016年4月26日放送

 

尾道警察署は、夜間に車を運転する際に、早めにライトを点灯する事を呼び掛けるステッカーを作り、4月13日、土堂2丁目の尾道郵便局に贈呈しました。

 

これは、夕暮れ時に交通事故が多いことから、郵便局の配達車輌にステッカーを貼り付けることで、早めのライト点灯を呼びかけようと行われました。

 

贈呈式では、尾道警察署 濱田 紀之署長が、尾道郵便局の中村 勉局長にステッカー130枚を手渡しました。

 

ステッカーはハガキサイズで、車のライトに照らされた高齢者のイラストが描かれ、「早めのライト点灯」の文字が記されています。

 

濱田署長は、「共同して交通事故防止の呼びかけを広めてほしい」と話し、中村局長は、「赤い車体にステッカーが映えるので、停車している車に見てもらえたら嬉しい」と話していました。

 

贈呈式の後、郵便局員たちは配達用のバイクと自動車にステッカーを貼り付け、安全訓練をして、それぞれの配達業務に出発していました。

 

尾道署菅内の今年の交通事故死亡者数は、4月26日現在、去年に比べ2人多い4人で、その内2件は夜間の事故で高齢者が死亡しています。

第73回みなと祭

第73回尾道みなと祭が4月23日・24日の2日間開かれ、市内一円で様々なイベントが行われました。

 

23日の開会前には、祭りの関係者らが参列して尾道港の発展に尽くした平山角左衛門の墓がある東久保町の浄土寺で法要を行い、平山奉行が祀られている海岸通りの住吉神社で祭りの無事を祈り祭典を執り行いました。

 

駅前ステージでは、開会セレモニーで、平谷祐宏市長と杢谷正樹実行委員長が挨拶。幼稚園のええじゃんSANSA・がり踊りが披露され、保護者らが我が子の姿を映そうと、カメラなどを手に会場に詰めかけました。

 

開会式後には、姉妹都市交流の郷土芸能が行われ、今治市の継ぎ獅子(つぎじし)や松江市の松江観光PR隊などが登場しました。

 

駅前ステージ周辺では屋台村やお茶席、日本遺産をPRするブースも設置され、賑わいました。

 

また、中国新聞のちゅーピー号も出動し、祭の特報を発行、配布しました。

 

その他にも、市役所周辺では、やまなみ街道沿線の郷土芸能披露や「バルタッテセカンド」と題した飲食スペースが設けられ、訪れた人たちが尾道水道の景色を楽しみながらお酒や食事を味わっていました。

 

海岸通りでは、初日に東京ディズニーリゾートによるパレードがあり、ミッキーマウスやミニーマウスなどを一目見ようと多くの人が集まりました。

 

みなと祭のメインイベント、ええじゃんSANSA・がり踊りコンテストでは、23日に一般・グランプリ部門、24日に幼・小・中部門の審査が行われました。一般グランプリ部門には60団体・およそ2,500人が参加し、それぞれ趣向を凝らした踊りを披露しました。グランプリ部門の優勝は尾道東高等学校で4連覇を果たしました。

 

2日目は幼稚園、小学生、中学生の45チームおよそ3300人が出場しました。小学校部門は、桜をイメージしたピンクのTシャツに金のポンポンを持って元気一杯に躍った栗原北小学校が11年ぶりに優勝しました。

 

中学生部門は、美木中学校が、4年ぶり3度目の優勝。桜模様の法被姿でうちわを手に生徒達が躍動感のある演技を披露しました。

 

その他、駅前ステージでは、伝統の踊り「正調三下(せいちょうさんさ)がり踊り」などもあり、多くの人が参加しました。

 

尾道みなと祭は、住吉浜の整備に尽力し尾道発展の礎を築いた江戸時代の奉行 平山角左衛門の功績を称え開かれている祭で、実行委員会によると今年は2日間で、31万人の人出があり賑わいました。又、尾道商業高校の生徒350人がボランティアスタッフとして参加し、祭りを裏で支えました。

 

ええじゃんSANSA・がり踊りコンテストやイベントなど祭の模様は、5月23日から2週間に渡って放送する予定です。お楽しみに!

みなと祭 ええじゃん結果

第73回尾道みなと祭 ええじゃんSANSAがり踊りコンテスト

【一般・グランプリ部門】 結 果

 

グランプリ部門

 

優勝  愛瑠4東 (尾道東高等学校)

 

2位  Studio UNITY (Dance Studio UNITY)

 

3位  スタジオ来夢 ((有)I WILL)

 

審査員特別賞  Team JSK (JSK)

 

審査員特別賞  踊ってPickりはじけ隊 (スタジオ Pick)

 

 

 

一般部門  最優秀賞  びさんじん (びさんじん)

 

いたしい部門   優勝  びさんじん (びさんじん)

 

えかりゃん部門 優勝   舞華蓮 (尾道商業高等学校)

 

ちぃとばぁ部門  優勝   翔舞 ( 尾道盛り上げ隊)

 

 

【小学校・中学校部門】 結 果

 

小学校の部門

 

優勝 栗北パワーズ (栗原北小学校)

 

銀賞 吉和鳴滝キッズ (吉和小学校)

 

銀賞 久保小ドラゴンキッズ (久保小学校)

 

銅賞 夢キラハッピーチーム (高須小学校)

 

銅賞 やまなみキッズ (山波小学校)

 

銅賞 木ノ庄東かかし隊 (木ノ庄東小学校)

 

 

中学校の部門

 

優勝 美木中~飛翔絢爛~ (美木中学校)

 

銀賞 しまっ子 (向島中学校)

 

銅賞 一笑入魂 (因北中学校)

 

銅賞 赤風連~Strive Hard~ (日比崎中学校)

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中1ページ目