HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

AFSの留学生とHFの交流

AFS尾三支部の交換留学生とHFの交流 2016年5月18日放送

 

AFS尾三支部の交換留学生としてデンマークから日本に留学している高校1年生のラスムス・マドゥスン・ザイツペルグ君が、向東町の廣瀬さん宅で生活をしながらホストファミリーとの交流を深めています。

 

3月に日本に到着したラスムス君は、現在、向島町の尾道高校に通っていて、12日には、学校から帰宅した後、ホストマザーの清美さんと、高校2年生のホストブラザー 詠太郎君と一緒に夕食を作りました。

 

ラスムス君は野菜の下ごしらえを担当し、詠太郎君に包丁の使い方を教えてもらいながら、上手に野菜を切っていました。

 

その後、ラスムス君と詠太郎君は、日本の文化を勉強する一環として毎日行っている花札をしました。

 

日本古来の遊びである花札は、48枚の札に日本の鳥や花が描かれていて、この日は手札と山札を組み合わせて役を作る「こいこい」というゲームをしました。

 

ラスムス君は、役の種類や得点が書かれた表を真剣に見ながら、「難しいけど、さまざまな日本的な絵が描かれた札があるのがおもしろい」と語っていました。

 

日本の言葉と文化を学ぶために留学したラスムス君は、尾道高校では剣道部と国際コミュニケーション部に所属。学校での授業やクラブ活動、廣瀬さん宅での生活を通して日々、日本への理解を深めています。

 

交換留学の支援を行なっているAFS尾三支部では、これまでに34カ国、合わせて107人の留学生を受け入れていて、支部長の岡野 司さんは、「今後も地域の国際交流の発展に尽力していきたい」と話していました。

おのみち因島除虫菊まつり

おのみち因島除虫菊まつり   2016年5月18日放送

 

島の特産物だった除虫菊の魅力を発信しようと5月7日・8日の両日、因島フラワーセンターで「おのみち因島除虫菊まつり」が開かれました。

 

このイベントは、2014年に広島・愛媛両県で開催された「瀬戸内しまのわ」を機に始まったもので、会場では除虫菊を使った線香作りや花摘み体験、島内の高校生らによる除虫菊の研究発表などがあり多くの来場者で賑わいました。

 

初日の7日には、千歯扱きという農機具を使って刈り取った除虫菊から花を梳きとるコーナーがあり、集まった子ども達が楽しそうに作業を体験していました。

 

除虫菊は、戦後化学薬品が広まるまでは、蚊取り線香や殺虫剤の原料として瀬戸内地域で盛んに栽培されていた薬用植物で、旧因島市では市の花に制定されるなど親しまれていました。

 

今回の除虫菊まつりは、因島に残る除虫菊の歴史や文化を後世に繋げようと活動している「因島除虫菊の里連絡協議会」が主催し、会場では金鳥のマークでお馴染みの大日本除虫菊の関係者による講演なども行われました。

 

連絡協議会 事務局の岡野八千穂さんは、「これからも除虫菊を通して島の魅力を発信し、子ども達にも継承していきたい」と話していました。

保健推進員 辞令交付式

尾道市保健推進員 辞令交付式 2016年5月17日放送

 

尾道市保健推進員の辞令交付式が4月27日、東御所町のしまなみ交流館で行われました。

 

保健推進員は、地域で健康づくりのための講演会や健康診断の呼びかけなどを行うボランティアで、尾道市では現在638人の保健推進員が活動しています。

 

式では、新任の25人と再任の391人を代表して、御調町の堀川 文雄さんと、瀬戸田町の寺田 福美さんに、平谷 祐宏尾道市長からそれぞれ辞令が手渡されました。

 

堀川さんは「市民の健康づくりに役立てられるよう、様々な情報を紹介していきたい」と話し、寺田さんは、「全員で楽しく地域の健康づくりに取り組んでいきたい」と話していました。

 

また、会場では、30年にわたりボランティア活動を続けてきた保健推進員29人を代表して、向島町の河岡 眞知子さんに、平谷市長から感謝状が手渡されました。

 

河岡さんは、「これからも多くの人の健康づくりに貢献していきたい」と話していました。

 

保健推進員は、生活習慣病の予防に関する講演会や料理教室の開催など、健康をテーマに様々な活動を行っていて、地域の健康づくりに貢献しています。

 

式の後、会場では、全体研修会として、平谷市長による、尾道市が取り組んでいる健康推進事業に関する講演などが行われ、参加者らが健康づくりへの知識を深めていました。

音楽と風景

音楽と風景 2016年5月17日放送

 

市内のおよそ40ヵ所で様々な音楽演奏が行なわれるイベント「音楽と風景」が5月3日(祝)市内中心部などで開かれました。

 

このイベントは、元広島交響楽団首席コンサートマスターの小島秀夫さんらが組織する実行委員会の主催で開かれたもので、尾道駅前緑地帯や長江口ゆとりの広場など公共スペースの他、「グリーンヒルホテル尾道」や「桂馬蒲鉾商店」などの飲食店で演奏が行なわれました。

 

フリーマーケットなどが開かれていた駅前の緑地帯では、アフリカの民族楽器「アサラト」や、しまなみジュニアオーケストラの子ども達の演奏が行なわれました。

 

尾道本通り商店街入り口の芙美子像前では「アルプフォルン」と呼ばれる管楽器の演奏があり、蔵田亜由美さんが、背丈の倍以上ある長いフォルンを操っていました。

 

演奏会場では、商店街で買い物などを楽しむ人が暫し足を止め、子ども達も興味津々で珍しい楽器にふれていました。

 

長江口にある「ゆとりの広場」では、松江市から訪れたメンバーが、スウェーデンの楽器「ブンネ」を使って、日本の童謡を演奏しました。

 

演奏は午前10時から午後8時頃まで行なわれ、市内中心部では、1日中音楽が溢れていました。

尾道国際ホテル ビアホール

尾道国際ホテル ビアホール 2016年5月16日放送

 

新浜1丁目の尾道国際ホテルで5月13日、恒例のビアホールがオープンしました。

 

初日には、オープニングパーティーが開かれ、仕事帰りのサラリーマンなどおよそ150人が一足早く夏の雰囲気を味わいました。

 

会場には、30種類以上のバイキング料理や20種類以上のドリンクなど、ホテルならではの豪華なメニューが並び、生バンドの演奏や大道芸のステージイベントも行われ、盛り上がりを見せていました。

 

国際ホテルの寺岡 靖治支配人は、「今年も数多くの料理や各種ドリンクを用意しているので、ぜひとも皆さんに楽しんでいただきたい」と話していました。

 

ビアホールは、9月中旬まで尾道国際ホテルの特設会場で開かれ、2時間食べ放題・飲み放題で大人3,800円、中高生2,300円、小学生1,900円、幼稚園以下は500円です。

 

また、土堂2丁目の尾道ロイヤルホテルでも6月1日からビアガーデンがオープンする予定で、どちらのホテルでも使える10枚綴りの入場チケットも販売されています。

 

詳しくは、電話0848-25-5931(代) 尾道国際ホテルまでお問い合わせください。

 

「尾道国際ホテルビアホール」

期間:9月中旬まで(18時~21時/内2時間食べ放題・飲み放題)

料金(税別):大人3,800円 中高生2,300円 小学生1,900円

幼稚園以下500円

前売り入場チケット:10枚綴り40,000円(税込)

問い合わせ:尾道国際ホテル0848-25-5931(代)

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中4ページ目