HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

台湾 自転車関連視察

台湾から自転車関連視察 2016年5月9日放送

 

台湾の自転車行政の関係者が5月7日・8日、しまなみ海道のサイクリングと関連施設の視察に訪れました。

 

今回尾道を訪れたのは、日本の国土交通省にあたる台湾交通部の蘇振維組長と、台湾にある世界有数の自転車メーカー「GIANT社」の経営者一族で、自行車新文化基金会の劉麗珠執行長らおよそ20人です。

 

一行は、尾道港のレンタサイクルターミナルと西御所町にあるサイクリスト向け複合施設「ONOMICHI U2」などを視察。台湾との経済的・文化的な交流に力を入れている平谷祐宏尾道市長が案内しました。

 

レンタサイクルターミナルでは、運営するレンタサイクル協会のメンバー達が対応し、貸し出しの仕組みや外国人観光客へのサービスについて説明しました。

 

担当者と平谷市長らは「増加する自転車利用者に民間と行政が知恵を出し合って進めています」と話していました。

 

ONOMICHI U2では、GIANTの直営店を見学し、ホテルの部屋まで自転車を持ち込める事など、サイクリストが利用しやすい環境について、担当者がPRしていました。

 

自行車新文化基金によると「しまなみ海道は、台湾の自転車道に比べて少し整備が遅れていましたが、ここ数年は外国人サイクリストのために外国語標識や、行き先や距離がわかるブルーラインの整備など力を入れたため」台湾からの視察要望も増えているということです。

 

駐車場とサイクルターミナルの場所が近いことについて、劉さんは「駅前で車を降りて直ぐ自転車を借りることが出来るのは、良い環境だと思います」と話していました。

第48回浦島まつり

第48回浦島まつり 2016年5月6日放送

 

子どもの成長と地域の安全を願う「第48回浦島まつり」が5月5日、美ノ郷町三成の「浦島神社」で行われました。

 

 

地域の親子連れなど多くの人が訪れる中、午前10時から式典があり、祝詞の奉上に続いて、地区内の小学6年生の女の子から選ばれた4人の巫女による舞いが奉納されました。

巫女の一人で三成小学校の山戸咲愛さんは「とても緊張しました」と話していました。

 

 

その後、大迫、才原、白江など8つの地区から参加した131人の子ども達が「わっしょい、わっしょい」と大きな掛け声で5基の神輿を担いで地域を練り歩いた後、拝殿前へ集合しました。

 

 

そして、各地区から選ばれた当人と呼ばれる5人の男の子の健やかな成長を願い、大人たちの手によって空高く持ち上げられました。

胴上げを受けた栗原北小学校1年の仲重柊晴くんは「楽しかったです」。父親の晴年さんは「元気に明るく育って欲しい」と話していました。

 

 

午後からは三成太鼓や、三成浦島音頭、ジャグリングなどのステージが披露されました。

 

 

浦島神社世話役の武内清治さんは「地域のボランティアによって支えられています。今後もこの伝統行事を大切にしていきたい」と話していました。

 

 

最後に恒例の餅投げが行われ、この日はおよそ400人がまつりを楽しみました。

JA尾道市 補助教材 贈呈

JA尾道市 教育委員会へ小学生向け教材 贈呈 2016年5月6日放送

 

JAバンクが取り組む「食農教育応援事業」の一環として4月19日、JA尾道市から尾道市教育委員会へ、小学生向けの補助教材が贈呈されました。

 

式には、JA尾道市の上野 泉組合長や尾道市教育委員会の佐藤 昌弘教育長らが出席し、補助教材の冊子とDVDが手渡されました。

 

上野組合長は「教材を通して農業への理解を深めて欲しい」と話し、佐藤教育長は「子どもにも分かりやすい内容なので十分に活用させていただきます」とお礼を述べていました。

 

JAバンクでは、2008年から全国の子ども達を対象に食農教育に取り組んでいて、JA尾道市でも毎年、補助教材の贈呈が行われています。

 

今回、贈呈されたのは「農業とわたしたちのくらし」と題した教材で、A4版 23ページの冊子1116部と、DVDが各校1枚ずつ、市内と世羅町の小学校に配布されます。

 

冊子とDVDには「食」や「環境」と農業との関わりをテーマに、生産や流通の仕組み、農産物の産地など幅広い情報が掲載・収録されていて、配布後は小学5年生の授業で農業への理解を深める補助教材として使われる予定です。

レンタサイクル 通訳サービス

レンタサイクル 通訳サービスなど開始 2016年5月2日放送

 

尾道市から委託され、レンタサイクル事業を運営している「しまなみレンタサイクル協会」は4月29日から、駅前の自転車ターミナルなどで、新しいサービスを始めました。

 

レンタサイクル協会は、地元企業などで組織されていている一般社団法人で、4月から市のレンタサイクル事業を運営。民間のノウハウを導入し、次々にサービスを打ち出しています。

 

29日からは、外国人観光客への対応を強化する為に、英語・中国語など5カ国語に対応できる、通訳サービスを開始しました。

 

タブレットやスマートフォンを活用したリアルタイムの映像通訳サービスで、ワンタッチでオペレーターが、外国人に対応します。

 

香港から訪れたカップルは、自転車の返却場所や保障料金などについて尋ね、通訳を介して、サイクル協会のスタッフが丁寧に説明していました。

 

その他にも、自転車のメンテナンスが出来る技術者が常駐し、利用者の体形に合わせた自転車の調整や、返却された自転車を直ぐにメンテナンスする体制を整え、利便性と安全性を高めています。

 

東京から来た4人組の女性グループには、メンテナンスの担当者がついて、長時間の走行でも疲れにくく、簡単に足が地面につくように、サドルを調整していました。

 

尾道市によると、2014年の観光客数は641万1529人で、外国人観光客は、13万1646人、何れも前年比で高い伸び率となっていて、主な要因はサイクリング客と見られています。

 

しまなみレンタサイクル協会の吉田代表理事は「ターミナルのスペースや電動自転車の拡充を進め、外国人観光客の増加にも対応していく、皆さんが安全に楽しく利用してもらえるように努めたい」と話していました。

商店街 免税カウンター

尾道本通り商店街に免税カウンター 2016年5月2日放送

 

尾道本通り連合会は、ヤマト運輸と連携して5月1日から商店街に免税の手続きを一括して行うカウンターを設けました。

 

商店街は免税一括カウンターを設けるのは県内初の取り組みで、当日開かれた開設式には、関係者らが出席して、テープカットなどでオープンを祝いました。

 

本通り連合会の中川潤会長は「消費喚起、外国人観光客の利便性の向上が期待できる。これからも尾道観光と買い物を楽しんでいただきたい」と挨拶しました。

 

直営店内にカウンターを設けるヤマト運輸の川上伸次支店長は、「お世話になっている尾道に恩返しが出来た」と述べ、平谷祐宏尾道市長と今岡寛信商工会議所副会頭が挨拶。テープカットが行なわれました。

 

免税カウンターでデモンストレーションがあり、外国人観光客役の2人が、領収書やパスポートを手に、免税の手続きを行ないました。

 

免税の対象となるのは、商店街の加盟店舗15店で5000円以上購入した場合で、レシートをカウンターに持ち込み、ヤマト運輸の外国語対応スタッフが手続きを行ないます。

 

1店舗での購入金額が5,000円に満たず、免税対象にならなくても、他店で購入した金額を上乗せできるメリットがあり、注目を集めています。

 

免税カウンターのあるヤマト運輸の支店内には、1階に日本遺産をPRする常設コーナーが設けられていて、2階の公開スペースでも、日本遺産の関連展示が行なわれています。2階のスペースは6月からフリースペースとして貸し出しが行なわれます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目