HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

特産いちじく出荷ピーク

特産いちじく出荷ピーク   2016年9月2日放送

 

尾道特産のいちじく「蓬莱柿」の出荷が最盛期を迎えています。

 

東尾道のJA尾道市 東尾道選果場には、8月上旬の初出荷以降、イチジクが次々と運び込まれ、連日作業員の手で選別・箱詰が行われています。

 

尾道特産の蓬莱柿は、柔らかい果肉や、バランスの良い甘味と酸味が特徴のイチジクで、JA尾道市によると今年は梅雨明け以降気温が高かったことなどから、甘みの強い美味しいイチジクに仕上がっているということです。

 

イチジクの出荷は10月下旬まで続く予定で、今年の出荷見込みはおよそ380トン。

箱詰めされたイチジクは、広島県内を中心に岡山や大阪、名古屋などの市場(しじょう)に出荷されます。

 

JA尾道市いちじく部会の髙橋 𣳾登部会長は「玉太りも良くおいしいイチジクに仕上がっている。近年は健康食品としても注目されているので、沢山食べて夏バテ解消にも役立ててほしい」と話していました。

石田造船コンサート

石田造船コンサート 2016年9月1日放送

 

造船所のドックを舞台にした音楽祭が8月11日、因島の石田造船で開かれました。

 

これは、石田造船が主催し、今年で2回目となるイベントで、ドックを会場に、地元の子ども達およそ350人による合奏や踊り、プロのアーティストによる演奏などが行われました。

 

オープニングでは、石田 正憲代表取締役が開会宣言を行い、くす玉が割られ華々しくイベントが始まりました。

 

音楽祭では、しまなみジュニアオーケストラや、因島南中学校ブラスバンド部による演奏などが披露され、観客からは大きな拍手が送られていました。

 

その他にも、東京のシンガーソングライター 都竹 宏樹さんによる、村上水軍をテーマにしたオリジナル曲の演奏や、夜にはフィナーレを飾る300発の打ち上げ花火が上がり、訪れた人たちは夏の休日を満喫していました。

 

石田造船によると、ドック内での音楽祭は日本では初めての試みで、船を通して地域に貢献し、因島の活性化に繋げようと石田造船が昨年初めて企画。尾道ラーメンや鉄板焼き、かき氷などの販売もあり、会場は多くの来場者らで盛り上がりました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中7ページ目