HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

消防技術 予選会

消防技術 予選会    2017年6月30日放送

 

中国地区消防救助技術指導会への出場をかけた、広島県東部と北部地区合同の予選会が6月22日、東尾道の尾道市消防局でありました。

 

予選会には、尾道市消防局のほか、福山、三原、備北の合計4つの消防本部から合わせて36人が出場し、日頃の訓練の成果を競いました。

 

会場では、尾道市消防局の石井浩一消防局長が「選手の方々には、各消防本部の代表として、しっかりと頑張ってほしい」と激励し、消防本部ごとに競技を行いました。

 

今回行われたのは、塔の上から2人一組で負傷者を救出する「引揚救助」と、ロープを渡って建物の間を移動し、要救助者を助ける「ロープブリッジ救出」の2つで、いずれも安全確実性と所要時間を競いました。

 

出場した隊員らは、見学に訪れた関係者や家族から声援が送られる中、役割ごとにきびきびとした動きで競技に臨んでいました。

 

競技の結果、「引揚救助」と「ロープブリッジ救出」の1位はともに福山地区消防組合消防局となり、尾道市消防局は惜しくも予選突破を逃しました。

 

救助技術指導会は、他地区の消防隊員が競い学ぶことで、消防救助活動に必要な体力や精神力、技術力を養うことなどを目的に開催されています。

三成小安全マップ作り講座

三成小学校 安全マップ作り講座 2017年6月30日放送

 

地域の防災情報などを書き込んだ安全マップの作り方を学ぶ講座が6月20日、三成小学校で行われました。

 

この講座は、地域の中にある自然災害が起きやすい場所などを書き込んだマップを作ることで、児童たちの防災意識を高めるために今回初めて行われました。

 

講座には、3年生46人が参加し、尾道市 総務部 総務課 生活安全係 専門員の山根 一洋さんが講師を務めました。

 

山根さんは、地震や土砂災害、津波など自然災害の危険性を説明し、「地震に備えて家具を固定する」「津波が来た時には高いところに逃げる」などの防災対策を紹介しました。

 

また、尾道市の防災マップを使い、三成小学校付近で土砂災害が起きやすい場所や、近くの藤井川が氾濫した際に被害が及ぶ範囲などを解説し、安全マップを作るポイントなども説明しました。

 

子どもたちは、メモを取りながら、真剣に話に聞き入っていました。

 

講座に参加した上川 昇真君は、「災害が起きた時のために、いろいろと注意することが必要だと分かりました」と話していました。

 

三成小の安全マップ作りは、総合学習の一環として1学期の始めから行われていて、防災情報の他に、道路の危険箇所なども書き込みます。

 

マップは1学期の終わりに完成する予定で、完成後は学校内で掲示されます。

海の環境・安全講習
海の環境・安全講習   2017年6月29日放送

子ども達へ、海の環境保全や水辺の事故防止を呼びかける講習会が6月19日、栗原町の尾道めぐみ認定こども園でありました。

 

これは、海洋環境保全推進月間となっている6月に、尾道海上保安部管内の幼稚園などを対象に行われているもので、めぐみ認定こども園では2歳から5歳の園児200人以上が参加しました。

 

講習会では、はじめに海上保安部の担当者が水辺で遊ぶ時の注意点や海の危険な生き物について説明し、「海やプールには子どもだけで行かない。遊ぶ時にも大人と一緒にいる。危ない所には近寄らない」の3つの約束を確認しました。

 

続いて、海に捨てられたナイロン袋を間違えて食べてしまうウミガメの話しが紙芝居で上演され、園児たちは真剣な様子で聞き入っていました。

 

その後、救命胴衣の装着体験やペットボトルを使った救命器具の説明があり、最後は海上保安部のイメージキャラクター「うーみん」が登場し、子ども達は海を守る大切さや水辺の注意点について楽しく学んでいました。

 

講習会は、プール開きや海開きが近づくこの時期に毎年開催されています。

デコパージュ作品展

デコパージュ展 2017年6月29日放送

 

イラストが描かれた専用の紙で様々な物をデコレーションする「デコパージュ」の作品展が7月7日まで、東御所町の「おのみちecoライフ館」で開かれています。

 

この展示会は、美ノ郷町でデコパージュの教室を開いている中島 千景さんの作品展で、会場には中島さんが制作した作品およそ50点が並んでいます。

 

中島さんは、3年前からデコパージュを始め、現在10人の生徒と作品作りに取り組んでいて、今回初めて作品展を開きました。

 

会場には、花や動物のイラストなどで色鮮やかに飾り付けられた小物入れやトレイ、皿やカバンなどが展示されています。

 

作品の中には、紙を張り付ける物に絵の具で色付けしたり、専用の道具を使って凹凸を付けたりするなど、細かい工夫が施された物が多く、訪れた人たちの目を楽しませています。

 

中島さんは、「デコパージュは絵を描くのが苦手な人でも短時間で簡単に飾り付けられるのが魅力の1つです」と話していました。

 

この作品展は7月7日まで「おのみちecoライフ館」で開かれていて、観覧は無料です。

 

現在、中島さんの教室では生徒を募集していて、作品展や教室の参加希望など詳しくは電話080-6313-7853中島さんまでお問合せください。

上本さんリサイタル

上本さんリサイタル   2017年6月28日放送

 

向東町出身のテノール歌手 上本訓久さんのテノールリサイタルが6月18日(日)、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

上本さんのリサイタルは、凱旋コンサートとして2年ごとに行われていて、今回は3部構成のステージとアンコール合わせて19曲を披露し、力強い歌声で集まった大勢の観客を魅了しました。

 

1部では、イタリア歌曲の「朝の歌」や中島みゆきの「糸」、オペラ トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」などバラエティー豊かなレパートリーで会場を盛り上げました。

 

第2部は、前回のコンサートにも出演したソプラノの遠藤紗千さんと登場し、ヴェルディ作曲の「椿姫」ジョルダーノ作曲の「アンドレアシェニエ」を披露。美しいハーモニーに客席からは大きな拍手が送られていました。

 

第3部では、イタリアのラブソング「泣かないお前」やナポリ民謡の「カタリカタリ」など5曲を披露し、最後はコンサートで恒例の曲「グラナダ」をアンコールで歌いました。

訪れた人たちは、会場いっぱいに響く上本さんの歌声に大きな拍手で応えていました。

 

このコンサートの模様は7月3日からのちゅピCOMおのみちスペシャルで放送します。

どうぞお楽しみに。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中1ページ目