HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

コロンビア芸術家作品発表

コロンビアの芸術家 尾道で作品発表 2017年6月12日放送

 

コロンビア出身の芸術家、ダニエル・シルバさんが6月8日、東土堂町の光明寺会館で制作した作品を発表しました。

 

シルバさんは、2014年にロンドン芸術大学の修士課程を主席で卒業後、イギリスを中心に活動している芸術家で、物や空間を一つの作品として表現するインスタレーションという手法で制作活動を行っています。

 

尾道の町の雰囲気に惹かれたというシルバさんは、光明寺会館が芸術家にアトリエを貸し出しているプログラムに応募し、5月から尾道で作品を制作していました。

 

発表された作品は、6月18日から東京都で開かれるシルバさんの個展に出品されるもので、電線に例えたゴムロープに、人間の胃を表した尾道帆布の袋をぶら下げた作品や、尾道水道の海水を使った作品など、制作中の物を含めて10点が公開されました。

 

作品発表には、平谷 祐宏尾道市長や、ガブリエル・ドゥケ駐日コロンビア共和国特命全権大使も参加し、シルバさんが作品を解説しました。

 

作品は1日のみの公開となり、シルバさんは、「尾道は風景がとても綺麗で、滞在前から興味がありました。制作にも熱中でき、芸術家人生に大きな影響を与えてくれました」と話していました。

 

シルバさんの個展は、6月18日から、東京都墨田区のギャラリーで開かれます。

尾道の郷土玩具展

尾道の郷土玩具展    2017年6月9日放送

 

尾道に伝わる郷土玩具の展示会が、6月9日から土堂1丁目の尾道商業会議所記念館で開かれています。

 

「メイド・イン・オノミチ・トーイ ものづくり職人が造った郷土玩具」と題して11月8日まで行われる企画展で、地域の風習やお祭りなどにまつわる玩具およそ50点が並んでいます。

 

北前船などを象ったとされる田面船(たのもぶね)は、旧暦の8月1日 八朔の日にあるタノモ祭りにちなんだ玩具で、車輪付きの船を曳いて地域の氏神にお参りする習わしが伝わっています。

 

尾道祇園祭で登場する三体みこしをモチーフにした玩具は、およそ10センチのミニチュア神輿や、糸車の仕掛けで幟の周りを神輿が回るものがあり、祭りへの愛着も感じられます。

 

この他にも、ベッチャー祭りに合わせ、屋台などで売られていたというベタ・ソバ・ショーキーの面や、三体の鬼神が手に持つ祝い棒・ササラ竹なども合わせて展示されています。

 

展示会は、郷土玩具を通して尾道の商業活動を担った木工職人にスポットを当て、職人のまち尾道の一端に触れてもらおうと企画されたもので、訪れた人たちは興味深そうに手作りの玩具に見入っていました。

 

企画展「メイド・イン・オノミチ・トーイ ものづくり職人が造った郷土玩具」の会期は11月8日まで、入館は無料です。開館時間は午前10時から午後6時まで、毎週木曜日が休館です。

尾高ラグビー部7人制 県優勝

尾高ラグビー部7人制 県優勝 2017年6月8日放送

 

広島県高等学校総合体育大会7人制ラグビーの決勝が5月27日(土)、広島市の広島総合グランドで開かれ、尾道高等学校が優勝し、全国大会出場を決めました。

  

大会には県内から10校が出場、トーナメント戦で優勝を争い、尾道高校と崇徳高校が決勝に勝ち進みました。

 

試合は、キックオフ直後に崇徳高校がトライを決めましたが、体勢を立て直した尾道高校が前半に2トライをあげその後は、優位に試合を進めました。

 

尾道高校は後半戦も7人制ラグビーの魅力であるコートを広く使ったチームプレーやスピード・個人技を生かした攻撃で3トライあげました。

 

結果、35対19で尾道高校が勝ち、7月に東京で開催される7人制ラグビーの全国大会「アシックスカップ2017」への出場を決めました。

 

外国人 自転車講習会

外国人 自転車実技講習会 2017年6月8日放送

 

尾道造船で働く外国人研修生を対象にした、自転車実技講習会が6月7日、向東町の尾道自動車学校でありました。

 

これは、近年、自転車での交通事故が増えていることから、市内で働いている外国人にも日本の交通ルールを知ってもらおうと、尾道造船、尾道自動車学校、尾道交通安全協会、尾道警察署の4団体が共催したもので、今年で2回目です。

 

講習会には、造船所に自転車で通勤している8人が参加し、尾道警察署 交通課の三阪 実交通総務係長が、自転車に乗る前の安全点検について説明しました。

 

また、教習用コースでは、横断前の左右の確認や一時停止、交差点内の2段階右折など実技講習が行われ、参加者たちは、真剣な様子で説明を聞いていました。

 

尾道警察署によると、今年、管内で起きた自転車の人身事故は、4月末現在15件で、昨年に比べると減少していますが、近年のサイクリングブームの影響で利用者が増えていることから、尾道警察署では自転車のマナーアップに力を注いでいます。

 

尾道造船 人事部人事課の藤原 直樹課長は、「日本の交通ルールやマナーを正しく理解してもらい、地域住民の模範になってもらえれば幸いです」と話していました。

東高生AFS留学生と交流

東高生AFS留学生と交流 2017年6月7日放送

 

交換留学を支援するAFS日本協会のオリエンテーションが5月27日、尾道東高等学校などであり東校生が留学生を英語で案内しました。

 


このオリエンテーションは、県内の高校で学ぶ海外からの留学生と尾道東高校の生徒が交流してお互いの語学力の向上を図ることを目的として行なわれています。

 

9回目となる今回は、東校の国際教養コース1年生36人と、タイ、オーストラリア、アルゼンチンなどの留学生9人が参加しました。

 

グループに分かれて自己紹介した後、東高生が案内したい尾道のスポットを英語で紹介し、コースを案内して廻りました。

 

案内した松屋悠希くんは「説明しようとした英語がなかなか出てこなかった」と話し、宮恵さんは「交流しながら市内を廻ることができて、楽しかったし、英語の勉強になった」と話していました。

 

倉田雄二司校長は「外国人との最初のコミュニケーション授業で、英語の楽しさや伝える事の難しさなどを学んでくれた」と今後に期待していました。

 

尾道東高校では、10年ほど前からAFSと連携して、留学生との交流を続けています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中6ページ目