HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

村上恭和さん卓球教室

村上恭和さん卓球教室 2018年1月15日放送

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックで卓球女子団体を銅メダルに導いた、向東町出身の元日本代表監督、村上恭和さんによる卓球教室が1月13日、向島中学校でありました。

 

卓球教室は尾道市の主催で行なわれたもので、開会に先立ち、教室の運営に協力する日本ペイントホールディングス株式会社から卓球台やラケットなどが尾道市に寄贈されました。

 

開会式では、平谷祐宏尾道市長の挨拶に続き、村上さんが「卓球は本当に楽しいと思ってもらえるように頑張りますので、皆さんも一生懸命取り組んでください」と挨拶しました。

 

教室には、尾道市内の小中学生およそ80人が参加し、8グループに分かれて、ラリーの練習などを行いました。

 

村上さんが代表を務めるジュニアのクラブチームに所属している向東出身の中学生、東川陽菜さんと、リオオリンピックで村上さんのマネジャーを務めた三原孝博さんも参加して、子ども達を指導しました。

 

参加者は、卓球台から少しはなれた位置で強いボールを打つ練習や、フォアハンドやバックハンドなどを効率よく習得できるラリーなど、村上さんからアドバイスを受けながら取り組んでいました。

 

最後に、全員での記念撮影やサイン会などもあり、和やかな雰囲気で、教室は終了となりました。村上さんは「子どもの頃は、卓球の上達が早いので、たくさん練習してほしい」と話していました。

山波神明祭「とんど」

山波神明祭「とんど」  2018年1月15日放送

 

参加者が担ぎ、勇壮に練りまわす「とんど」、山波神明祭「とんど」が1月14日、山波小学校で行なわれました。

 

会場には、当番地区が制作した「とんど」2基と、子ども会の2基の合計4基が並び、きらびやかな飾り付けに多くの人が見入っていました。

 

開会式では、当番地区である倉内と今免北地区の代表者がそれぞれ挨拶し、鏡開きの後、乾杯が行なわれ、勇壮な「とんど」担ぎが行なわれました。

 

今免北地区の「とんど」には、戌年に合わせて、桐の木で、白色の犬の飾りが付けてあり、口や尻尾が動く仕掛けが施されていました。

 

倉内地区は、竹で組んで、紙を貼り付けて制作した茶色の犬で、可愛らしい姿が注目を集めていました。

 

大人の「とんど」は1基およそ350kgで、40人から50人が交互に担いでグラウンドを練り歩き、子どもの「とんど」も幼稚園児や小学生が、寒さに負けず、元気に担いでいました。

 

担ぎ終わった「とんど」は、火がつけられ、今年の恵方である南南東(なんなんとう)に倒されました。

 

火が弱まると、訪れた人たちは、持ち寄った「注連飾り」や「書初め」、「お餅」などを焼いていました。

 

「とんど」の火で焼いた餅を食べると1年間元気に過ごせると云われていて、集まったおよそ1000人の人たちは、今年一年の家内安全や無病息災を願いました。

商品開発・管理学会 講演

商品開発・管理学会 講演 2018年1月12日放送

 

商品開発・管理学会の第29回全国大会が11月18日、尾道市立大学であり、尾道の桂馬蒲鉾商店や、マツダの商品開発に関する講演会が行なわれました。

 

学会に所属する尾道市立大学・経済情報学科の小川長教授が司会を務め、中谷武尾道市立大学学長が歓迎の挨拶を行ない、講演が始まりました。

 

およそ50人の学会員を前に、桂馬蒲鉾商店の村上博志代表取締役社長が話を進め、創業100年を超えた商店の成り立ちなどを紹介し、商品開発について語りました。

 

続いて、元マツダの商品企画部長の魚谷滋己さんが登壇し、マツダの車が発売に至るまでの流れなどを企画段階から詳しく話しました。

 

普段聞く事の出来ない、付加価値を生む商品の開発に関しての講演とあり、参加した人たちは、熱心にメモを取りながら聞き入っていました。

 

この講演会の模様は1月15日からの「ちゅピCOM11chおのみちアカデミー」で放送予定です。お楽しみに。

市民合唱団 定期演奏会

尾道市民合唱団 定期演奏会 2018年1月11日放送

 

尾道市民合唱団の第38回定期演奏会が、11月に東御所町のしまなみ交流館でありました。

 

会場では、景山 勝博団長率いるおよそ30人のメンバーが美しい歌声を響かせ、1部では混声合唱曲集「落葉松」から4曲を歌いました。

 

2部ではオペラ名曲集と題して歌劇が披露され、団員たちが手作りの小道具を使って見応えのあるステージを作り上げていました。

 

最後に「懐かしの歌ア・ラ・カルト」というテーマで、「北の国から」、「男はつらいよ」など聞き馴染みのある6曲に加え、アンコール曲で会場を沸かし、観客席からは大きな拍手が送られていました。

 

この演奏会の模様はコミュニティチャンネルで14日(日)まで放送中です。ぜひご覧ください!

尾道市 成人式

尾道市成人式 2018年1月10日放送

 

2018年尾道市成人式が1月7日、栗原町の「びんご運動公園」で開かれ、尾道市では男女合わせて1,305人が新成人としてのスタートを切りました。

 

今年の式には、男性466人、女性478人の合計944人が出席しました。オープニングで、尾道ベッチャー太鼓のメンバーが2曲を演奏し、メンバーの高校生が新成人へお祝いの言葉を贈りました。

 

式では、佐藤昌弘教育長の開式の辞に続き、平谷祐宏尾道市長が式辞を述べました。

 

そして、昨年、尾道市小中学校芸術祭合唱コンクールでグランプリを受賞した、高須小学校の児童が新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

その後、新成人を代表して、向島中学校出身で現在自衛隊員の岡龍ノ介さんと、将来尾道の文化財を守る目標を持ち、奈良県の大学で学んでいる柿本真琴さんが二十歳の誓いを述べました。

 

最後に新成人が、およそ6年前当時の中学校合唱コンクールで歌った合唱曲「風の中の青春」を全員で歌いました。

 

今年は、1997年4月2日から1998年4月1日までに生まれた男性670人と女性635人の合計1,305人が成人の日を迎え、昨年に比べて6人増加しました。

 

<< 1 2 >>
2ページ中1ページ目