HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

玉蘊忌

玉蘊忌   2018年6月26日放送

 

江戸時代に尾道で活躍した女流画家、平田玉蘊の命日法要が6月20日、菩提寺である西土堂町の持光寺で営まれました。

 

当日は、平田玉蘊顕彰会の会員や市民などおよそ40人が参加し、松岡昭禮住職が読経する中、参列者が順に焼香をあげ、その後境内の墓前に手を合わせ玉蘊の遺徳を偲びました。

 

法要後には、尾道市立中央図書館館長で、新しく顕彰会の会長に就任した奥田浩久さんが「よみがえる平田玉蘊」と題して講演しました。

 

奥田会長は、江戸時代の有名画家を紹介した当時の画集の中に、14歳の玉蘊の絵が掲載されている事や、現在の松永周辺で力を持っていた豪商、山路家から依頼されて描いた蛭子像など、近年発見された作品をもとに玉蘊の画業を解説。「玉蘊は、当時全国的にも有数の女性画家で、地元の有力者らに支えられながら画業に励んでいたことが分かる」と話し「今後も、顕彰会として玉蘊の作品の発見、アーカイブ化を進め、更なる画業の把握に努めたい」と抱負を語っていました。

 

平田玉蘊は、江戸時代後期に名をはせた当時では珍しい独立した女性画家で、頼山陽や菅茶山など文人墨客とも交流し、現在でも多くの市民に「玉蘊さん」として親しまれています。

尾道七佛めぐり

尾道七佛めぐり 2018年6月25日放送

 

お坊さんの案内で尾道市内の7ヶ所の寺を巡るツアー「尾道七佛めぐり」が6月22日、23日の両日行われました。

 

七佛巡りは、仏教の教えや尾道の歴史に親しんでもらおうと、市内の7ヶ寺と尾道観光協会の主催で毎年行われていて、今回は市内外から11人が参加しました。

 

初日はJR尾道駅前を出発し、東久保町の海龍寺や浄土寺など4ヶ所の寺を巡りました。

 

海龍寺では、県の重要文化財に指定されている木造千手観音立像が特別に公開され、参加者たちは、普段目にすることができない貴重な秘仏に、静かに手を合わせていました。

 

浄土寺では、尾道市文化振興課の西井 亨さんが、寺の特徴や尾道の歴史などについて解説し、参加者たちは興味深そうに話に聞き入っていました。

 

今回の七佛めぐりは、7回目の開催を記念して、お守り作りなど通常より多くの体験メニューが盛り込まれていて、参加者たちは体験を楽しみながら、尾道の町や寺の歴史について理解を深めていました。

 

呉市から参加した女性は「尾道には寺が多く歴史を感じる。港町として北前船の寄港地だったことも興味深い」と話していました。

第28回あじさいき

第28回あじさいき    2018年6月25日放送

 

尾道ゆかりの作家、林芙美子を偲ぶ「あじさいき」が6月24日、東御所町の芙美子像前などであり、芙美子の愛したアジサイの献花や母校の児童らによる合唱などが行われました。

 

「あじさいき」は、地元のファンたちでつくる「あじさいの会」と、尾道本通り連合会が主催し、毎年、命日の6月28日に近い日曜日に開かれています。

 

会場では、尾道本通り連合会の神原栄会長の挨拶に続き、芙美子の母校である尾道東高校と土堂小学校の生徒・児童らが合唱や朗読を行いました。

 

尾道東高校吹奏学部は、芙美子が通っていた当時の尾道高等女学校の校歌を歌い、土堂小学校の4年生の児童は合唱と、代表作「放浪記」の一節を読み上げました。

 

続いて、あじさいの会のメンバーが、「カチューシャの唄」や「宵待草」など当時流行した曲を歌やフルートなどの演奏で披露し、来場者らの手で、あじさいの花が芙美子像に献花されました。

 

式典後には、今年から始まった「尾道あじさい色プロジェクト」の活動もあり、プロジェクトのメンバーが献花された花を挿し木にしておよそ350鉢を市民に配りました。

 

商店街の店舗や広場などでは、あじあいきの一環として、三癸亭賣茶流尾道仙友会によるお茶会や、コンサート、着物の着付け教室なども開かれました。

 

「あじさいき」は今年で28回目の開催で、主催者発表によると今回は過去最高となる延べおよそ300人が来場しました。

 

この他にも、今年は生誕115周年に合わせて、芙美子の幼少期や親交が深かった井伏鱒二に送ったはがきの内容などを紹介する「林芙美子を語る会」も行われました。この会の模様はちゅピCOMおのみちで9月に放送予定です。

メキシコ JP元代表から指導

メキシコ女子ソフト選手団 元日本代表から指導を 2018年6月22日放送

 

2020年の東京オリンピックを目指し、尾道市で合宿中のメキシコ女子ソフトボール選手団が6月20日、元日本代表選手から手ほどきを受けました。

 

選手達が宿泊している御調町の尾道ふれあいの里にある「屋内ゲートボール場」で練習があり、北京オリンピックで金メダルを獲得した元女子ソフトボール日本代表の乾絵美さんと、廣瀬芽さんが指導しました。

 

最初にキャッチボールで体を動かし、その後にキャッチャー、内野手、外野手の練習などが行われました。

 

元キャッチャーの乾さんは、北京オリンピックで活躍した上野由岐子投手の女房役として金メダル獲得に貢献。練習では、外野からホームへ返球する連係プレーの際のコツや、キャッチャーミットの構え方など具体的に指導していました。

 

北京オリンピックの決勝でのファインプレーが記憶に残る内野手の廣瀬さんは、捕球や送球の際の体の動かし方などを熱心に教えていました

 

メキシコの選手達は、熱心に話しに聞き入り、休憩中も体を動かして指導内容を確認するなど、技術の習得に取り組んでいました。

 

メキシコ選手団は、23日まで尾道に滞在します。

尾道市防災会議

尾道市防災会議   2018年6月22日放送

 

2018年度尾道市防災会議が6月12日、門田町の総合福祉センターで開かれ、地域防災計画の修正案や事業計画などを報告・決定しました

 

防災会議は、市の防災計画を協議する場として年に1回開かれていて、会場には警察や消防などのほか国や県の出先機関、電気・ガスなどライフラインに係わる事業者、尾道市の関係者など合わせておよそ60人が出席しました。

 

今回の修正は、5月にあった広島県の地域防災計画の変更を受けて行われたもので、合わせて22項目が修正されました。

 

修正の主なものは、避難の際に配慮が必要な高齢者や障がい者、乳幼児などが利用する施設の避難体制の強化や、気象台からの危険度分布情報の提供、人とペットの災害対策ガイドラインの改訂などです。

 

危険度分布情報は、気象庁が昨年から取り組んでいるもので、低い土地の浸水や中・小規模の河川での増水、氾濫などについて、実際に危険度が高まっている場所が広島地方気象台から発表されます。

 

2018年度の新規事業としては、災害時の情報伝達手段としてコミュニティーFMの電波状況の調査。緊急性の高い国からの情報を伝達するJアラートの新型システムの導入などがあります。

 

今年度の全市一斉避難訓練は、大雨による洪水や土砂災害を想定して9月2日に実施され、市内の自主防災組織、町内会、尾道市消防局や消防団などおよそ5000人が参加する予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中2ページ目