HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

中学生女子ソフト全国へ

中学生女子ソフト全国へ    2018年8月3日放送

 

全日本中学生男女ソフトボール大会に広島県代表で出場する栗原ソフトボールクラブの選手らが8月2日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問し、大会での健闘を誓いました。

 

栗原ソフトボールクラブは、尾道と福山、三原の女子中学生19人が所属するクラブチームで、市長室には、尾道市内の中学校に通うメンバー10人とコーチや保護者らが訪れました。

 

大会は、全国から予選を勝ち上がった中学校のソフトボール部やクラブチーム48チームが出場する大会で、栗原ソフトボールクラブは7月に東広島市であった県予選を制して、3年ぶり2回目の出場を決めました。

 

チームは、つながりのある攻撃力が持ち味で、現在は大会に向けて週4日、松永や尾道市内のグラウンドでバッティング主体の練習を行っています。

 

チームのキャプテンで栗原中学校3年の有田麗さんは、「優勝を目指して頑張りたい」と意気込みを話し、平谷市長は「栗原の名前を全国に広めて来てほしい」と期待していました。

 

大会は8月11日から13日まで大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲で行われます。

チョークアート展

チョークアート展 2018年8月3日放送

 

向東町の大原郁香さんのチョークアート作品展が8月15日まで、西土堂町の画廊喫茶 孔雀荘で開かれています。

 

チョークアートは、特殊な塗料を施したブラックボードに、オイルパステルで描くアートで、飲食店のメニューボードなどにも使われています。

 

大原さんは、向東町でチョークアートの教室を主宰しながら作品制作に取り組んでいて、尾道市や東京都で個展を開くなど精力的に活動しています。

 

今回は、7月に豪雨災害に遭った尾道市民を元気づけようと、明るい色を使ったものを多く並べていて、初公開の作品を含む19点を展示しています。

 

観音菩薩や蓮の花などを描いた新作は、綺麗な心で再び前へ進んでほしいという復興の願いが込められていて、表面にキラキラとしたラメをあしらうなど新たな技法に挑戦しています。

 

この他にも、アクリル絵の具を使ったものや、色の付いた部分を削って模様を表現した作品、額縁を工夫したものなど、大原さん独自の新しい手法で描かれた作品もあり、訪れた人たちの目を楽しませています。

 

作品展の会期は8月15日までで、場所は西土堂町の孔雀荘です。

 

現在、大原さんのチョークアート教室では生徒を募集しています。

 

詳しくは、080-6317-0908大原さんまでお問い合わせ下さい。

「尾道を描く」写生大会

高校生「尾道を描く」写生大会 2018年8月2日放送

 

広島県内の高校生たちが尾道の風景を描く写生大会が8月1日から3日まで、市内中心部で行われています。

 

これは、県内の高校の美術部員たちが、期間中、尾道市内の海沿いや商店街、寺など自分の決めた場所で風景画を描く大会で、今回で23回目です。

 

尾道市内の高校も含め、今年は30校からおよそ240人が参加し、作品制作に取り組んでいます。

 

2日目となる8月2日も、市内各所で生徒たちがキャンバスを広げている姿が見られ、道行く人達も、一生懸命描いている学生たちに関心を示していました。

 

連日の猛暑が続く中、生徒たちは日陰などに入りながら、作品を仕上げるため真剣な表情でキャンバスに向き合い筆を走らせていました。

 

大会は、広島県美術連盟が、美術部員の交流と技術の向上を目指して毎年開いているもので、生徒らに飲み物の差し入れをする住民もいるなど、尾道市民にも馴染みの行事となっています。

 

最終日には、久保1丁目の尾道市市民会館で作品の審査と表彰が行われ、入賞した作品は11月6日から11日まで、広島市の広島県立美術館で展示されます。

いんのしま水軍花火大会

いんのしま水軍花火大会 2018年8月1日放送

 

 

瀬戸内をバックに打ちあがる「いんのしま水軍花火」大会と関連イベントが7月21日、因島の土生港周辺でありました。

 

花火打上げ開始の午後8時半を前に、「おまつり広場」と題したイベントがあり、因島の物産品の販売や、美味しい食べ物の販売があり賑わいました。

 

その他、豪華賞品が貰えるスタンプラリーや、カラオケ大会などがあり、盛り上がっていました。

 

花火は、土生港の沖合いの台船から、およそ2,500発が打ちあがりました。間を置かず、一気に打ちあがる花火に観客からは大きな歓声が上がっていました。

 

この花火大会の模様は8月13日からダイジェスト放送する予定です。お楽しみに。

全国小学生陸上大会 出場

全国小学生陸上大会 出場    2018年8月1日放送

 

第34回全国小学生陸上競技交流大会に出場する尾道市内の児童4人が8月1日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問し、大会での健闘を誓いました。

 

市長室を訪れたのは、向東小5年で男子100メートルに出場する小田原功汰君、日比崎小6年で男子80メートルハードル出場の神重翔央君、山波小6年で男子走り幅跳び出場の松本陽汰君、そして、吉和小6年で女子100メートルに出場の坂井実夢さんの4人です。

 

全国大会には、毎年県予選会で優勝した選手が出場していますが、豪雨災害で大会が中止となったため、今回は各種目で予選会までに県内トップの成績を上げていた選手が選ばれました。

 

代表メンバーには、男女それぞれ7種目に合わせて22人が選ばれ、尾道市内から4つの種目の選手が出場するのは過去最多です。

 

市長室を訪れた児童たちは、「自己ベストを出したい」「表彰台に登りたい」などと大会での目標を話し、平谷市長は「自信を持ってベストを尽くしてほしい。いい報告が聞けることを期待しています」と激励しました。

 

大会は、8月17日と18日の2日間、神奈川県横浜市の日産スタジアムで開催されます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中7ページ目