HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

みあがりおどり 奉納

みあがりおどり奉納 2018年9月6日放送

 

 

御調町の高御調八幡神社で9月2日、4年に一度となる広島県無形民俗文化財の「みあがりおどり」の奉納がありました。

 

 踊りの奉納前に拝殿などで神事が行なわれ、地元の小学生が巫女舞を披露しました。

 

御調町の4つの地区から氏子たちおよそ100人が鉦と太鼓を響かせながら神社の鳥居前に集合し、リーダー役の「頭」(かしら)を中心に、輪になって太鼓を叩きました。

 

その後、およそ200段の石段を太鼓を叩きながら登り、最後に境内で踊りを奉納しました。

 

みあがりおどりは、平安時代の田楽を源流に、雨乞いの踊りとして広まったとされています。

 

戦争などで一時途絶えましたが、1966年に広島県の無形民俗文化財に指定され、1994年に復活しました。

議会一般質問

議会一般質問   2018年9月6日放送

 

昨日に続き、尾道市議会の第4回定例会が9月6日に開かれ、7人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、新和会の議員2人が質問に立ちました。

 

宮地寛行(みやちひろゆき)議員は、教育委員会の中期計画にある2017年度からの学校の統廃合について、因島や向島・御調地区の計画が進んでいない状況を指摘した上で「計画の変更や進んでいない状況について、学校関係者や保護者に説明すべきでは」と指摘しました。

 

佐藤昌弘教育長や担当部長は「計画した当初と状況が様々に変化し、現状は中期計画の実施について具体的な方向性が定まっていない。早い段階で方向を示せるように、教育委員会でも協議していきたい」と述べました。また、耐震化の課題がある久保・長江・土堂の3小学校について、長江中学校への移転改築や耐震補強のほか、新たに久保小学校を学校敷地の西側に移転した上で3校を統合する選択肢を示しました。

 

午後からは、公明党の2人と尾道未来クラブの3人の議員が登壇。公明党の福原謙二議員は「電子納税」についてなど質問しました。

 

平谷祐宏尾道市長は、税金などの電子収納について「スマートフォンの決算アプリを活用した新たな方法の導入を検討している」と答えました。

 

荒川京子議員は、豪雨災害に関連して断水の原因となった取水場の対策についてなど質しました。

 

平谷市長は「沼田川において、取水場の複数化や、藤井川における取水設備の拡張を広島県に要望した」と述べました。

 

尾道未来クラブの石森啓司議員は、避難所のトイレについて、利便性が高い洋式へ変更することを質問・要望しました。

 

平谷市長は「避難所のトイレは現在、洋式が513基、和式が479基で、全体では50%を超えている。その内の小学校の体育館については、平成31年度末までに50%以上の洋式化が完了する予定」と答えました。

尾道LC 義援金贈呈

尾道ライオンズクラブ 義援金贈呈 2018年9月5日放送

 

尾道ライオンズクラブは8月27日、西日本豪雨災害の復興支援として、尾道市へ義援金を贈りました。

 

市長室を訪れたクラブの御藤 良基会長は、平谷 祐宏市長に義援金を手渡し、「1日も早い復興を願っています」と述べました。

 

今回の贈呈は、尾道ライオンズクラブが国際協会の一員となり60周年を迎える記念事業の一つとして行われたもので、松江ライオンズクラブからの見舞金20万円と合わせて120万円が贈られました。

 

義援金を受け取った平谷市長は「復興のために有効活用させていただきます」と感謝を述べていました。

議会一般質問

議会一般質問 2018年9月5日放送

 

 

尾道市議会の9月定例会が5日に開かれ、8人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、創生会の議員5人が登壇し、7月にあった豪雨災害に関する質問が多く上がりました。

 

飯田照男議員は、断水の際、多くの地域で井戸が利用されたことを踏まえ、市内の井戸のマップを作ってはどうかと提案し、平谷祐宏市長と市の担当者は「今回の災害で、井戸の重要性は十分認識した。現在、地域で使うことができる個人の井戸の登録制度について検討している」と述べました。

 

岡野斉也議員は、断水に伴う一時的なしまなみ海道の橋代無料化措置について、期間中の利用台数や無料化による費用負担などについて質問。平谷市長は「しまなみ海道の無料化は災害復旧と被災者支援の観点から対応をお願いした。利用台数は公表されておらず、尾道市からの費用負担などは発生しない。災害時の無料対応については、国に恒久的な制度作りを要望したい」と答えました。

 

災害時の防災情報の周知について質問した宇根本茂議員に平谷市長は「防災情報については、防災無線やFMおのみち、市のHPのほか安全安心メール、市の公式LINEで発信している。現在、新たな情報伝達システムの基本計画を策定中で、2020年度までに整備する予定」と述べました。

 

午後からは、平成会の3人が登壇し、豪雨災害や減災に関する課題を質しました。

 

二宮仁議員は「断水に関連して取水場の対策」について質問しました。

 

平谷市長は、尾道市の断水の原因となった広島県企業局が管理する三原市の本郷取水場の水没について「防潮扉と周囲の塀を3mに嵩上げする仮設の工事を8月24日に終了した。2018年度中に本工事と、耐震性を有する水密性の高い防潮壁の設置を完成させる予定」と広島県の取り組みと対策を紹介しました。

 

議会の様子は、本日、5日の21:00から再放送します。

 

6日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、7人の議員が登壇します。「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

因島水軍まつり 火まつり

因島水軍まつり 火まつり 2018年9月4日放送

 

尾道市の日本遺産 村上海賊の勇壮な姿を再現する因島水軍まつりの火まつりが9月1日に因島大浜町の因島アメニティ公園などで行われました。

 

会場では、太鼓の演奏や踊りコンテスト、水軍武者の行列や大松明の練り回しなどがあり、およそ4万2千人の観客で賑わいました。

 

オープニングと因島南中学校の生徒による水軍太鼓の演奏に続き、戦いに出た水軍の帰還と戦勝を祝って踊ったとされる跳楽舞を子ども達が再現しました。

 

日が落ちた後、跳楽舞の創作踊りを披露するコンテストが行われ、出場チームは工夫を凝らした衣装を身にまとい、踊りの出来栄えを競いました。

 

コンテストの後、松明を持った大勢の水軍武者が入場し、大松明の練り回しや、武者による陣形の披露が行われ、観客からは大きな拍手が贈られていました。

 

最後に、会場では、花火の打ち上げや、参加者全員による跳楽舞の総踊りがあり、盛り上がりました。

 

因島水軍まつりは、因島の地域振興とPRのため、1991年に旧因島市や住民団体などが始めたもので、1993年からは、島まつり、海まつり、火まつりの3部構成になりました。

 

区長会や住民が一体となって支えてきたことが認められ、8月23日には、地域文化の発展に貢献した全国の団体や個人を表彰するサントリー地域文化賞に選ばれました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中6ページ目