HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

銀行強盗の対応訓練

広島銀行で銀行強盗の対応訓練 2018年9月4日放送

 

 

土堂2丁目の広島銀行尾道支店で8月30日、銀行強盗に対応するための訓練が行われました。

 

尾道警察署生活安全課と広島銀行から合わせて約30人が参加し、通報の手順や、カラーボールの使い方などを確認しました。

 

訓練は、集金を終えて支店に戻ってきた行員から犯人が金を奪い、乗用車で逃げるまでを想定して行われました。犯人役の尾道署員が拳銃を突き付け、「金を出せ」と脅し、集金かばんを奪うと、行員は笛を鳴らして周囲に知らせ、通報を行っていました。

 

逃げる犯人の足元にカラーボールを投げる訓練も行なわれ、尾道署の中川忠純(ただすみ)係長が「要求されたかばんは離れた場所に投げて犯人と距離を取り、逃走したらすぐ笛を鳴らして周囲に知らせること」「カラーボールは犯人の足元に投げて」とアドバイスしていました。

 

訓練に参加した尾道支店の三島華織(かおり)さんは「カラーボールは思うように投げられなかった。いざという時に冷静に行動できるよう普段から防犯ブザーやカラーボールの場所を確認しておきたい」と話していまいした。

 

金融機関に対する強盗発生件数は本年度6月末現在までに、全国では12件、広島県内では0件となっています。

電灯清掃ボランティア

電気工事組合による電灯清掃ボランティア 2018年9月3日放送

 

 

広島県電気工事工業組合尾道支部の組合員らが8月29日、栗原町のびんご運動公園で電灯清掃ボランティアを行いました。

 

この清掃活動は、感電事故の発生が最も多い8月の電気使用安全月間に合わせて毎年行われているもので、今年で13回目になります。

 

尾道市内の33の業者が加盟する支部の組合員や青年部員ら20人が参加し、7班に分かれて、公園内の多目的広場周辺の歩道にある外灯や、スポーツセンターの外壁についている電灯などおよそ150灯を点検し清掃しました。

 

4mほどの高さにある電灯は、高所作業車2台を使って、周りのゴミをホウキで取り除き、カバーを外して中の電球やソケット、支柱などを雑巾で丁寧に磨いていきました。

 

青年部長の樫村 弘行さんは、「照明を清掃することで明るくなり、防犯の役にも立てる」「今後は施設に加え学校などでもボランティアを行っていきたい」と話していました。

9月議会開会 復旧予算

尾道市議会は3日、9月定例会を開き、報告5件と、およそ9億8,300万円を増額する一般会計補正予算案など26議案ほかを上程しました。

 

 

一般会計補正予算案は、7月の豪雨災害に関するものが多く計上されています。主なものは、災害復旧費として8億600万円。この内、河川や道路などの復旧に6億4,800万円、農地などの農林水産施設の復旧に1億円、原田町のゴミ最終処分場の復旧工事費などに5,400万円となっています。

 

断水に伴う給水作業など、水道に関する応急救助に6,300万円、災害に関連する職員の時間外手当に1,400万円、他県からの災害復旧の応援職員の受け入れに850万円、災害に伴う市税の納付期限を延長する通知に780万円などです。

 

今回、災害関連に9億円を計上し、次年度にまたがる債務負担、8月の臨時議会で可決された災害関連の専決処分、一般会計補正予算と合わせて、およそ36億8,000万円が投入される見込みです。

 

災害復旧は、国や県からの支出金や、災害支援のふるさと納税や企業や自治体からの寄付金などで一部を賄います。

 

その他、補正予算での主なものは、大阪北部地震に関連して危険のあるブロック塀の撤去に1,600万円、空き家に定住する人を支援する事業に250万円などです。

 

議案では、その他 2019年度から下水道事業を公営企業に移行して、上水道と組織統合し、統一の管理者を置くための条例改正案、百島の福田港の桟橋改良工事請負契約案、尾道市が契約を解除した1回目の千光寺公園のリニューアルに関連して相手方に違約金の支払いなどを求めて提訴する案などが挙がっています。

 

本日の議会の様子は21時から再放送します。5日、6日、7日に議員の一般質問があり、3日間とも10時からと13時から生放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中7ページ目