HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

災害時の畳提供 協定

尾道市 災害時の畳提供 協定締結 2018年10月19日放送

 

尾道市は10月18日、全国の畳店で作る団体「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と災害時に避難所へ畳の提供を受ける協定を結びました。

 

締結式では、平谷 祐宏尾道市長と実行委員会の山下 幸彦中国地区委員長がお互いの協定書に署名を交わしました。

 

また、式には、尾道市内にあるプロジェクト加盟店「西原たたみ店」と「石堂卓市畳店」から2人が同席しました。

 

協定は、災害時の要請に応じて加盟店が連携し畳を無償で提供するもので、広島県内で7件目、県東部では初めてです。

 

プロジェクトは2012年に始まり、現在、全国の畳店500店以上が加盟していて、これまでに熊本地震や大阪北部地震の際にも避難所に畳を届けています。

 

実行委員会によると、畳には抗菌作用や湿度を調整する機能、リラックス効果などがあり、避難所の床に敷くことで被災者の気持ちを和らげる効果などが期待されています。

 

プロジェクトでは、災害時に、新品の畳5000枚を5日で被災地に届ける目標を掲げていて、平谷市長は「災害時の生活環境を整え、被災者の助けになることに期待したい」と述べ、山下中国地区委員長は「畳業界で地域貢献に取り組み、被災者への力添えが出来れば幸いです」と話していました。

小中学校音楽コンクール

小中学校音楽コンクール    2018年10月19日放送

 

市内の小中学生たちが歌声を競う「第14回小中学校音楽コンクール」が10月17日と18日の両日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

コンクールには、市内24の小学校から1,183人、尾道中学校を含む17の中学校から1251人が参加しました。

 

17日に行われた小学校部門では、参加した全校が歌う課題曲の「レッツ テイク ア チャンス」と自由曲の2曲を歌い、児童たちは、会場一杯に明るく澄んだ声を響かせていました。

 

会場では、広島大学大学院の枝川一也教授たち5人の審査員が、技術力・表現力・マナーなどをポイントに合唱を審査しました。

 

審査の結果、第14回のグランプリには栗原小学校が選ばれ、今回から新たに加わった審査員特別賞には百島小学校が選ばれました。

 

18日の中学校部門でも、課題曲の「大切なもの」と自由曲の2曲を合唱、生徒たちは、仲間と息を合わせて中学生らしい伸びやかな歌声を響かせていました。

 

小中学校音楽コンクールは、音楽を通して各校が競い学び合うことで、児童生徒の豊かな感性を育もうと2005年から行われていて、今年は会場に多くの保護者も訪れ子ども達の合唱に耳を傾けていました。

 

審査の結果、中学校のグランプリには重井中学校が選ばれ、審査員特別賞には浦崎中学校が選ばれました。

市長会見 北前船フォーラム

市長記者会見 北前船フォーラムについてなど 2018年10月18日放送

 

 

尾道市長定例記者会見が10月18日にあり、11月に行なわれる「北前船」フォーラムについて発表がありました。

 

2018年に尾道市が日本遺産に追加認定された「北前船」を盛り上げようと「第26回北前船寄港地フォーラムin尾道」と題して、11月16日(金)に、東御所町のしまなみ交流館で開かれます。

 

講演会やパネルディスカッションなどが3部構成で行なわれ、北海道をはじめとする北前船の寄港地の観光・物産ブースも設けられます。

 

第1部では、平谷祐宏尾道市長をはじめ、フォーラムの議長たち主催者側の挨拶と、議員、関係省庁、広島県知事の祝辞などがあります。

 

2部は「名産品でつながる北前船寄港地」と題して、尾道市文化振興課の西井亨学芸員たちが講演。3部では、JR西日本、国土交通省、しまなみジャパンの担当者が「尾道・瀬戸内海から観光振興~地域間交流新時代の幕開け~」とのテーマでパネルディスカッションします。

 

フォーラムは、「北前船の寄港地」を繋ぐルートを点から面へと発展させ、観光振興・地域間交流を進めようと、関係自治体などが実行委員会を組織して2007年から開いています。

 

会見で平谷市長は「北前船寄港地を通して、特に瀬戸内沿岸の東西の軸を確立させて地域間交流や観光振興に努めたい」と述べました。

 

 

記者会見ではその他、新高山の場外舟券売り場、豪雨災害復旧に関する質問がありました。会見の様子は、18日の22:00からと、19日の7:00と15:00から放送予定です。

瀬戸田小 パンフ作り

瀬戸田小 耕三寺パンフレット作り 2018年10月17日放送

 

瀬戸田小学校の児童たちが現在、瀬戸田町の耕三寺博物館のパンフレットを作る学習に取り組んでいて、10月15日に見学会が行われました。

 

この取り組みは、瀬戸田小の地域学習の一環として、今回初めて行われているもので、児童たちは見学を通して博物館の子ども向けのパンフレットを制作します。

 

見学会では、2年生64人が8班に分かれて、学芸員の案内で館内を見て回りました。

 

児童たちは、五重塔や羅漢堂、孝養門などの建物を見学し、写真を撮りながら熱心に学芸員の説明を聞いていました。

 

参加した鎗屋 蓮樹君は「見慣れた場所でも普段聞くことのできない話が聞けました。見る人に楽しんでもらえるパンフレットを作りたい」と話していました。

 

耕三寺博物館は、耕三寺の付属博物館として1953年に開館し、館内には国の登録有形文化財に指定された仏堂や仏塔があります。

 

今回のパンフレットは、幅広い年代に耕三寺博物館を知ってもらおうと作られていて、今年中に館内で配布される予定です。

ベルポール20年感謝祭

ベルポール20年感謝祭    2018年10月17日放送

 

JR尾道駅前のベルポールショッピングタウンで10月13日と14日の両日、開設20年を祝う感謝祭が行われました。

 

初日の13日は、しまなみ交流館前に設けられたステージでオープニングセレモニーがあり、

来賓の平谷祐宏尾道市長や、吉田尚徳(ひさのり)尾道市議会議長、尾道商工会議所の福井弘(ふくいひろむ)会頭らが祝福の言葉を述べ、開設20年を祝いました。

 

会場ではその後、尾道ベッチャー太鼓が、「礎」と「祇園」、「ベッチャー太鼓」の3曲を披露し、力強い演奏でオープニングに花を添えました。

 

ベルポールショッピングタウンは、JR尾道駅前の再開発に伴い1999年にオープンした複合商業施設で、銀行や郵便局、飲食店、展示スペースなど合わせて16店が営業しています。

 

感謝祭は、20年の節目に利用者や市民への感謝を表す場として企画されたもので、13日にはドーナツのプレゼントや尾道市立大学ラテン部などによるステージ、14日には豪華景品が当たる抽選会やバルーンアートショーもあり多くの人で賑わいました。

<< 1 2 3 4 5 >>
5ページ中1ページ目