HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

塩川氏 作品展

塩川氏 作品展 2018年10月31日放送

 

尾道市立大学の副学長などを務め、2017年に亡くなった塩川 髙敏氏の作品展が12月9日まで、久保3丁目のMOU尾道市立大学美術館と土堂1丁目の尾道市立大学サテライトスタジオで開かれています。

 

塩川氏は1948年に長野県で生まれ、東京藝術大学大学院 美術研究科の油画コースを修了。国展などで数々の賞を受賞し、尾道市に移住後は、尾道市立大学の教授や副学長などを務めながら学生の教育に尽力してきました。

 

作品展では、油彩画や水彩画など72点の作品を展示し、塩川氏の画業を紹介しています。

 

塩川氏の代表作「浮游」は、遊泳する人物を描いたシリーズで、晩年の作品では、162cm四方のキャンバス2枚に、瀬戸内の自然の中で人が泳いでいる様子を表現しています。

 

その他、樹木をモチーフにした作品や、小学生時代の油彩画、鉛筆で描いたデッサンなどもあり、塩川氏の創作活動の足跡を辿ることができます。

 

作品展は12月9日まで、MOU尾道市立大学美術館と尾道市立大学サテライトスタジオで開かれています。

 

入館は無料で、水曜日と木曜日は休館です。

たんぼでがんぼー

たんぼでがんぼー 2018年10月31日放送

 

 

お米の収穫体験などを行なう催し「田んぼでがんぼー」が10月21日、御調町で行なわれました。

 

この催しは、JA尾道市環境衛生農業会が、子ども達に稲作に親しんでもらおうと、1990年から続けているものです。

 

延安勇会長の案内で、尾道市内から集まった親子連れや、外国人留学生たち、およそ70人が一反ほどの田んぼと畑に植えられている、米とサツマイモの収穫をおこないました。

 

子どもたちは、スコップでイモを掘ったり、鎌で稲を刈ったりして、合間にカエルやバッタを捕まえて喜んでいました。

 

新浜から親子で参加した、近野洋さんと志歩ちゃん親子は「お米がどういう風に出来るか良く分かりました。ご飯は残さずに食べたい」と話していました。

 

延安さんは、「減農薬の栽培に挑戦していますが、今年も順調に生育しました。来年も沢山の人に参加してもらいたい」としていました。

神田神社 秋祭り

神田神社 秋祭り 2018年10月30日放送

 

 

御調町の神田神社で10月21日 恒例の秋祭りがあり、神楽の奉納などで賑わいました。


境内には、地元の有志が焼き鳥や、おでん、かき氷などの屋台を設け、お餅を配るなどして祭を盛り上げていました。

 

安芸高田市の神楽団が神楽を奉納し、訪れた人は、演目が終わる度に大きな拍手を送っていました。又七五三のお祓いもあり、沢山の親子が、記念写真を撮っていました。

 

貝ヶ原の振興区長で、神社の総代を務めていた宮前猛さんは、「今年は、大きな災害に見舞われましたが、秋祭りは例年通り行う事ができました。皆さんが楽しんでくれて嬉しい」と話していました。

 

神田神社は、須佐之男の命を祭神として、860年に建立され、今までに三回場所と名称をかえて、現在の場所にあります。

 

本殿前にある木造狛犬は、尾道市重要文化財に指定されています。

アンデックス視察

アンデックス視察   2018年10月30日放送

 

広島県の湯崎英彦知事たち、中四国地方の県知事らが10月29日、東尾道のアンデックス株式会社を訪れ、自転車事業などを視察しました。

 

視察には、湯崎知事の他、伊原木隆太岡山県知事や飯泉嘉門徳島県知事らが訪れ、アンデックス代表取締役の田邉耕造社長と自転車部門を担当する高橋要一チーフプロデューサーが、自転車関連の取り組みについて紹介しました。

 

湯崎知事たちは、尾道発の自転車開発や、サイクリングイベントの支援、子供向けの自転車教室の開催など、アンデックスでの取り組みに興味深そうに聞き入り、しまなみ海道を気軽に走ることをコンセプトに生まれたオリジナル自転車「凪」にも試乗して、その乗り心地を確かめていました。

 

アンデックスが提供した特別仕様の「凪」で活動している尾道署のサイクルポリス隊も視察に参加し、知事たちにサイクリストの事故防止やマナー向上などの取り組みについて説明していました。

 

知事の訪問は、当日、尾道市内で開かれた「中四国サミット」に合わせて行われたもので、しまなみ海道や地域のサイクリング文化を支える地元企業としてアンデックスが視察先に選ばれました。

尾道・今治市合同研修

尾道市と今治市の初合同研修 10月29日放送

 

 

尾道市と今治市は10月18日、しまなみ海道沿線地域での防災対策の連携強化などを目指した、初めての合同研修を東尾道の消防防災センターで開きました。

 

研修は2回に分けて開催される予定で、1回目のこの日は、尾道市と今治市から、今年度の新規採用職員、合わせて53人が参加しました。

 

開会式で平谷裕宏尾道市長は「2つの姉妹都市が手をたずさえ、課題を共有し、取り組んでいくことは市民の幸せに必ず繋がる。町づくりのために研修で学んだことを地域に活かして欲しい」と呼びかけました。

 

研修は、グループに別れて行われ、初対面の人の顔と名前を多く覚える方法やコミュニケーションの大切さを名刺交換を通して学んだほか、細いレールでボールを運ぶゲームを通して職場や災害現場での状況把握や迅速な対応について考えました。

 

参加した職員からは、「優先順位を考え、声を掛けあったり配置転換をしたりしながら負担を1人に集中させないことが大切」「まとめてボールを運ぼうとしたが失敗した。たまった仕事をまとめてできないのと同じだと感じた」などと話していました。

 

後半は、両市の共通の課題である南海トラフ巨大地震を始めとする様々な防災対策や、人口減少による地域活力の低下、しまなみ海道沿線の観光と産業振興について話し合いました。

 

研修会の担当職員は「町は違っても仕事仲間として共通の相談ができることもある。互いの市のやり方なども取り入れて市民にお返しできれば」と話していました。

 

この日、話し合われた内容はデータにまとめ、11月20日、今治市で開かれる合同研修会で発表されます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中1ページ目