HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

サイクリングしまなみ2018

サイクリングしまなみ2018 10月29日放送

 

 

しまなみ海道、西瀬戸自動車道の本線を走るサイクリング大会「サイクリングしまなみ2018」が10月28日にあり、およそ7,000人が参加しました。

 

国内で唯一、高速道路の本線がコースとなる大会で、午前6時から正午まで、因島北インターチェンジから今治インターチェンジの間を上下線とも通行止めにして行なわれました。

 

走行距離やルートなどにより7コースが設定されていて、初めて設けられた尾道をスタートするコースには1,006人がエントリーしました。

 

向島運動公園でのオープニングセレモニーの後、参加者でもある平谷祐宏尾道市長や元サッカー日本代表の岡野雅行(まさゆき)さん達の合図で一斉にスタートし、今治市に向けて出発しました。

 

2014年に初めて開催された本線を使ったサイクリング大会、今年は今治・尾道間を往復するおよそ140kmのコースや、フェリーに乗って離島を走るコースなど7つがあり、参加者らは瀬戸内の多島美や、普段走ることが出来ない、高速道路上の走りを楽しみました。

 

各コースをスタートしたサイクリスト達は、景色を楽しみながら島々に架かる橋を通過し、県境をまたいで自転車を進めていました。

 

今治から尾道まで走る70kmのコースは、尾道市の港湾施設にゴールが設けられ、昼前には参加者が次々と姿を見せました。

 

ゴール地点では、太鼓演奏やチアリーディングの歓迎が行なわれた他、大会スタッフが、完走した人への証明書を発行しました。

 

元競泳選手で、ソウルオリンピック金メダリストの鈴木大地スポーツ庁長官や愛媛・広島・岡山県の知事、そしてキャロライン・ケネディ前駐日アメリカ大使、宇宙飛行士の若田光一さんたちもゴールし、インタビューで大会の感想などを語っていました。

 

大会には全国47の都道府県からの参加に加え、22の国と地域からおよそ630人の外国人が参加し、合わせて7,215人が汗を流しました。

因島 造船 鉄工祭

造船 鉄工祭 2018年10月26日放送

 

 

造船と鉄工業の魅力を紹介する「第3回造船・鉄工祭」が10月21日・22日の両日、因島でありました。

 

重井中学校と因島鉄工団地内でイベントがあり、溶接の体験会や工場見学会、屋台コーナーなどがあり、賑わいました。

 

工場見学は、10人ほどのグループで、A・B・Cコースに分かれて、鉄工団地内の8社を見学。因島鉄工団地は、船の骨格となる「船体ブロック」の製造量が日本一といわれていて、工場を訪れた人は、船を形作る大きな構造物を見上げ、その大きさに驚いていました。

 

溶接や簡単なラジオを作るコーナーなど11種類の体験が出来るワークショップもあり、子ども達が一生懸命に取り組んでいました。

 

電源の要らない、ゲルマニウムラジオの製作では、コイルを巻くなどして、ラジオの仕組みを学んでいました。

 

造船所などで働いているインドネシアの研修生たちが屋台で母国の料理を提供して賑わっていました。

 

主催者は「造船や鉄工に少しでも関心を持ってもらえれば嬉しい」と話していました。

ボランティア体験

御調中央小 ボランティア体験   2018年10月25日放送

 

御調中央小学校の6年生が10月22日、様々なボランティア団体の活動を体験して、障害を持つ人たちの支援について学びました。

 

この体験会は、尾道市社会福祉協議会の協力で開かれたもので、尾道市内の介助ボランティアや御調町で活動する手話や要約筆記のサークルなど、合わせて4つの団体が参加しました。

 

体験は、団体ごとに体育館や音楽室などで行われ、児童たちは5つのグループに分かれてそれぞれの会場を周りました。

 

足や目が不自由な人の移動を助ける活動では、車イスの介助やアイマスクを付けた相手を誘導する方法を学び、子ども達は移動の前に行う声掛けなど、サポートする上での注意点についてスタッフからアドバイスを受けていました。

 

目の見えない人のための朗読録音ボランティアでは、印刷物の内容を伝える為に、目次や項目ごとに補足の説明を入れるなど、言葉だけで伝える為の工夫が紹介され、児童たちは興味深そうに話に聞き入っていました。

 

この学習は、身近にあるボランティア活動を通して、「福祉の町」としても知られている御調町への理解を深めてもらおうと今回初めて行われました。

 

6年生の山崎加惟君は「車イスの動かし方一つでも、相手の事を考えて、細かい事に気を配っているのに驚いた」と話し、藤井寛紀教頭は「学習を通して、自分が何ができるか考え、困っている人に手を差し伸べられるようになってくれればうれしい」と話していました。

サイクルシップお披露目

サイクルシップお披露目    2018年10月24日放送

 

自転車をそのまま持ち込める旅客船「サイクルシップ・ラズリ」の報道向けの説明会が10月24日、東御所町の尾道駅前桟橋でありました。

 

「サイクルシップ・ラズリ」はしまなみ海道のサイクリングを更に盛り上げようと、JR尾道駅前と瀬戸田を結ぶ航路に就航する総トン数19トンの小型船で、全長は17.75メートル。船内に自転車専用のスペースを設け、旅客定員の75人に加えて、およそ50台の自転車を積み込むことができます。

 

駐輪スペースは1階と2階にあり、2階デッキのサイクルスタンドには自転車を傷つけない為の保護シートも準備されています。

 

45の座席がある船内には、壁際にモバイル端末などを充電できるコンセントが備えられているほか、無料のワイファイも利用することができます。

 

「ラズリ」は、JR西日本の子会社や瀬戸内海沿岸の各県などが立ち上げた「せとうちDMO」が出資する瀬戸内チャーターが保有。尾道からの定期便を走らせている瀬戸内クルージングが運航を担います。

 

航海速力はおよそ20ノットで、因島の重井港や三原の須ノ上港を経由し、尾道・瀬戸田間をおよそ40分で結びます。

 

船名の「ラズリ」は青色を表すペルシャ語に由来していて、青い海が広がる瀬戸内のサイクリングロードを繋ぐ船という思いをこめて名づけられました。

 

就航前日の27日には、浦崎や百島などを巡る体験クルーズが予定されているほか、28日には当日開催される国際サイクリング大会で、大会参加者を自転車と共に運ぶチャーター船としてデビューする予定です。

復興応援フラッグ

西日本豪雨災害 復興応援フラッグ 2018年10月23日放送

 

7月の西日本豪雨で被害を受けた広島県を応援しようと、オリンピック選手たちが寄せ書きしたフラッグが10月25日まで久保1丁目の尾道市役所 本庁舎に展示されています。

 

このフラッグは、豪雨の被害を受けた広島県民を応援するため、日本オリンピック委員会が8月に広島県に寄贈したもので、県内の8つの市町で巡回展示が行われています。

 

フラッグは縦1メートル、横1.5メートルで、表面には「がんばろう広島」という文字と共にオリンピック選手やトップアスリートたちによるメッセージやサインが書き込まれています。

 

フラッグは、10月25日まで尾道市役所 本庁舎1階に設置され、10月27日には、グラウンドなどが浸水の被害を受けた因島中庄町の因北中学校でも展示されます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中2ページ目