HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

大信産業 市へ芝生 寄贈

大信産業 市へ芝生 寄贈      2019年9月9日放送

 

尾道市に本社を置き、農業振興や緑化事業などを行う大信産業が9月9日、尾道市へ芝生と自動灌水設備を寄贈しました。

 

市長室で行われた贈呈式には、大信産業の田中公浩社長や田中康貴会長たちが出席し、田中社長から平谷祐宏尾道市長に目録が手渡されました。

 

今回の寄贈は、大信産業の創業100年を記念して行われたもので、今月2日に新庁舎での業務が始まった因島総合支所の芝生広場に設置される芝生と設置費用、時間に合わせて自動で灌水を行う設備一式、合わせておよそ1000万円が寄贈されました。

 

大信産業は、1919年に田中大信堂として現在の因島田熊町で創業。農薬や肥料・農業用資材の販売のほか、農業用施設の施工、緑化事業などを手掛けています。

 

これまでにも社会貢献活動として、JR尾道駅前の芝生広場や千光寺公園の恋人たちの広場の整備などを行っていて、田中社長は「100年の節目に、創業の地の因島へ寄贈できた。地域の方たちの交流の場になってもらえればうれしい」と話していました。

 

因島総合支所の芝生広場は、海に面した旧庁舎の跡地に整備される予定で、庁舎の解体後2020年5月末頃から工事が行われ、8月末に完成する予定です。

議会 一般質問 3日目

議会 一般質問 3日目 2019年9月6日放送

 

昨日に引き続き、尾道市議会定例会が9月6日に開かれ、5人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は尾道未来クラブの2人が質問に立ちました。

 

尾道未来クラブの前田孝人議員は、厳しい状況が続く尾道市の病院事業に関して、今後の経営の方向性などを質しました。

 

突沖満則病院事業管理者は「市民病院・公立みつぎ総合病院ともに新改革プランに基づき、改善に取り組んでいる。医師の確保を最重要課題に、収入増への取り組みとして、地域包括ケア病棟の導入・ICUからHCUへの転換による効率的な運営・医療の質の向上・情報発信などに全力で取り組む」と述べました。

 

午後からは、政友会と日本共産党の議員3人が質問しました。

 

共産党の三浦徹議員は、10月から始まる「幼児教育・保育無償化」における、満3歳児が対象の教育認定と、保育認定の無償化の違いについて質問しました。

 

平谷市長は「公立幼稚園と保育所は、満3歳に達した後の4月1日から小学校入学前まで、認定子ども園は満3歳以上の小学校就学前の子どもが対象で、無償化の時期に差はない」と答えました。

 

この他、政友会の藤本友行議員は、防災とコミュニティについて質問しました。

 

議会の様子は本日、6日の21:00から再放送します。

 

9月定例会は、今後 各委員会で議案が審議され、9月18日に閉会する予定です。

小さい仏像展

展示「尾道のちいさな仏様」 2019年9月6日放送

 

 

念持仏など、小さな仏像を集めた展示会「尾道のちいさな仏様」が9月23日まで、久保1丁目の「おのみち歴史博物館」で開かれています。

 

港町として発展した尾道には多くの寺院が建てられ、大きな仏像が沢山ありますが、この展示会では、寺院にあった仏像や、家々に安置されていたものなど「小さな仏像」を見る事ができます。

 

常称寺 妙宣寺 浄土寺 西国寺 持光寺などの仏像が中心となっていて、浄土寺に伝わる、室町幕府の創始者「足利尊氏公」が持ち歩いていた「念持仏」とされる仏像や、尾道で確認される最も小さいとされる「文殊菩薩」、常称寺の本堂の壁に並べられていた「千体仏」など、多彩な仏像を見る事ができます。

 

会期は9月23日(祝)まで、おのみち歴史博物館、入館料は一般200円、中学生以下無料となっています。

議会 一般質問 2日目

尾道市議会 一般質問 2日目 2019年9月5日放送

 

 

昨日に引き続き、尾道市議会定例会が9月5日に開かれ、6人の議員が一般質問を行いました。

 

午前中は、尾道令和会と青嵐会の3人議員が登壇しました。尾道令和会の岡野斉也議員は、禁煙が進む中、新庁舎の喫煙場所についてなど、質問しました。

 

平谷祐宏市長は「新庁舎には、広い市民スペースや一般開放の屋上を設けることから、喫煙場所を設置することは困難であり、職員と来庁者の喫煙場所も設けない」と答えました。

 

青嵐会の村上隆一議員は、地下に設けられた溝である「暗渠」(あんきょ)について、津波や高潮による水の逆流対策を聞きました。

 

平谷市長は「暗渠のある川は防地川・旧栗原川・長江川で、旧栗原川には水門を設置。坊地川はポンプ場に樋門を設けている。長江川は、高低差があるため、上流側での影響はほとんどないと考える」と答えました。

 

午後からは、青嵐会と公明党の議員3人が質問に立ちました。公明党の岡村隆議員は、災害対応に関連して、消防団の器具庫の整備について質しました。

 

今年度は、木ノ庄西・日比崎・瀬戸田北分団の器具庫などが完成予定とした上で、平谷市長は「2020年度、土砂災害特別警戒区域にある原田分団と土生・高見分団の器具庫の整備を予定している」と答えました。

 

岡村議員は、もう一つ災害対応に関連して、尾道市が進めている75歳以上の世帯への火災警報器の設置状況について質問しました。

 

平谷市長は「2018年度は153世帯に取り付けた。今年度も9月から231世帯へ順次設置を行い、2020年度には、計画した全地区への設置が終了する見込み」と答えました。

 

議会の様子は、本日、5日の21:00から再放送します。尾道令和会の大本和英議員は「市内のスポーツ施設について」、青嵐会の宮地寛行議員は、「幼児教育・保育の無償化」に関する質問を、公明党の加納康平議員は「障害児福祉」について訊ねました。

 

6日も引き続き尾道市議会定例会の一般質問が行なわれ、「ちゅピCOMおのみち」では、10:00からと13:00から生放送予定です。

防災 わくわく体験活動

御調中央小 防災 わくわく体験活動 2019年9月5日放送

 

子ども達が、学年を超えて交流する「わくわく体験活動」が8月31日御調中央小学校であり、防災に関する紙芝居を見たり、非常時に役立つカレーを作ったりしました。

 

体験活動には、児童や保護者・地域の人たち115人が参加。女性消防団員が、地震が起きたときの正しい行動を伝える紙芝居を上演しました。

 

参加者は、座布団などで頭を守る事や、逃げる時にはブロック塀がある狭い道は通らないなど、災害時の行動を学んでいました。

 

また、尾道市防災アドバイザーの池田実さんが、避難するときの持ち出しグッズの説明を行いました。

 

続いて、停電時に役立つ「キャンドル」を製作しました。参加者は溶かした蝋に、クレヨンで色を付けて、様々な色のキャンドルを作っていました。

 

非常食を作るコーナーでは、ビニール袋を使って作るカレーライスと、牛乳パックを使った「ホットドッグ」を作りました。

 

ファスナーのついた密閉できるビニール袋に、米・カレールウ・野菜などを水と一緒に入れて、沸騰したお湯で熱して作りました。

 

ホットドッグは、パンに野菜とソーセージを挟んで、アルミホイルで巻いたものを、牛乳パックの中に入れ、それに火をつけて調理しました。

 

わくわく体験活動は、地元の公民館などの主催で開かれていて、これまでは、そうめん流しなどを行っていましたが、西日本豪雨災害を受けて、災害を意識したプログラムに変更しました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中5ページ目