HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道文化遺産塾

尾道文化遺産塾     2019年12月23日放送

 

地域の歴史文化や伝統芸能を学ぶ「尾道文化遺産塾」が12月4日、土堂一丁目の尾道商業会議所記念館で開かれ、多くの受講者が訪れました。

 

尾道文化遺産塾は、尾道市と地域の有識者で構成する実行委員会が主催したもので、今年の12月から2020年の1月にかけて合計6回の講義が予定されています。

 

講義は毎回、尾道の歴史を学ぶパートと、生活様式や風習など尾道の民俗を学ぶパートの2本立てで進められ、それぞれ福山市立大学准教授の八幡浩二さんと、御調地方歴史文化研究会会長の住貞義量さんが講師を務めます。

 

尾道遺産総論と題して講義した八幡さんは、世界遺産の成り立ちや尾道市も認定されている日本遺産について紹介し、大きな視点から見た文化財や文化遺産の捉え方などを解説。自身も携わった尾道学研究会での「残したい遺産マップ」作りなどに触れ、「地域の歴史、文化遺産に興味を持ち、学びの輪を広げてほしい」と参加者らに呼び掛けていました。

 

神楽をテーマに講義した住貞さんは、日本各地の神楽の特徴や分布状況をはじめ、尾道市内で受け継がれている神楽の特色、各地域で舞われている演目などを紹介。講義の中では、神楽の口上や神楽で用いる楽器の実演などもあり、参加者らが興味深く聞き入っていました。

 

尾道文化遺産塾は、地域の多様な文化遺産の活用を通して、地域活性化を図る、文化庁の地域文化遺産総合活用推進事業の助成を受けて行われているもので、講義のほかに、2020年2月の「尾道文化遺産まつり」や、尾道の遺産を記したマップの制作などを予定しています。

 

講演の様子は、2020年1月1日からご覧のコミュニティチャンネルで放送予定です。お楽しみに。

チョークアート教室展

チョークアート教室展 2019年12月20日放送

 

向東町のチョークアート作家 大原郁香さんが主宰している教室の生徒による作品展が12月25日まで、東御所町の福屋2階のギャラリーで開かれています。

 

大原さんは、2018年度の第103回二科展 絵画部門で、全国で3人選ばれた新人奨励賞を受賞するなど活躍しています。

 

作品展は、向東町で主宰している教室で学ぶ生徒たちの発表の場として毎年開かれているもので、会場には20人の作品およそ40点が並んでいます。

 

クリスマスをイメージしたものや、店舗の看板など、大きさもスタイルも幅広い作品が展示されていて、それぞれの作品には、生徒たちのチョークアートに関するコメントが添えられています。

 

また、初公開の大原さんの作品や、教室の活動を紹介する写真などもあり、訪れた人の目を楽しませています。

 

大原さんは「寒い時期に心が温かくなるような作品を展示しています。作品展を通してチョークアートに興味を持ってもらえれば嬉しい」と話していました。

 

大原さんの教室では現在、生徒を募集しています。お問い合わせは、電話080-6317-0908大原さんまでです。

尾道ワイン2019発表会

尾道ワイン2019発表会 2019年12月20日放送

 

尾道特産のブドウ「デラウェア」で作った「尾道ワイン2019」の発表会が12月20日、東御所町のグリーンヒルホテル尾道でありました。

 

「尾道ワイン2019」は、福山市の医療器具卸業の福山健康舎が運営している山野峡大田ワイナリーが醸造、販売する白ワインです。

 

林檎やスミレのようなスッキリとした香りと、優しく柔らかな果実味が特徴です。

 

山の上からワイン色の海を眺める猫が描かれているラベルは、尾道で活動しているデザイナーが手掛けたもので、切手風に仕上げることで「尾道からのおたよりワイン」として、現在、福山市内で販売されています。

 

記者会見では、福山健康舎の大田祐介代表取締役たちが出席し、ワインの概要などについて話しました。

 

「尾道ワイン2019」は、およそ150本製造され、現在、山野峡大田ワイナリーの直売所と、福山健康舎の事務所で販売されていて、価格は税込み2,750円です。

 

今後は通信販売や、尾道市内での販売も行われる予定です。

 

ワインについて詳しくは電話084-931-4572福山健康舎までお問い合わせください。

警防技術練成会

警防技術練成会 2019年12月19日放送

 

消防隊員たちが消火活動の技術を磨く警防技術練成会が12月17日・18日の両日、東尾道の消防防災センターで行われました。

 

この訓練は、火災発生時の消火技術を向上させることを目的に、昨年から行われているもので、尾道や因島、御調など市内各地区の消防署から21人の隊員が参加しました。

 

木造3階建て住宅の2階から出火し、3階へ延焼する危険がある状況を想定して訓練が行われ、隊員たちは3人1組で消火活動にあたり、審査員が行動の速さや正確さなどをチェックしました。

 

建物には、火に見立てた赤い板が所々に付けられていて、指令を受けた隊員たちは、ポンプ車で出動し、速やかに消火活動の準備を整え、建物の外から板に向けて放水しました。

 

屋外からの放水に続いて、隊員たちは梯子で建物の中へ入り、内部の消火活動にもあたりました。

 

警防技術練成会は、1年間の訓練の成果を発表する場として行われていて、隊員たちは機敏な動きを見せながら、互いに技術を披露していました。

市長会見 クルーズ客船

定例尾道市長記者会見 外国クルーズ客船寄港についてなど 2019年12月19日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が12月19日、久保一丁目の尾道市役所であり、クルーズ客船の寄港についてなど発表がありました。

 

尾道市が誘致活動を続けていた「外国クルーズ船」の寄港、第一弾として、2020年7月2日に、西御所町の県営3号上屋の南側岸壁に、乗客定員114人・総トン数4200トンの小型クルーズ船が入港します。

 

乗客は、クルーズとサイクリングを楽しむアメリカ人のツアー客が中心で、自転車を積み込み、寄港する各地でサイクリングを楽しむ内容です。

 

新潟を出発して、8泊9日の日程で、西日本を中心にめぐり、尾道への入港前に今治で降りた乗客は、しまなみ海道をサイクリングして尾道を訪れ、停泊している船に乗り込み、最終目的地の神戸へ向かう予定です。

 

会見で平谷祐宏尾道市長は「尾道市として、サイクリングとクルーズをセットにした新しい観光スタイルを提案していた」と話し「クルーズ客の富裕層をターゲットにした体験プランや土産の開発、リピーターの獲得など、次の展開につなげたい」と意気込んでいました。

 

尾道港に外国のクルーズ客船が寄港するのは初めてです。

 

会見ではその他、尾道市議会議員による副市長への暴行問題や、尾道市中心部の3小学校の統廃合について、又 2020年1月6日から業務を開始する「新しい庁舎」についてなど記者から質問があり、それぞれ市長が答えました。

 

会見の様子は、19日の21:00からと、20日7:00と15:00から放送します。是非ご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中2ページ目