HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

県知事会見 臨時放送

5月25日 22:00から、予定の番組を変更して広島県知事の会見の模様を放送します。

 

広島県の湯﨑知事は5月25日(月)、午後2時すぎに広島県庁で記者会見を開き、広島県議会の臨時会に提案予定の新型コロナウイルスに関する緊急対応(補正予算 追加分)について概要を述べましたこの記者会見の模様を放送します。

行政書士 相談会

新型コロナに関する行政書士 無料相談会 2020年5月25日放送

 

 

新型コロナウイルス感染症に伴う行政書士の無料相談会が5月20日、久保一丁目の尾道市役所でありました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、広島県行政書士会尾道支部が開いたもので、尾道市民と市内にある事業者を対象に、無料で行われました。

 

受け付ける内容は、現金給付や貸付制度などの生活支援、融資や給付金制度など中小・個人事業者支援などです。

 

尾道市在住の行政書士6人が対応にあたり、20日は7組が相談に訪れました。

 

事業者の持続化給付金に関するものが多く、50歳以上の経営者がほとんどで、必要書類や、オンラインでの申請についてなど確認していました。

 

この相談会は、5月29日(金)にも、尾道市役所3階第1会議室で、13時から17時まで開かれます。

 

予約不要、受付は当日先着順で、衝立や消毒液など感染予防対策をしていますが、相談者は、マスクの着用が必要です。

県知事会見 臨時放送

5月22日 21:45から、予定の番組を変更して広島県知事の会見の模様を放送します。

 

広島県は5月22日(金)、午後6時から広島県庁で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、スポーツクラブやナイトクラブなどに続けていた休業要請を全て解除しました。この会議と湯崎英彦知事の記者会見の模様を放送します。

因島のホテル マスク寄贈

ホテルいんのしま 手作りマスク寄贈 2020年5月22日放送

 

 

因島土生町にある「ホテルいんのしま」は5月20日、尾道市に手作りマスク1,000枚を寄贈しました。

 

市長室には、「ホテルいんのしま」を経営する一心グループ・株式会社 因島観光開発の田中邑志社長と新元厚支配人たち4人が訪れ、平谷祐宏尾道市長にマスクを手渡しました。

 

マスクは、「ホテルいんのしま」の従業員15人が3週間かけて製作。型を使って布を切り取り、ミシンで縫い合わせるなど、手作りしました。

 

平谷市長は「有効に活用して、市民の感染予防に努めたい」と感謝していました。尾道市は寄贈を受けたマスクを、因島の老人福祉施設に配る予定にしています。

山王祭 神事

山王祭 神事 2020年5月20日放送

 

 

ゆかた祭として知られる久保の山脇神社の例祭「山王祭」が5月16日あり、今年は新型コロナウイルスの影響で神事のみ、執り行われました。

 

高台にある山脇神社には、関係者や地域住民が集まり、久保亀山八幡宮の永井宮司により神事が行われました。

 

神事では、祝詞(のりと)の中に「疫病を払いやる」という文言が付け加えられ、新型コロナウイルスの終息を願いました。

 

山脇神社は、1728年に建立され、この一帯で山火事が起きたときに、猿が騒いで住民に知らせたという言い伝えが残っていて、境内には狛犬の変わりに猿の石像があります。

 

地域では、山王祭の日から浴衣を着る慣わしがあり、夏の到来を感じさせる祭ですが、今年は、屋台の出店や、接待などの行事が行なわれず、少し寂しい形となりましたが、近所の人達がゆっくりと参拝に訪れていました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 >>
3ページ中1ページ目