HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

定例市長会見

定例尾道市長会見 アサリ資源回復  2021年10月22日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が10月22日、久保一丁目の市役所であり、アサリの資源回復に向けた実証試験の途中経過が発表されました。

 

試験は、中国電力が火力発電で出た石炭の灰を再利用して作っている「ハイビーズ」と呼ばれる資材を使い、アサリが定着し易い環境を作るもので東尾道の干潟で行われています。

 

尾道市は、アサリの漁獲量を回復させようと、漁業協同組合で組織する「松永湾水産振興協議会」と、広島大学、中国電力と協力して試験を進めています。

 

広島大学によると、ハイビーズは、直径およそ2cmの石のような形の資材で、アサリの餌となる微生物が付着し易く、ハイビーズ自体が、アサリを食べるエイなどの侵入を防ぐ効果があります。

 

泥がたまり、アサリが育ちにくくなった東尾道の干潟に、2020年11月にハイビーズを敷設し、今年の1月から6月にかけて調査を行いました。

 

その結果、ハイビーズを敷設した場所で、少ない数ながらアサリが定着して、順調に成長している事が確認でき、さらに今後は数も増えるていくとの予想が出されました。

 

平谷祐宏尾道市長は「アサリ資源の回復に向けて、ハイビーズの敷設地域を広げ、継続して行きたい」と会見で述べました。

 

尾道市は県内有数のアサリの産地でしたが、貝類の漁獲量は1989年の1362トンに比べて近年は1%以下まで落ち込んでいます。

 

会見では、県内でスーパーマーケットを展開する㈱エブリィから300万円の寄付があり、ハイビーズの追加敷設などに使われる事も発表されました。

 

会見の模様は、本日21時と明日23日の7時と13時から放送予定です。

陸上代表中学生 訪問

陸上代表中学生 訪問    2021年10月21日放送

 

愛媛県で行われるジュニアオリンピックカップU16陸上競技大会に出場する長江中学校の生徒が10月15日、平谷祐宏尾道市長を訪問し、大会での健闘を誓いました。


市長室を訪れたのは、いずれも長江中3年生で、女子150メートル走に出場する坂井実夢さん、男子三段跳びの松本陽汰君、男子円盤投の丸井一樹君の3人です。


大会は、ジュニア世代の強化・育成を目的として行われるもので、3人はそれぞれ、今年行われた県大会などで出場資格となる記録を突破し、広島県の代表に選ばれました。


三段跳びに出場する松本君は「13メートル以上を飛んで8位以内に入りたい」と話し、40メートルを目標にしているという円盤投げの丸井君は「力を出し切り、中学最後の大会を締めくくりたい」と意気込んでいました。また、今回から新たに設けられた150メートル走に出場する坂井さんは「公式大会で150mを走るのは初めて、悔いの残らないよう自分の走りをしたい」と話していました。
訪問を受けた平谷市長は、「記録の更新を目指して頑張ってきてほしい。応援しています」とエールを送っていました。


大会は10月22日から、愛媛県松山市の総合運動公園陸上競技場で開催されます。

スマート農業実演

スマート農業実演   2021年10月20日放送

 

農作業の負担を軽減する、小型多機能ロボットのデモンストレーションが10月18日、瀬戸田町の果樹園で行われました。


「DONKEY」という名前の電動モーターで動く小型の台車型ロボットが作業を行い、地元の農家や市の担当者たちおよそ45人が見学しました。
実演では、開発企業の担当者が、リモコンを使って柑橘類への農薬散布を行ったほか、軽トラックへロボットを積み込む動作などを披露しました。


ドンキーには、搭載されたカメラを使って自動で人を追いかける機能などもあり、企業の担当者は「収穫などの際、コンテナを移動する手間が無いので作業を効率化することができる」とアピールしていました。


この実演は、ICTなどを使って作業の効率アップや負担軽減を図る「スマート農業」を体験する機会として開かれたもので、参加者の一人は「夏場の農薬散布は、荷物のほかに防護服を着る必要もある。そのような負担も無くなるので、ロボットの活用は有効な手段だと思う」と話していました。

大学公開講座

尾道市立大学公開講座 2021年10月18日放送

 

 

尾道市立大学の教員が講師を務める公開講座の収録が9月末に、西御所町の「ちゅピCOMおのみち」のスタジオで行われました。

 

新型コロナウイルスの影響で市民公開の教養講座を開くことが出来ないため、映像での収録方式で行われました。

 

シリーズ3回の放送を予定していて、初回は、日本文学科の光原百合教授が、小泉八雲の怪談と尾道をテーマにして講義しました。

 

小泉八雲の生い立ちや、日本での暮らしなどを紹介して、代表作「怪談」の中に出てくる飴を買う女と、尾道の丹花小路に残る飴買い幽霊の話を関連付けて解説しました。

 

この講座の模様は10月25日からご覧のチャンネルで放送予定です。お楽しみに!(変更も有)

10月25日~29日 ①13:00~  ②21:00~   

10月30日       ①13:00~ 

10月31日           ①19:00~

山陽線130周年イベント

山陽線130周年イベント    2021年10月15日放送

 

JR山陽線が開通130周年を迎え、西日本岡山支社の主な駅で、記念イベントが開かれます。

JR尾道駅では11月3日(水)線路点検用バイクの乗車体験、架線の模型やNゲージのジオラマ展示、子どもの制帽試着体験、JR貨物の音楽部による演奏などが行われる予定です。


「開業130周年 尾道駅の思い出メッセージ」を募集していて、尾道駅に設置されているメッセージボックスに、エピソードを書いて応募することが出来ます。

又、11月3日から山陽線130周年記念きっぷが発売されます。


山陽線は、1891年3月に岡山駅まで開通し、福山駅、尾道駅と運行を広げ、2021年に130周年を迎えました。


イベントについて、JR西日本のHPなどをご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中2ページ目