HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

交通死亡現場 検討会

交通死亡事故現場 再発防止検討会 2021年10月14日放送

 

 

尾道警察署は、向島町で発生した交通死亡事故を受けて10月14日、事故現場で再発防止検討会を行いました。

 

尾道署のほか、尾道交通安全協会、広島県東部建設事務所、尾道市職員、地元住民たちが参加して、現場を確認しました。

 

事故は、8月22日の16時45分頃に発生したもので、国道317号線を岩子島方面へ走行していた80代の男性が運転する軽四自動車と、信号の無い交差点から道路へ入った原付バイクが出会い頭に衝突し、バイクを運転する70代の男性が死亡しました。

 

尾道署の花井俊博交通課長から事故概要の説明があり、参加者がそれぞれの立場から事故防止の意見を出し合いました。

 

参加者からは「現場は、上り坂の後に下りになっていて、車高の低い車はお互いに見えにくいため、注意喚起が必要」、「付近の住民に、国道へ侵入する際は一旦停止を徹底するように呼び掛けたい」などの意見がありました。

 

尾道署管内では、交通死亡事故が多発していて、10月13日時点で、2021年の死者数は6人となり、2020年の3人を大きく上回っています。

 

尾道署では、この事故を含めた数箇所の交通死亡事故現場を撮影して、注意を促す動画を作成し、公開しています。

 

海賊むすびレシピ募集

海賊むすびレシピ募集    2021年10月13日放送

 

しまなみ海道のPRを図る一般社団法人しまなみジャパンは、2018年から企画している「海賊むすび」のレシピを募集しています。


しまなみジャパンが提唱する海賊むすびは、形が三角で、三種類の具材を使用、皆が楽しめる三方よしに準じたもので、飲食店などが考案した「おむすび」は、海道の名物として、販売されています。
今回募集するのは、三角、三種、三方よしに準じたオリジナルレシピで、写真投稿型のSNS、Instagramで応募することができます。


期間は12月31日までで、完成品の写真とレシピにハッシュタグ海賊むすびレシピとつけて投稿すると応募できます。


入賞レシピの発表が2022年2月28日にあり、最優秀賞には、5万円分のJTB旅行券が贈られ、商品化の特典があります。入賞者には地域産品がプレゼントされます。


詳しくは、「わたしの海賊むすびレシピ投稿キャンペーン」の公式サイトをご覧ください。

音楽団体 法人化

音楽団体 法人化    2021年10月12日放送

 

音楽の普及活動などを行う一般社団法人「コジマ・ムジカ・コレギア」を設立したヴァイオリニストの小島燎さんが10月11日、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。


コジマ・ムジカ・コレギアは、小島燎さんの父で広島交響楽団首席コンサートマスターだった小島秀夫氏が1993年に設立した団体で、若手音楽家への演奏機会の提供などを目的に広島市で活動を開始。尾道でも2011年に、地域の子どもたちが参加する「しまなみジュニアオーケストラ」を結成し、音楽会などを開いています。


団体の一般社団法人化は、これまでの活動をさらに地域に根差したものにしようと行われたもので、理事長に就任した小島さんは「尾道やしまなみ地域に暮らす子どもたちが、クラシックに触れられる機会を作り、文化的なまちづくりにも貢献していきたい」と抱負を話していました。


11月には、しまなみ交流館や瀬戸田町のベル・カントホールなどで演奏会を行う「しまなみ海道・秋の音楽休暇村」というイベントが予定されていて、平谷市長は「長らく音楽のまちづくりに協力いただきありがたい。市としてもできる限り協力していきたい」と話していました。
11月のイベントについて詳しくは公式フェイスブックページでご確認ください。

石畳小路 灯りまつり

石畳小路 灯りまつり 2021年10月11日放送

 

 

尾道本通り商店街と海岸通りを繋ぐ土堂一丁目の「石畳小路」で10月9日、灯りまつりが行なわれました。

 

小路には、動物の切り絵があしらわれた灯篭や、子ども達が描いたぼんぼり、およそ60個が並び、通りを行く人の目を癒していました。

 

旧市街地全域で行われる「尾道灯りまつり」が中止となる中、小路に隣接する「桂馬蒲鉾商店」が昨年に続き実施したもので、軒先では、ごぼう天やがんすなどの販売も行われていました。

 

石畳小路は、昔ながらの石を敷き詰めた路地で、江戸時代には付近に町奉行所があり、古くから賑わいの中心地であったとされています。

 

訪れた人は、石畳に映る、仄かな灯りを見つめたり、写真に収めたりして、ゆったりとした時間を過ごしていました。

 

桂馬蒲鉾商店の村上芳子さんは「灯りまつりや、夜店などのイベントが中止となる中、少しでも楽しんでもらえたら嬉しい」と話していました。

尾道美術協会 大作展

美術協会 大作展   2021年10月8日放送

 

2021年 尾道美術協会「大作展」が10月8日から、向島町の尾道市民センターむかいしまで開かれています。会期は10月12日までです。


この展示会は、尾道美術協会の会員と、協会に付設されている絵画研究所のメンバーの作品を披露する場として毎年開かれているもので、今回は油彩画や水彩、パステルなど合わせて40点が展示されています。


協会会員の作品は、50号から150号までの大作31点が並び、尾道水道沿いの街並みや、心象風景のような抽象画、人物画や花などを描いた静物画など様々なモチーフで描かれていて、訪れた人たちは足を止めて見入っていました。


協会創立87年になる今年のテーマは「ひらめく心と創造」で、尾道美術協会の佐藤圭史会長は「会員たちは、幅広い表現でそれぞれのテーマを追求している。是非その頑張りを見て、絵に込められた思いを感じてほしい」と話していました。


尾道美術協会大作展の会期は10月12日まで、会場は尾道市民センターむかいしま1階ロビーで、時間は9:00から18:00まで。観覧は無料です。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中3ページ目