HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

アコウの稚魚放流

アコウの稚魚放流    2021年10月7日放送

 

高級魚として知られる「アコウ」の漁獲量増加を目指した稚魚の放流が10月5日、加島周辺の海上などで行われました。

 

アコウの稚魚の放流は、尾道市や市内の漁業協同組合でつくる尾道市水産振興協議会が2007年度から行っているもので、今回は加島のほか向島と因島の近海に合わせて1万匹が放流されました。

 

竹原市の広島県栽培漁業センターから購入したおよそ5センチに育った稚魚は、港で漁船に移し替えられた後、加島の沖合に運ばれ、漁業関係者や尾道市職員の手で海に放たれました。

 

放流先の海底には、稚魚の隠れ家やえさ場用に、貝殻が入った筒状のネットが設置されていて、稚魚たちは途中で散らばらないよう、専用の網に入れられて、およそ7メートル下の海底に運ばれました。

 

尾道市農林水産課によると、放流事業の開始以降、市内でのアコウの漁獲量は順調に増えていて、今回放流された稚魚は2年ほどで20センチ以上に成長するという事です。

重井中マリンスポーツ

重井中マリンスポーツ

 

新型コロナの影響で修学旅行が取りやめとなっていた因島 重井中学校の3年生が10月4日、学校生活の思い出に地元の海で様々なマリンスポーツを体験しました。

 

体験に参加したのは、重井中の3年生15人で、学校と同じ町内にある因島マリーナを基点に、シーカヤックやウエイクボード、クルージングなどを行いました。

 

全員が初挑戦だったウエイクボードでは、プロウエイクボーダーの内海康次郎さんたちから指導を受けて練習し、上手くボードに立つことができると、周りから歓声が起こっていました。

 

シーカヤックでは、2人づつ船に乗り込み、およそ1キロ離れた小細島までを往復。生徒たちは協力してパドルを漕ぎ船を進めていました。

 

今回の取り組みは、コロナ禍が続く中、地元の海を使って生徒たちに非日常の体験を味わってもらおうと初めて行われたもので、学校OBがクルージングの船を手配するなど、地域の協力を受けて実施されました。

9月期 市経済動向調査

9月期 尾道市経済動向調査    2021年10月5日放送

 

 

尾道商工会議所は尾道市の景気を図る物差しとなる「尾道市経済動向調査」の9月期の結果をまとめました。

 

調査は製造業24社、非製造業66社のあわせて90社を対象に、景気の状態や、生産額、売上額などについてアンケートを実施。そのうち回答のあった70社をもとに、DI方式でまとめられています。

 

景気が「良い」と見る企業から景気が「悪い」と見る企業を差し引いて、プラスに転じれば、景気が良いとしてとらえることができます。

 

今回の調査で、全業種の景況感は、マイナス27.1ポイントで、前回調査した6月と比べて、2.5ポイント悪化しました。

 

製造業はマイナス11.1ポイントとなり、前回と比べて15.2ポイント改善しました。一般消費者向けの食品を扱う企業が、緊急事態宣言に伴い業績を伸ばしました。

 

又、非製造業全体の景況感はマイナス32.7ポイントで、小売業がやや改善したものの、それ以外の業種はマイナス幅が拡大し、前回調査に比べて8.7ポイント悪化しました。

 

調査結果は、尾道商工会議所のHPへ掲載されています。

浸水被害防止ポスター

NHK広島放送局・尾道市 浸水被害防止ポスター作成

 

 

浸水被害を防ぐための啓発ポスター作りを進めている、NHK広島放送局と尾道市は9月21日、市内7箇所でポスター用の撮影を行いました。

 

「ちゅピCOMおのみち」のある西御所町の中国新聞尾道メディアステーションでも撮影が行われ、浸水のイメージを持ってもらうために、拡張現実「AR」と呼ばれる技術を使ってポスター作りが行われました。

 

広島県のハザードマップによると、西御所町の海に近いエリアは、過去最大規模の台風が通過したときには、雨と高潮で、およそ1m~3mの浸水が予想されています。

 

AR技術を使って、水嵩が増した様子を、建物と合成し「ちゅピCOMおのみち」の社員がものさしを持ち、3mの高さを指差す内容で撮影。浸水のイメージを可視化する事で、防災や避難を促します。

 

尾道市内では、このほか、高須町の東部公民館や、みつぎ子ども図書館などで、藤井川や御調川が氾濫した時の浸水を想定して撮影が行われました。

 

ポスターは10月中ごろに完成予定で、撮影場所の施設に掲示するほか、A4版のチラシは順次配布されます。

特殊詐欺防止呼びかけ

特殊詐欺防止呼びかけ    2021年10月1日放送

 

今年に入って尾道市内で電話による特殊詐欺被害が相次いでいることから、尾道警察署は詐欺への注意を呼び掛けるポストカードを市内の高齢者宅へ配布しています。


9月22日に配布が行われた向島町では、署員が高齢者の家を周り、ポストカードとマスクなどを渡して特殊詐欺防止を呼び掛けていました。


ポストカードには、詐欺防止に関する情報や電話で、「風邪で病院にいる。カバンを盗まれた」などのキーワードは詐欺。などの言葉がイラストと共に記され、高齢者のいるおよそ2万世帯に配られます。
尾道署管内では、8月末までに14件、総額5893万円の特殊詐欺被害が発生していて、尾道署は6月にオレオレ詐欺の電話音声を公開するなど注意を呼び掛けてきました。
個人宅へのポストカード配布は尾道署では初めての取り組みで、生活安全課の渋谷嘉人課長は「電話でお金の話が出たら詐欺と思って、怪しいと感じたら、家族や警察に相談してほしい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中4ページ目