HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾道祇園祭 神輿洗い

尾道祇園祭 神輿洗い 2022年6月27日放送

 

 

2020年と2021年に続き、新型コロナウイルスの影響で「尾道祇園祭三体廻し」の開催が見送られた「久保八坂神社」で6月24日、神輿洗いの神事が執り行われました。

 

宵宮祭として、夕方から営まれた神事には、神社の総代会や関係者が参列。久保の亀山八幡宮の永井飾里宮司らが、祝詞をあげ、神輿を水で清める「神輿洗い」が行われました。

 

境内の井戸水を汲んだ、神水に榊を浸し、神輿の前で祓いを行いました。水しぶきを受けると、その夏は元気に過ごすことが出来るといわれていて、参列者にも榊での払いが行われました。

 

25日は、神社を中心にした新開地区で、神輿を担いでの巡行があり、久しぶりに勇壮な掛け声が地域に響き渡りました。途中、小学生たちも掛け声の輪に加わり、祭りを楽しんでいました。

 

「尾道祇園祭」は、江戸時代の始めに尾道で疫病が流行った際、京都八坂神社の祇園祭から霊力のお裾分けを願ったところ、悪疫が退散した事を起源としています。

 

1655年に、三体の神輿を担ぎ回る「三体廻し」が行われるようになり、現在に至っています。

ライオンズ 社協と協定

ライオンズ 社協と協定    2022年6月24日放送

 

尾道市内4つのライオンズクラブが6月22日、尾道市社会福祉協議会と、災害時のボランティア支援に関する協定を結びました。

 

門田町の総合福祉センターで協定の調印式があり、社会福祉協議会の加納彰会長、ライオンズクラブ国際協会336-C 地区ガバナーの三島英揮氏、尾道・尾道瑠璃・因島・御調の市内4つのライオンズクラブの会長らが署名しました。

 

協定は、災害時に社会福祉協議会がボランティアセンターを設営する際、ライオンズクラブの協力を受け、被災者への支援を効率的に行うことを目的にしていて、ボランティアのための資機材の提供や輸送手段の手配、飲食物の提供などを想定しています。

 

社会福祉協議会の加納会長は「4年前の豪雨災害でも、ボランティアの方に色々と協力してもらったが苦労もあった。協定は心強く感謝しかない」と述べ、三島ガバナーは「ボランティアの方の後方支援として取り組んできた。万一の時の迅速な対応のため、互いの連携を深めていきたい」と話していました。

 

ライオンズクラブでは、2021年から県内の社会福祉協議会との協定を進めていて、尾道地域の締結は県内で5か所目です。

情報通信標語 優秀賞

情報通信標語 優秀賞     2022年6月23日放送

 

情報通信における安心安全推進協議会が主催する標語の優秀作品に、尾道商業高校の作品が選ばれ、6月16日、古浜町の校舎で表彰が行われました。

 

賞に選ばれたのは「守ろう個人情報 やめよう誹謗中傷」という標語で、校長室であった表彰では、標語を制作した情報管理課3年生を代表して高垣翔矢君に中国総合通信局の和久屋 聡局長から賞状と副賞が手渡されました。

 

標語の募集は、子どもや一般の利用者にインターネットなどの情報通信を、安全に使うためのルールやマナーについて考えるきっかけにしてもらおうと、2008年度から行われています。

 

情報管理課では、情報セキュリティなどについて改めて考えるきっかけにしようと、今回初めて標語に応募し、学校部門の中国総合通信局長賞を受賞しました。

 

2022年度の標語の募集には全国の小・中・高校や一般の市民から個人部門と学校部門に合わせて19,137点の応募があり、受賞作品はポスターやチラシ、ホームページでの広報啓発活動などに活用されます。

都市型SPフェスタ

アーバンスポーツフェスタ 2022年6月22日放送

 

 

スケートボードなど、都市型スポーツを楽しむイベントが6月11日、栗原町の「こざかなくんスポーツパークびんご」でありました。

  

アーバンスポーツフェスタと題して、スケートボード、自転車のBMX、飛んだり走ったりして障害物を越えていく「パルクール」の3つの講座が開かれました。

 

スケートボードの講座は、しまなみ球場の入り口前広場で開かれ、広島県スケートボード協会の寶田昌信さんや、尾道出身で数々の大会で優秀な成績をおさめている16歳の難波海季君たちが講師を務めました。

 

難波君のデモンストレーションで講座が始まり、子ども達は、初心者と中級者などに分かれて練習し、初めての子は、スケボーに乗るときの姿勢や、バランスのとり方など基本を身につけていました。

 

経験のある子ども達は、チックタックと呼ばれる技や、ジャンプするテクニックなどの指導を受けていました。

 

アーバンスポーツフェスタは、オリンピックで注目された都市型スポーツの魅力を知ってもらおうと、びんご運動公園の主催で開かれ、生憎の雨模様でしたが、およそ100人の子ども達が参加しました。

玉蘊忌 一般公開

玉蘊忌 3年振りに一般公開 2022年6月20日放送

 

 

江戸時代に活躍した尾道の女流画家、平田玉蘊の命日法要が6月19日、墓のある西土堂町の持光寺でありました。

 

命日の6月20日に合わせて行われたもので、29回を迎えた今回は、新型コロナウイルスによる影響で関係者のみの参加から,3年振りに一般市民に公開して営なまれました。

 

本堂では、持光寺の松岡昭禮住職が経を唱え、平田玉蘊顕彰会の奥田浩久会長たちが、焼香。境内の墓所にある玉蘊の墓に線香を手向け、その遺徳を偲びました。

 

法要の後には本堂で、尾道の書家を祖父に持つ、福山在住の書道家、高田桂帆さんによる揮毫が披露されました。

 

玉蘊の代表作の一つ桐鳳凰図を独自の文字にして表現し、音楽にのせて豪快かつ繊細な筆さばきで完成させ、会場からは大きな拍手が送られていました。

 

平田玉蘊は、江戸時代後期に活躍した、当時では珍しい独立した女性画家で、花鳥画を得意とし、市内の寺院などに多くの絵を残しています。

 

法要では、12歳から13歳頃の玉蘊と、他の作家の合作で描いた初公開の作品などが展示され、奥田会長が解説していました。

 

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中1ページ目