HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

議会 一般質問1日目

議会 一般質問1日目    2022年6月15日放送

 

尾道市議会6月定例会の一般質問が15日に行なわれました。
尾道の会と青嵐会の6人が登壇し、尾道の会の藤本友行議員は、働き方改革や人口減少など、教育行政を中心に質問しました。


時間外勤務が月80時間を越える教職員の割合について、佐藤昌弘教育長は「2018年度は全体の16.2%だったが、2021年度は6%に減った」と答えました。


人口問題に関する質問について、平谷祐宏尾道市長は「コロナ禍で地方への移住希望者は増えている。2020年度と2021年度の尾道市への移住者は100人を越えた」と答弁しました。
藤本議員は、第二子以降の保育料無料化や、尾道市独自の教員配置、町内会補助金の増額など、大胆な改革案を示して、教育の向上と転出超過の改善を訴えました。


午後からも、尾道の会と青嵐会の議員が質問に立ちました。
青嵐会の村上隆一議員は、赤ちゃんの授乳やおむつ替えスペースの設置に絞って質問し、尾道市が導入している母子手帳アプリ「母子モ」の活用についても質しました。


平谷市長は「市役所や各支所、公民館など、子育て世代の利用も多い市内の122施設の内、授乳室は37か所。オムツ替えスペースは50か所整備している」と話し、7月上旬を目途に、母子モアプリで施設を検索できる機能を追加予定と答えました。

続いて登壇した宮地寛行議員は、税収アップに向けたふるさと納税用の自動販売機の導入を提案。通販型と比べてより簡単に寄付ができ観光客の利用も期待できると訴えました。平谷市長は「寄付者拡大の有効な方法の一つと考えており、他の自治体の取り組みなどを参考に今後研究したい」と前向きに答弁しました。


議会の様子は、本日、15日の21:00から再放送します。16日も一般質問があり、生放送・再放送を予定しています。

防火協会 簡易ベッド寄贈

市長会見 防火協会避難所簡易ベッド寄贈 2022年6月14日放送

 

 

定例市長記者会見が6月14日、市役所本庁舎であり、尾道防火協会から寄贈された避難所で使用する簡易ベッドについて発表がありました。

 

会見では、尾道防火協会の松本隆弘会長から平谷祐宏尾道市長に避難所用簡易ベッドの目録が手渡されました。

 

尾道防火協会は、火災など災害のない安心安全な町づくりを進める団体で、尾道市内の380の事業所が加盟して、防災についての活動を展開しています。

 

これまでにも災害発生時に避難所で使用するパーテーションルームやマスクなどを寄贈していて、今回は防災用ベッド40台を贈りました。

 

ベッドは、7.5kgと軽量の上、30秒ほどで組み立てることが可能で、市内の避難所などに配備される予定です。

 

会見で平谷市長は「様々な期待に答えられるよう、避難所の環境整備に努めていきたい」と述べ、松本会長は「避難された方の不安を和らげる為に、これからも協力したい」と話しました。

 

会見の模様は14日の21:00からと15日の7:00と16:00から放送します。ご覧ください

議会開会 補正予算

市議会開会 コロナ・経済対策 補正予算など 2022年6月13日放送

 

 

尾道市議会は6月13日、定例会を開き、およそ10億4,900万円を増額する一般会計補正予算案など18議案ほかを上程しました。

 

議会では、慣例で1年任期の副議長選挙があり、飯田照男議員と山戸重治議員が立候補し、投票の結果、山戸議員が副議長に選任されました。

    飯田議員 11票   山戸議員 12票  無効票3票

 

一般会計補正予算の主なものは、コロナ関係の費用と物価上昇を受けた経済対策が、8億8千万円と大半を占め、これらの多くは国のコロナ対応地方創生臨時交付金が充てられます。

 

新型コロナウイルスの4回目のワクチン接種事業に2億7,800万円、8.9月の水道基本料金を減免する負担金として1億4,400万円、医療機関の支援に9600万円、介護サービス事業所の支援に5,800万円、運送事業者の燃料費の補助事業に5,000万円、LED照明への切替促進に5,000万円、バス1台につき20万円、船の航路に100万円などが支給される公共交通事業者緊急支援事業として4,000万円、学校給食の材料価格上昇に伴う補助金3,600万円、保育施設の感染対策支援に3,100万円、障害者の福祉事業所の支援に2,700万円、高騰している漁業用の燃料費の補助事業に2,000万円、生活困窮者の応援給付金事業に1,800万円、コロナで休園した保育園などの保育料の減免分を補填する事業に760万円などです。

 

その他、瀬戸田小・因島南中の体育館の耐震補強に2,200万円、尾道漁協の燃料補給施設の更新補助に1,300万円、御調町のデマンド交通の予約システム整備計画に200万円などです。主な議案では、10月から子どもの医療費助成を高校3年生まで拡大するための条例改正案があります。

 

又、尾道市議会の委員会を、オンラインで開催可能とする条例改正案が承認されました。

 

定例会の会期は6月28日までの16日間で、議会では6月15日・16日・17日は、一般質問が行われます。「ちゅピCOMおのみち」では3日間とも生放送・再放送を予定しています。本日の議会の模様は21:00から再放送します。

 

開会再放送 13日21:00~

一般質問15・16・17日 生放送10:00~  13:00~   再放送  21:00~

高須小防災ジオラマ

高須小防災ジオラマ ワークショップ 2022年6月10日放送

 

 

町のジオラマなどを使って防災について学ぶワークショップが6月9日、高須小学校でありました。

 

NHK広島放送局と尾道市が進める「地域での防災」の取り組みの一つとして開かれたもので、5年生が参加しました。

 

教室では最初に、ハザードマップをもとに、東尾道駅で災害時に浸水する高さを、バーチャル映像で再現。自分がその場所にいたら、どのくらいまで水が来るかなどを体験しました。

 

その後、NHKの職員や尾道市の防災担当者らと一緒に、段ボールで作られた高須町のジオラマのパーツを組み立てました。

 

浸水や土砂災害などのハザードマップを反映させたシートを被せてジオラマを完成させると、尾道市の地域防災担当の村上宣行さんが高須町で起こる可能性のある災害について説明しました。

 

このワークショップは、ジオラマを作る事で、自分の住む町の地形や災害のリスクを視覚的に学ぶものです。児童は「周りに山や川が沢山あり、災害が発生する可能性があることが分かった」「浸水と土砂災害では、逃げる場所を変えなくてはいけないと思った」などと感想を述べていました。

半田さん 古文書講座

半田さん 古文書講座   2022年6月9日放送

 

江戸時代の古文書をもとに、当時の尾道の様子などを紐解く講座の収録が6月3日、西御所町の「ちゅピCOMおのみち」のスタジオでありました。


講師を務めたのは、尾道市立中央図書館などで、古文書に関する教室を開いている向島町の半田堅二さんです。今回は、長江にある艮神社の江戸時代の出来事を記したものや、尾道から出雲大社へお参りした商人の旅の道中を記録した古文書などをもとに話が行われました。

艮神社の古文書には、神社の修理に関する事のほかに、子ども相撲や芝居などの見世物、相撲の興行が行われたことなどが書かれていて、半田さんは「他の神社などに比べて、艮神社では頻繁に様々な催しが行われていた」と話していました。


出雲大社へのお参りを記録した古文書には、出雲までの道順や食事をとった場所、道中の様子などが書かれ、当時の旅がどのように行われていたのか知ることができます。


半田さんの講座の模様は、6月20日からご覧のチャンネルで放送予定です。是非ご覧ください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 >>
5ページ中3ページ目