HOME > 日東電工 マスクを寄贈

日東電工 マスクを寄贈

日東電工 使い捨てマスクを市に寄贈 2020年5月1日放送

 

 

大阪に本社を置き化学製品の製造を行っている日東電工株式会社の尾道事業所が5月1日、マスクを市に寄贈しました。

 

尾道市役所に、日東電工の執行役員で情報機能材料事業部門の赤木達哉部門長ら4人が訪れ、平谷祐宏尾道市長に目録を手渡しました。

 

全国的にマスクの入手が困難となっているため、美ノ郷町に事業所がある尾道市で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために活用してもらおうと1万枚寄贈しました。

 

平谷市長は、「貴重なマスクの寄贈に感謝します。マスクを有効に活用し、市民の感染拡大の予防に努めていきます」と謝辞を述べました。

 

赤木部門長は「少しでも感染拡大防止に役立てて頂ければ」と話していました。寄贈されたマスクは、市内の医療機関や福祉施設を中心に配布される予定です。