HOME > 山王祭 神事

山王祭 神事

山王祭 神事 2020年5月20日放送

 

 

ゆかた祭として知られる久保の山脇神社の例祭「山王祭」が5月16日あり、今年は新型コロナウイルスの影響で神事のみ、執り行われました。

 

高台にある山脇神社には、関係者や地域住民が集まり、久保亀山八幡宮の永井宮司により神事が行われました。

 

神事では、祝詞(のりと)の中に「疫病を払いやる」という文言が付け加えられ、新型コロナウイルスの終息を願いました。

 

山脇神社は、1728年に建立され、この一帯で山火事が起きたときに、猿が騒いで住民に知らせたという言い伝えが残っていて、境内には狛犬の変わりに猿の石像があります。

 

地域では、山王祭の日から浴衣を着る慣わしがあり、夏の到来を感じさせる祭ですが、今年は、屋台の出店や、接待などの行事が行なわれず、少し寂しい形となりましたが、近所の人達がゆっくりと参拝に訪れていました。