HOME > 華道協会 尾道市へ寄贈

華道協会 尾道市へ寄贈

尾道各流華道協会 尾道市へ応援箱寄贈 2020年6月10日放送

 

 

尾道各流華道協会は2020年の創立60周年に合わせ、5月28日、尾道市へ30万円分の「尾道学生応援箱」を寄贈しました。

 

尾道市役所で行われた贈呈式には、華道協会の小林明会長が出席。「新型コロナの影響で困っている学生達に届けて欲しい」と、平谷祐宏尾道市長へ「尾道学生応援箱」を手渡しました。

 

応援箱は、ふるさと納税を活用した返礼品で、広島県外に住み、新型コロナの影響で帰省することができない尾道出身の学生たちを応援しようと企画されました。

 

応援箱の中には帆布製のマスクや尾道ラーメン、イカ天、お菓子など尾道の商品10点が入っていて、50セット、あわせて30万円分が寄贈されました。

 

小林会長は、「アルバイトもできず、地元にも帰って来られない学生たちの役に立てて欲しい」と話し、平谷市長は「華道協会の思いも一緒に学生に伝えていきたい。ありがとうございます」と感謝を口にしていました。

 

華道協会は現在、市内の5流派、6団体で構成されていて、10年ごとに地域貢献を目的に尾道市へ寄贈を続けています。