HOME > ニュース・情報コーナー > 冒険家 人力車で来尾

ニュース・情報コーナー

冒険家 人力車で来尾

冒険家 阿部さん人力車で来尾    2017年5月30日

 

南極点到達を目指す冒険家で、現在人力車を引いて日本を縦断している阿部雅龍さんが5月29日、尾道に立ち寄りチャレンジをPRしました。

 

人力車での日本縦断は、阿部さんが2018年に予定している南極点への冒険に向けたトレーニングを兼ねて行っているもので、2月29日に鹿児島県指宿市を出発。途中、全国にある一宮(いちのみや)神社をめぐり、冒険に向けた祈願をしながら旅を続けています。

 

府中市から尾道市まで歩いた29日は、午後3時頃に西御所町のONOMICHI U2に到着、観光客らを人力車に乗せ記念撮影するなど和やかに交流していました。

 

阿部さんは、これまでに自転車での南米縦断や北米ロッキー山脈の踏破、北極圏で合計2千キロ以上を走破するなど様々なチャレンジを行っています。

 

2018年の南極点への挑戦は、ノーマルルートと呼ばれるコースを日本人初の単独無補給という方法で行う予定で、さらに2019年には、まだ誰も達成していない白瀬ルートと呼ばれる道のりを通って南極点到達を目指しています。

 

白瀬ルートは、阿部さんと同じ秋田県出身で明治時代の軍人の白瀬のぶ(直が3つ)中尉が挑んだコースで、白瀬中尉を憧れの冒険家と語る阿部さんは「このルートを達成することで、白瀬中尉の夢を完成させたい。そして、時代が変わっても人の夢や思いが引き継がれていくことを証明したい」と話していました。

 

阿部さんは今後、しまなみ海道を経て四国を巡る予定で、今年11月の秋田県でのゴールを目指し旅を続けます。

月間アーカイブ

最近の投稿