HOME > ニュース・情報コーナー > 尾高ラグビー部 県予選優勝

ニュース・情報コーナー

尾高ラグビー部 県予選優勝

尾道高校ラグビー部 県予選優勝 2015年11月18日放送

 

 

全国高校ラグビー大会県予選決勝が15日、コカコーラ・ウエスト広島ラグビー場であり尾道高校ラグビー部が広島工業高校を62対0で破り、9年連続10回目の優勝を決めました。

 

 

尾道高校がパワーやスピードで広島工業を圧倒し、前半29対0、後半33対0と完封。3年連続で広島工業を退けました。

 


尾道高校はキックオフ直後の前半7分に、相手陣内でのスクラムからボールを奪うと一気にゴール前へ。ラックから押し込んで主将の杉原君が先制トライを奪い、試合の主導権を握って終始、圧倒し続けました。

 

 

パスミスが目立ったバックス陣には課題が残りましたが選手らは「全国大会ではパスを確実にいかせるようにしたい」と話していました。

 

 

尾道ラグビー部は今季、全国選抜大会では全敗し、県総体では広島工業に敗れましたが、まず県予選でリベンジを果たし、次は全国での快進撃が目標になっています。主将は「ラグビーはいま注目されている。花園でも僕らの世代が盛り上げたい」と意欲を見せていました。

 

 

優勝した尾道高校は12月27日に東大阪の近鉄花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場します。

月間アーカイブ

最近の投稿