HOME > ニュース・情報コーナー > 障がい者スポーツ写真展

ニュース・情報コーナー

障がい者スポーツ写真展

障がい者スポーツ写真展 2015年1月9日放送

 

「障がい者スポーツ写真展」が1月29日まで、防地町の尾道市人権文化センターで開かれています。

 

この写真展は、パラリンピックなどの障がい者スポーツを10年以上取材しているカメラマンの越智貴雄さんが撮影した写真の展示会です。

 

展示場所は、センターのロビーなど2箇所で、競技に取り組む選手の真剣な表情などが、21枚の写真パネルと拡大写真で展示され、見ごたえのある内容になっています。

 

越智さんは1979年生まれ、因島出身の母を持つ写真家で、2000年からライフワークとして国内外の障がい者スポーツの撮影や取材に携わっていています。

 

写真は報道・広告など多くのメディアで使用され、義足の走り幅跳び選手である佐藤真海さんが東京オリンピック招致のプレゼンテーションで使用して事でも話題になりました。

 

越智さんは展示会に寄せて、「写真から人間としての可能性を感じて、人間って素晴らしいなあと思っていただければ幸いです」と話しています。

 

展示期間は1月29日(木)まで、防地町の尾道市人権文化センターで開かれています。(土・日・祝 閉館)

月間アーカイブ

最近の投稿