HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市成人式

ニュース・情報コーナー

尾道市成人式

尾道市成人式 2015年1月13日放送

 

平成27年尾道市成人式が11日、栗原町びんご運動公園で開かれ、尾道市では男女合わせて1,376人が新成人としてのスタートを切りました。

 

今年の式には男性484人、女性462人の合計946人が参加し、オープニングで、尾道ベッチャー太鼓のメンバーが2曲を演奏。メンバーの「おきのゆういち」さんがお祝いの言葉を述べました。

 

平谷祐宏尾道市長は式辞で「いつの時代も未来を切り開くのは若者です。尾道に生まれたことを誇りに尾道とともに進化して下さい」と述べ、新田賢慈市議会副議長は「沢山の人と知恵を出し合って困難を乗り切っていってほしい」と激励しました。

 

そして、昨年、尾道市小中学校芸術祭合唱コンクールでグランプリを受賞した、高須小学校の児童が新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

新成人を代表して大学生の青山太陽さんと、同じく大学生の住田佳奈美さんが二十歳の誓いを述べました。

 

 

最後に、新成人が参加した、当時の小学校合唱コンクールで歌った合唱曲「夏の日の贈りもの」を全員で歌いました。

 

今年は、1994年4月2日から1995年4月1日までに生まれた男性726人と女性650人の合計1,376人が成人の日を迎え、昨年に比べて15人増加しました。2007年の因島、瀬戸田との合併直後の1,769人をピークに人数は減り続けていましたが、初めて増加しました。

 

新成人のインタビューは、14日(水)のニュースで放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿