HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市 防災協定締結

ニュース・情報コーナー

尾道市 防災協定締結

中国労働衛生協会と防災協定  2015年2月13日放送

 

尾道市と公益財団法人 中国労働衛生協会は2月13日、大規模災害時に避難所で生活する人の健康を確保するための防災協定を結びました。

 

市長室で行われた締結式には、平谷祐宏尾道市長と中国労働衛生協会の森政 征史理事長らが出席し、互いの協定書に署名して握手を交わしました。

 

今回の協定は、大きな災害が発生した際に行政機関のみでの対応が難しい場合、尾道市の要請に応じて中国労働衛生協会が物資や人的な支援を行うもので、尾道市が公益財団法人と防災協定を結ぶのは初めてです。

 

協定では、尾道市が指定する避難所へ保健師などスタッフの派遣や医療物資が提供され、健康相談や血圧・脈拍測定などを行い避難者の健康確保を図ります。

 

中国労働衛生協会の森政 理事長は「東日本大震災や広島市での土砂災害など、近年の大きな災害では避難者の心身の健康が問題となっている。災害はあってはならないが、万一起きた場合は全力で支援したい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿