HOME > ニュース・情報コーナー > イオン尾道店 訓練

ニュース・情報コーナー

イオン尾道店 訓練

イオン尾道店 訓練 2015年2月19日放送

 

不審者の侵入時に備える訓練が18日、天満町のイオン尾道店でありました。

 

訓練は、多くの人が集まる大型商業施設に不審者が侵入し、従業員を切りつけて負傷させるとの想定で行なわれ、従業員およそ50人が警察への通報や、買い物客の避難誘導の手順を確認しました。

 

訓練では、不審者役の尾道署員が「責任者はいないのか?」と大声を上げ、店内を歩き回り、従業員や警備員が「落ち着いてください」と声をかけましたが、女性従業員が刃物で切りつけられたため、警察に通報しました。

 

警察署員が駆けつけるまで、従業員は買い物客を避難させたり、不審者役の警察官を、刺又(さすまた)や買い物カートで牽制して取り囲んだりしました。

 

訓練終了後、尾道署員が刺又の使い方の説明を行い、生活安全課の濱田博之課長が「お客さんの安全を第一にして下さい」と訓練の講評を述べていました。

 

イオン尾道店の中村和雄食品販売課長は「いざという時も、落ち着いて行動できるようにしたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿