HOME > ニュース・情報コーナー > 浄土寺修復 展示

ニュース・情報コーナー

浄土寺修復 展示

浄土寺修復 展示  2015年2月20日放送

 

東久保町の市立中央図書館 市民ラウンジで、浄土寺で行われた平成の大修理の様子を紹介するパネル展が開かれています。

 

この展示会は、今年開館100周年を迎える図書館の記念事業の一つとして開かれているもので、「浄土寺 平成の大修理」と題して2月24日まで開催されます。

 

会場には、2008年から2014年にかけて行われた大修理の写真や、解体から修復に至る工程が一覧になったものなど27枚のパネルが並び、普段あまり目にする機会のない文化財の修復作業が詳しく解説されています。

 

また展示会では、写真家の村上宏治さんから提供された修復の記録映像も上映されていて、庫裏や客殿内部の修復作業や職人の手によって蘇る建物の様子を見ることができます。

 

尾道市立中央図書館の小林哲也 館長は「展示を通して、貴重な文化財を守っていく大切さなども感じてほしい」と話していました。

 

展示会「浄土寺 平成の大修理」の会期は2月24日まで、23日は休館日です。観覧無料で時間は午前10時から午後7時までです。

月間アーカイブ

最近の投稿