HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会 予算総体説明

ニュース・情報コーナー

市議会 予算総体説明

市議会 新年度予算 総体説明 2015年2月23日放送

 

尾道市議会は23日、2月定例会を開き、2014年度の補正予算案など16議案を可決、2015年度当初予算案など60議案を上程しました。

 

一般会計と介護保険事業など13の特別会計、病院事業など2つの企業会計を合わせた新年度予算の総額は、1,215億4,500万円で、前年度に比べ23億2,700万円、1.9%の減額になっています。

 

病院事業会計は、尾道市民病院・公立みつぎ総合病院を合わせ155億2,000万円で、2014年度に職員の退職手当の引き当てを行なったため、前年度比45億1,100万円の減額となりました。新年度は、市民病院の1階にある中央待合ホールの改修など4件の改修工事に1億2,100万円を計上。その他、X線テレビシステムや内視鏡ビデオシステムなど医療機器の整備なども進めます。

 

水道事業は58億2,900万円で、9億1,600万円の減額。新年度は、長者原配水池(はいすいち)から大山田配水池までの老朽化した配管の更新や江奥ポンプ場の工事などを行ないます。

 

平谷祐宏尾道市長は、予算の総体的な説明で「新年度は2市3町の合併から10年の節目を迎え、庁舎整備などの計画が本格的にスタートし、国の地方創生も始まる」との認識を示した上で「もっと強く、もっと元気で、もっと豊かな尾道を目指して、市民の皆様と共に中国地方の雄を目指したい」と述べました。

 

市議会の模様は、本日23日午後9時から再放送します。市長が新年度の予算についての考え方を述べる「総体説明」などを行なっています。

月間アーカイブ

最近の投稿