HOME > ニュース・情報コーナー > 土堂小1/2成人式

ニュース・情報コーナー

土堂小1/2成人式

土堂小1/2成人式 2015年2月24日放送

 

10歳の決意を語る、1/2成人式が2月21日、土堂小学校で開かれました。

 

「1/2成人式」は、20歳までの折り返しの年齢にあたる10歳の児童が「将来の夢」や「志」を発表する催しで、土堂小学校の4年生38人が参加しました。

 

式辞で土堂小学校の佐々木智彦校長は「周りの人に感謝し、これまでの教えや習慣、知識や技能を活かして自分の力で将来を切り開いてほしい」と述べ、寺本吉孝育友会会長が「楽しい経験や、つらい経験など日々感じる事をバネにして、二十歳の時には人間的に豊かな青年になってもらいたい」と激励しました。

 

保護者や児童らが見守る中、4年生児童が1人づつ檀上に上がり、将来の夢や決意、志を元気に発表しました。

 

最後に、2006年度に土堂小学校を卒業し、京都大学で学んでいる岩永藍(いわなが あい)さんが後輩へのメッセージを述べました。

 

新聞記者が夢という岩永さんは「土堂小学校で、HPのブログを書いたのがきっかけで記事を書く事に興味を持った」と話し、「夢は口にすることで、周りの人が応援してくれるし、自分の励みになる」と語っていました。

 

児童の発表の様子は、3月2日のニュース番組で、放送予定です、お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿