HOME > ニュース・情報コーナー > 御調高女子ソフト 公式戦

ニュース・情報コーナー

御調高女子ソフト 公式戦

御調高校女子ソフトボール部 初公式戦結果 2015年4月16日放送

 

ソフトボールの町として取り組みを進めている御調町の御調高校女子ソフトボール部が4月11日・12日の2日間、広島県高等学校春季ソフトボール大会に出場しました。

 

昨年度1年生7人でスタートしたソフトボール部は今年度7人の新入部員を迎え、初めての公式戦となりました。

 

抽選で2回戦からの出場となったチームは、市立福山高校と対戦。栗原中学校出身の井上選手がレギュラー出場しましたが、力のある相手ピッチャーを打ち崩せず7対0で敗れました。

 

御調高校女子ソフトボール部は、2013年に創部。全国大会常連の男子ソフトボール部と共に、ソフトボールのまちとして地域振興を図っている御調町の活性化の期待を背負っています。

 

倉田雄司校長と村田能一監督らが県東部の中学校を中心に生徒を勧誘。町内にある宿泊施設も遠くから通う生徒の寄宿舎として協力するなど町をあげて応援しています。

 

月間アーカイブ

最近の投稿