HOME > ニュース・情報コーナー > 道の駅 リニューアル

ニュース・情報コーナー

道の駅 リニューアル

クロスロードみつぎ リニューアル 式展など 2015年4月17日放送

 

国土交通省の重点道の駅に指定された「クロスロードみつぎ」が16日リニューアルオープンし、セレモニーと式典が行われました。

 

道の駅の指定管理者「みつぎ交流館」の内海龍吉社長が「13年間、安全、安心の施設を心掛けてきた、その結果、重点道の駅にも選ばれた、地域創生の中心モデルになるよう頑張って行きたい」と抱負を述べました。

 

高垣広徳広島県副知事が「道の駅は利用者20万人、売り上げは2億円とされるが、クロスロードみつぎは、35万人で3億から4億円もの売り上げがあり優等生です。今後の発展を期待して重点道の駅に指定された。」と話しました。

 

リニューアルは、立ち寄るだけの道の駅から、目的を持って来てもらえる道の駅を目指して行なわれ、建物を一部拡張するとともに、レストランを新調しました。

 

バイキング形式となったレストランは、地産地消に取り組む大手チェーン店のフランチャイズ店として「みつぎ交流館」が運営にあたります。健康的で身体に優しい豊富なメニューが楽しめます。

 

常設の野菜市は店舗を新装開店し、ゆったりとしたスペースが確保されました。地元の農家が持ち寄った、取れたて新鮮な野菜を販売します。

 

地元の御調高校生が考案した「みつぎバーガー」の販売も始まり、御調町全体で活性化を目指す拠点施設として、地方創生を担います。

 

来客の増加を見越して、駐車場は収容台数を78台から89台にふやしことから、内海社長は「これからの行楽シーズン、ぜひお立ち寄りください」と話していました。、

月間アーカイブ

最近の投稿