HOME > ニュース・情報コーナー > 麻生路郎 特別展

ニュース・情報コーナー

麻生路郎 特別展

麻生路郎 特別展 2015年7月13日放送

 

尾道出身の川柳家で、昭和初期に川柳六大家の一人として活躍した麻生路郎の特別展が、東土堂町の文学記念室で開かれています。

 

麻生路郎は川柳家を職業とした最初の人物で、川柳雑誌の創刊や自ら率いた川柳結社から多くの弟子を輩出、川柳の質の向上や普及活動に力を注ぎ、現代川柳の発展に貢献しました。

 

記念室では、麻生路郎の写真や遺品などを常設展示していますが、麻生路郎の命日である7月7日に合わせて、本人が創刊した川柳雑誌や、句が入った浴衣、扇子など普段見ることのできない資料や愛用品など41点が特別に展示されています。

 

会期は8月10日(月)までで、会期中は無休です。

 

開館時間は午前9時から午後6時まで、入館料は、文学記念室・志賀直哉旧居・中村憲吉旧居3館共通で300円、中学生以下は無料です。

月間アーカイブ

最近の投稿