HOME > ニュース・情報コーナー > 瀬戸内国際ヨットラリー

ニュース・情報コーナー

瀬戸内国際ヨットラリー

瀬戸内国際ヨットラリー2015 2015年9月30日放送

 

瀬戸内海をヨットで巡る「瀬戸内国際ヨットラリー2015」に参加したヨットが18日、土堂2丁目の尾道中央ビジター桟橋に立ち寄りました。

 

今回で3回目の開催となるヨットラリーには、日本・カナダ・オーストラリアなどからヨット11艇、モーターボート1艇が参加。

 

外国人6人を含む総勢30人が出場し、広島県から大阪府までのおよそ677kmを、瀬戸内海にある16箇所の海の駅などに寄航してゴールを目指します。

 

広島の観音マリーナを9月7日に出発した一行は、愛媛県上島町の弓削港を経て、18日午後2時頃に尾道へ到着しました。

 

メンバーらは、尾道での受け入れ準備などを行った、ヨット愛好家らでつくるクラブ 尾道フリートのメンバーの出迎えを受け、笑顔で挨拶を交わしていました。

 

このヨットラリーは、速さを競うものではなく、団体で航海するイベントで、瀬戸内海の魅力を海外のヨット愛好家らにPRしようと、一般社団法人 長距離航海懇話会により開催。

 

参加者らは美しい多島美と地元の人々との交流を楽しみました。

 

参加した尾道フリート代表の山田 幸一さんは、「海から見た尾道はとても素晴らしい景色です。日本で唯一の場所だと思います」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿