HOME > ニュース・情報コーナー > フィンランド会議所尾道視察

ニュース・情報コーナー

フィンランド会議所尾道視察

フィンランド商工会議所 尾道視察 2015年11月6日放送

 

フィンランド商工会議所の会員が6日、尾道市長を訪問。市内企業を見学し、尾道の企業経営者と交流しました。

 

フィンランドや日本の会社経営者らが加盟する「在日フィンランド商工会議所」の会頭、ペッカ・ライティネンさん、副会頭の藤田正興さんら12人が尾道を訪れ、平谷祐宏尾道市長を表敬訪問しました。

 

訪問団の中には、小津安二郎監督の映画「東京物語」などで尾道を知っているメンバーも多く、市長と会話を弾ませていました。

 

市長は「交流によりお互いのビジネスチャンスが広がれば良い、フィンランドは、教育など先進的で参考にできる部分が多い」と話し、「東京物語」のワンシーンが掲載された「手提げ袋」をプレゼント。ライティネンさんからは、フィンランドの食器が市長へ贈られました。

 

日本にあるフィンランド系の企業やフィンランドでビジネスを展開する日本の会社が加盟している「フィンランド商工会議所」は、大都市だけでなく、技術力のある日本の地方企業とも積極的に交流を望んでいます。

 

今回は、百島とゆかりのある藤田さんとの繋がりで尾道訪問が決まり、市長訪問後に尾道造船所や藤田さんが経営する百島発電所を視察し、その後尾道商工会議所のメンバーと交流しました。

 

尾道造船所の視察後、フィンランドの参加者は「日本は地方都市にも素晴らしい技術を持った企業が沢山あることが解った。今後も尾道でのビジネス展開の可能性を探りたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿